LIFESTYLE

一人暮らしをしたい!費用は?時間は?引っ越しに必要なことリスト

実家暮らしをしていると「実家を出たい」「一人暮らしをしてみたい」と憧れますよね。ですが、一人暮らしをするためには、色々な準備や、家事、お金のやりくりなどが必要です。そこで今回は、一人暮らしする際に必要な引っ越しや費用など、気になることをまとめてご紹介します。これから一人暮らしを考えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

どれぐらいかかる?一人暮らしの費用&ポイント①初期費用

一人暮らしをしている若い女性

憧れの一人暮らしを始める最初は、毎月かかる生活費の他に、家を借りる時の初期費用や、生活に必要なものを揃えるための、まとまったお金が必要になります。

■賃貸の場合の初期費用
・敷金
借りていた部屋を出る時に、修繕費用にもなる「敷金」は、家賃1~2ヶ月分が相場です。部屋をきれいに使えば少し戻ってくることもありますので、考え方によっては、出ていく時の積立金とも考えられますね。

・礼金
「礼金」は大家さんに、部屋を貸してもらうお礼として払うお金で、こちらも家賃1~2ヶ月分が相場です。退去する時は戻ってこないので、できればない方が初期費用を節約できます。

・仲介手数料
大家さんとのパイプ役になってくれる不動産会社に払う手数料で、家賃1ヶ月分が相場です。

その他、前もって2ヶ月分程度のの家賃を払っておく「前家賃」や、セキュリティ上必要な鍵の交換費用(20000円程度)や、火災保険料(20000円程度)、クリーニング代(10000円~20000円程度)、賃貸保証料(家賃の半額程度)が必要になります。

■生活に必要なもの
一人暮らしを始める時には、生活に必要なものもそろえる必要がありますよね。最初の準備にかかる費用を計算してみると、トータルで10万円程度ははかかります。
例えば
・ベットやテーブル、カーテンや照明などの家具類
・冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器、テレビや洗濯機、掃除機などの家電
・鍋やフライパン、食器などの家事用具
・トイレットペーパー、ティッシュ、ごみ袋、ハンガー、洗剤、バスグッズなど、生活に必要な日用品
などです。最初は必要最低限のものをそろえて、余裕が出てきたら、好きなデザインのものを増やしていくのがおすすめです。リサイクルショップやアウトレット、100円SHOPを利用したり、家具家電付きの物件を検討すると初期費用は抑えることができますよ。

■引っ越し費用
また、引っ越し費用も、自分や周囲の人でできる場合はかかりませんが、そうでない場合は、業者選びや価格も大切ですね。引っ越す時期や距離によっても価格は変わりますが、7万円前後かかるようです。

どれぐらいかかる?一人暮らしの費用&ポイント②毎月支払う生活費

一人暮らしの費用

一人暮らしで毎月かかる生活費を計算してみると、平均で12万円以上はかかることになります。

■家賃
家賃は、1Kの場合、50,000円以上の家賃が相場になっています。
家賃の金額は、部屋の広さや部屋数だけでなく、築年数や、東京や大阪、札幌などの住んでいる地域、最寄りの駅から近いか、お店などがあり便利な環境か、などで変動します。

また、家賃にプラスして、管理費用や共益費が毎月数千円前後かかります。

■水光熱費
電気代、水道代、ガス代を合わせた水光熱費は、合わせて10,000円以上はかかります。
水道代が定額の物件もありますし、オール電化ならガス代はかかりませんね。都市ガスとプロパンガスでも価格が違うので、地域の相場をチェックしておくのがおすすめです。

■食費、外食費
食費は、生活費の中でも一番節約しやすい項目です。平均すると、毎月30,000円程度かかっている人が多いようですね。学生さんの場合は、学食も利用するとお得ですし、自炊をしたり、お弁当を持参すると節約できますよ。

■通信費
一人暮らしをする場合、家用とスマホ用の2回線の契約は、どうしても高額になってしまいますよね。格安スマホを利用したり、モバイルルーターを契約して、家でも外でも1つの回線を持ち歩いて使うと、賢く節約できますね。また、インターネットが無料で使える物件もあるので、住む家を検討する際は、チェックしてみてくださいね。

