LIFESTYLE

映画『食べる女』のあらすじ、キャストは?女性の価値観に共感!見て「おいしい」作品

女性を主軸に置いた邦画が増えていますが、映画『食べる女』もそんな作品の一つ。タイトルからもわかるように、「食」を中心にさまざまな物語を豪華キャストが紡いでいます。今回はそんな映画作品『食べる女』のあらすじや、キャストなどをご紹介していきます。

映画『食べる女』はどんな作品?

映画『食べる女』は、2018年9月21日に公開された日本の映画。数々のドラマや映画、アニメ作品の脚本を担当したヒットメーカーであり、『食べる女』の原作者でもある筒井ともみ氏の作品です。

監督は『3年B組金八先生』シリーズや、『ビューティフルライフ』などを監督した生野慈朗氏がメガホンを取っており、原作者である筒井ともみ氏が自身で脚本を手掛けています。

原作の『食べる女』は短編集で、その後『続・食べる女』も出版されている人気作品。映画では『食べる女』『続・食べる女』のストーリーを中心に、「食」と「性」を主軸に女性の恋愛観や価値観が描かれています。 


■映画『食べる女』基本情報
ーーーーーーーーーー
公開日:2018年9月21日
監督:生野慈朗
脚本:筒井ともみ
キャスト: 小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香 など
上映時間:104分
ーーーーーーーーーー

映画『食べる女』のあらすじ

映画『食べる女』の中心的な舞台になるのが、東京にある古びた日本家屋の一軒家。モチノキが目印なことから通称「モチの家」と呼ばれている場所で、雑文筆家で古書店を営む餅月敦子(トンコ)が愛猫シラタマと暮らしている。

原稿を落としても食事は絶対のトンコは、大の食いしん坊。おいしい料理を作るのも得意な彼女の元には、日々迷える女性がトンコの料理を食べにやってきます。そんな食事の場で語られる女性たちの恋愛観や価値観、それぞれが抱える悩みが物語として描かれていきます。

映画『食べる女』では食事を交えて、8人の女性たちが抱えるさまざまなストーリーがポイント。その中で「性」についての描写もあり、本来は表に出にくいであろう女性たちが抱える悩みや価値観が赤裸々に語られています。

映画『食べる女』の魅力【1】キャストが豪華すぎる!

映画『食べる女』の魅力として語っておきたいのが、キャストの豪華さです。主演の小泉今日子さんを中心に、沢尻エリカさんや前田敦子さん、広瀬アリスさん、山田優さん、壇蜜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、鈴木京香さんと、個性的な面々が名を連ねているのがポイント。

出演女優たちから滲み出る色気や魅力も手伝い、「食」や「性」をテーマにしながらも繊細で艶やかな作品にまとまっています。

映画『食べる女』の魅力【2】食べるシーンがとにかく多い

映画『食べる女』のもう一つの魅力として、食べるシーンが多いのもポイント。8人の女優陣が物語を紡いでいきますが、作品のタイトルからもわかるように食事のシーンも重要な役割となっているのが特徴です。

人が生きる上で絶対的に必要である、食べることは好きな人も多いはず。原作者である筒井ともみ氏も、「人はおいしい食事をすると、体が元気になる。いとしいセックスをすると、心が優しくなる」といったメッセージを込めて執筆したのだとか。
出典元:
https://www.walkerplus.com/article/164167/

そのメッセージを映画に込めるためにも、筒井ともみ氏自身が考案した50品以上のメニューをシーンに交えています。どれもおいしそうな料理ばかりなので、作品を見ているだけでお腹が空きそうになりますよ!

【キャスト紹介】餅月敦子役:小泉今日子さん

映画『食べる女』で主演の餅月敦子(トンコ)を演じるのが、小泉今日子さんです。1966年2月4日生まれ神奈川県出身の女優で、デビュー当時はアイドルとして活躍し、松本伊代さんや早見優さんなどと一緒に80年代を盛り上げています。

近年は女優業の傍らプロデュース業の活動も行っており、更なる活躍がみられる女優でもあります。

実は映画『食べる女』の主人公である餅月敦子(トンコ)は、原作にないキャラクターなのだとか。原作者である筒井ともみ氏は、脚本を手掛けている段階で小泉今日子さんをオリジナルの主人公としてイメージしていました。このため、当時スケジュールに空きがなかった小泉今日子さんを待ち、2年越しで制作されたこだわりの作品でもあるのです。

【キャスト紹介】小麦田圭子役:沢尻エリカさん

映画『食べる女』で、餅月敦子(トンコ)の担当編集者である小麦田圭子を演じているのが沢尻エリカさんです。沢尻エリカさんは1986年4月8日生まれ、東京都出身の女優。

2005年公開の映画『パッチギ!』の演技がきっかけになり、ドラマや映画など数々の作品で主演として活躍するようになります。近年は成熟した大人の女優として、広く知られるようになりました。

映画『食べる女』で沢尻エリカさんが演じる小麦田圭子は、雑文筆家の餅月敦子(トンコ)を担当する編集者。通称トドと呼ばれる小麦田圭子は、バリバリのキャリアウーマンです。自分の城としてマンションを購入するが、冴えない男のタナベと出会い関係を深める様子が描かれます。

【キャスト紹介】白子多美子役:前田敦子さん

成熟した演技が光る女優陣の中で、比較的フレッシュな印象のある前田敦子さん。言わずと知れたAKB48の元メンバーで、現在は女優として舞台や映画などに大忙し。最近は結婚や妊娠を発表し、日常生活も充実した様子がうかがえます。

そんな前田敦子さんは、映画『食べる女』では恋愛に物足りなさを感じる白子多美子を演じています。ドラマ制作会社APに努める多美子は、それまで不倫を重ねてきた小悪魔的な女性。料理もセックスも上手な男性と付き合っていますが、「ぬるい」彼に不満を募らせ刺激を求める様子が描かれます。

映画『食べる女』の原作もチェックすべし!

「食」や「性」を通して、さまざまな女性の物語が描かれる映画『食べる女』。原作との違いを楽しむためにも、書籍をチェックしてみるのも一つ。脚本も務めた原作者の筒井ともみ氏が、作品い込めたメッセージがより明確になるかもしれません。

食べる女: 決定版

¥680

販売サイトをチェック

映画『食べる女』の予告編で予習!

映画『食べる女』をこれから観に行こうと考えている方は、作品の雰囲気を掴むためにも予告編をチェックしてみましょう!

 

映画『食べる女』の主題歌も聞いておきたい!

 

映画『食べる女』では、作品の世界観を後押しする主題歌にも注目が集まっています。動画でも映画のシーンを交えた主題歌が配信されているので、そちらも一緒にチェックしてみましょう。


人間の欲でもある「食」と「性」を女性目線で描き、価値観をリアルな視点で描いている映画『食べる女』。大人の女性が探求する男性への欲求や食べることで幸せになるなど、たくさんの女性が共感できる作品でもあります。女性ならず男性が見ても楽しめるので、一人でもカップルでも映画『食べる女』で「おいしい」を堪能しましょう。