その他、日用品(5,000円程度)、女子会やデートなどの「レジャー・交際費」、交通費、自分のオシャレや趣味の費用も必要ですね。

どれぐらいかかる?一人暮らしの費用&ポイント③家探しのコツ

一人暮らしでペットを飼っている若い女性

家探しのポイントは、家賃や共益費、生活費を考えて、毎月の生活費がきちんとやりくりできるかは重要ポイントです。また物件によって大きく差がある初期費用の金額も大切です。その他にも、物件を決める前にチェックしておきたいことをご紹介します。

■設備
いくら家賃が安くても、暮らしにくかったら生活が楽しめませんよね。
・収納量
・キッチンや玄関の広さ
・トイレとお風呂が一緒か
・エアコン付きか
・ペット可の物件か
などもチェックしておきましょう。

全て条件に合う物件はなかなか見つからなかったり、見つかっても家賃が高額なこともあります。物件の条件に優先順位をつけておくと、家賃と上手に折り合いをつけて、満足のいく物件に出会えますよ。女性の一人暮らしは、防犯も大切です。できれば、二階以上のフロアですと安心ですよ。

■周囲の環境
周囲の環境も、物件選びでは欠かせないポイントです。駅からどれぐらいかかるかも、毎日使うので一度歩いてみるのがおすすめ。物件の案内に書いてある時間よりは多くかかります。

また、できれば昼夜両方見に行くと、街灯の数や人通りが多いか、住んでいる人の様子や周囲の治安、騒音なども見ることができます。

スーパーやコンビニなど、よく利用するお店がどれぐらいの距離なのかも重要ですね。

どれぐらいかかる?一人暮らしの費用&ポイント④引っ越しをスムーズに進めるには

電話で話している若い女性

一人暮らしを始めると決めて、引っ越しをする際は、早めに手続きや買い物などを進めていくのがポイントです。また、家賃が日割りできるかどうかも確認しておきましょう。

■電気、ガス、水道、ネット回線の開通
電気、ガス、水道、ネット回線の開通は、それぞれ手続きが必要です。特にネット回線の場合、新しい回線用の工事をする必要があると、混んでいる時期は1ヶ月近く待たされてしまうこともあります。早めの準備が必要ですね。

■引っ越し業者の選び方
引っ越し業者の選び方は、価格も大切ですが、親切丁寧かどうかなどの口コミも重要です。また、細々したものは自分で運んで、大きい家具や家電だけ引っ越し業者や宅配業者を利用する手もありますよ。

あらかじめ自分の荷物がどれぐらいあるかもチェックしておくと、スムーズに契約できますね。引っ越しシーズンは、混みすぎて希望の日程で予約できないこともありますので、注意したいですね。

どれぐらいかかる?一人暮らしの費用&ポイント⑤一人暮らしを快適にするコツ

一人暮らしをしている若い女性

家賃や水光熱費などの費用は、毎月ある程度固定されていますが、自炊は一番の節約ポイントになります。ご飯を炊いたら、小分けにして冷凍したり、まとめ買いで安く買って、作り置きや冷凍保存をしておくと、節約にもなりますし、お弁当を作る時もスムーズです。

また、一人暮らしの場合、部屋はあまり広くないので、掃除は週末にまとめても、キレイな状態を保つことができます。洗濯は騒音が気になるので夜はできませんので、土日の昼間、洗濯をしている間に掃除を終わらせてしまうと効率的ですよ。

生活費の管理は、家計簿をつけたり、アプリを使って管理すると、どれぐらい使っているかや、節約できるポイントも見えてきますので、慣れるまでは特に大切ですね。


憧れの一人暮らしは、自分だけのお部屋で、人に遠慮せずに自由にできるというのが大きなメリットですよね。また、料理や洗濯、掃除など、自分で生活する力が身につきますし、金銭感覚も身につくので、お金の大事さ、そして親のありがたみにあらためて気づけたという人も多いですよ。これから一人暮らしを考えている方は、ぜひ準備を早めにして、スムーズに一人暮らしを始めましょう。