LOVE

身長差カップルのメリット&デメリットとは?身長差カップルあるあるもご紹介♡

街を歩くカップルや自分の知り合いのカップルの中に「身長差カップル」はいますか?2人の身長に差があるカップルをこう呼びますが、一体どの位の差があると果たして身長差カップルになるのかは、今一つはっきりしない、という声も多くあると思います。

今回はよく耳にする「身長差カップル」について掘り下げていきます。身長差カップルの定義や、そのメリットをデメリット、そして身長差カップルにありがちなエピソード「身長差カップルのあるある」も集めてみました。是非注目してみてくださいね。

身長差カップルの一般的な定義とは?当てはまるかどうか要チェック

付き合っているカップルは男性の方が身長が大きく、女性の方が小さいということが一般的です(中には女性の方が断然大きい!というカップルもいますが)。男女の身長差があるカップルの印象はかわいい・目立つ・ほのぼのしている、など好意的なものが多いようですね。イラストにもなることがある位です。

それでは、一体この男女間の身長差はどの位からが「身長差カップル」と呼ばれるのしょうか?結論から言うと、身長差カップルに関して厳密な身長の定義はありません。見た目の身長差のインパクトや差が大きいという印象で決まると言えるのではないでしょうか。

日本の中でカップルの身長差が一番多い分類は、10~15cmの差です。そして男性が30cm以上大きいカップルは約100組中で1組とかなり少ない割合です。また20cm以上の差があるカップルは約7組中で1組で割合でいうと15%ほどです。カップル全体の人口の割合から見てみると、20cm~30cm以上の身長差があるカップルを身長差カップルと呼ばれていると予測されますね。

身長差カップルに見られる現象をチェック!4つの「身長差あるある」

身長差カップルは周りからみたときには、とても目立つことと、その珍しさから街を歩いても常に注目されてしまいます。そこで気になるのが、当の本人たちは身長差をどう感じているのか、ということです。本人達にしか分からない実態に迫ってみましょう。

①相手にかわいいと思ってもらいやすい
心理学では人間というものは、小さなものは守ってあげたくなるという特徴があります。そしてその心理は、彼女を子ども扱いするということにもなるデメリットにもなり得ますが、反対にかわいがってもらいやすいく、愛情表現にもつながるという大きなメリットもあります。

同じ女子でも、大きな身長の人と小さい人を比較すると、普段は何も感じないようなことでも低身長女子がすることで彼氏やパートナーは「かわいい子だな」と思うかもしれないのです。これは低身長の女子の特権とも言えるでしょう。


②高い所の物を楽々取ってくれる
これは彼氏に限らずですが、身長の高い男性はよく職場などで高いところにあるものを取ってもらうように頼まれます。もしこれが彼氏だった場合、ショッピングなどで高い所にあるものも、楽にそして気兼ねなくとってもらえます。また、家のカーテンの取り換えや、押し入れの高いところへの収納も、出し入れする際に手伝ってもらえます。

③友人から身長差について突っ込まれる
身長差カップルは、周りからも目立つということもあり、友人や職場の人などから興味津々で見られるということがよくあるようです。「そんなに身長が違うといろいろ大変なんじゃない?」「キスをするときに困らない?」などと他のカップルが聞かれないような事柄も質問攻めにあいがちのようです。

④歩幅が違うのではぐれやすい
男女の身長差がある、ということは同時に足の長さを歩幅の大きさも全く違う、ということになります。女子にとっては一緒に歩くときに男性に付いていくだけで、大変な体力の消耗になってしまいます。そして、知らぬ間にはぐれてしまうということもあるようです。

身長差カップルの典型的なメリットとは?周囲も羨むポイントを公開

身長差カップルならではの、メリットや得している!と思うことについて主なものをご紹介していきます。なるほど……と思うものから、意外なものまで確認してみましょう。

①お姫様抱っこをしてもらえる
女子が憧れる「お姫様抱っこ」。一度は夢にみたり憧れた人も多いはずではないでしょうか。しかしお姫様抱っこは、男性側からすると思った以上にかなり大変なものなのです。体重そのものだけでなく、大の大人の女子を軽々と持ち上げるということは、なかなか容易ではないようですね。

お姫様抱っこは、全てのカップルがいつも経験できるものではありません。しかし身長差カップルならば、楽々お姫様抱っこをしてくれることも可能なのです。映画のようなロマンティックな体験も、身長差を活かせば夢じゃないかもしれませんね♡

②安心感と包容力を感じられる
身長の高い彼氏やパートナーは、ただ隣にいるだけでも安心感や包容力を感じられるものです。そのことが好きになった要因の一つという女子もいるでしょう。また、ハグをするときもまるで包み込まれるような感覚を感じとれるます。そして男性側も、低身長の女子を包み込みやすいということで、一緒にいると思わず抱きしめたくなるのです。

③ヒールが高い靴を堂々と履ける
背の低い彼氏の場合は、女性側も靴のヒールについて気を使うものです。特にほとんど身長差がないカップルの場合、ヒールによって女子の方が身長が高くなってしまうこともあるからです。

その点身長差カップルは、女子は堂々と気にせずにおしゃれなヒールの高い靴が履きこなせます。女子が背中を思わず丸めてしまう、という状況にならないことは嬉しいポイントですね。

④人混みの中で相手を探しやすい
他の男性と比較しても、さらに頭一つ分身長が高いという男性の場合、都会の人混みやイベント会場・テーマパークや花火大会などの人混みの中にいても、すぐに見つけられます。お互いが迷子にならない、という物理的なメリットがあります。これは安心感にも繋がりますね。

身長差カップルの典型的なデメリットとは?実際の意見を見てみましょう

カップルで大きい身長の差があるということは、付き合う前に分かってはいたものの、いざ付き合ってみるといろいろな発見があるようです。その中でも身長差があることによる不便なことやデメリットにも触れていきます。下記の5つについて知っておきましょう。

①相合傘がしにくい
カップルの憧れの行動の一つの相合傘。一度はしてみたいと思う女子もとても多いと思います。身長差カップルの場合、この相合傘をするときに大変になります。身長差があるので女性側は傘を持てませんし、男性側が持つと女子が雨に濡れやすくなってしまいます。

②顔を見て話すときやキスが大変
デートでお互いに立って話をするときに身長差があると、女性は常に首を上に向けてはなす体勢になってしまいます。またキスやハグをするときに、お互いの顔の位置がとんでもなく違った場所にあると、調整することが大変になります。お互いに位置を適当なものにするために不自然に姿勢にならざるをえません。

キスでは男性は特に腰をかがめる必要が出てきます。また女子は会話するときに首が上を向きっぱなしになるので、とてもきつい体勢ですね。

③子供扱いされてしまう
身長差が大きいカップルは、男性側は彼女をかわいいと思いやすいと同時に、親しくなってくると女子を子ども扱いするということもあります。もちろんこれは個人差があるので一概には言えませんが、からかったりして喧嘩をしてしまうこともあるようですね。

④エッチのときに大変である
身長差カップルでとても一番の問題となるのが、やはりエッチのときでしょう。身長差があるということで、男性側が不自然な体勢を取らざるを得ないので、それに慣れるまでかなり大変かもしれません。

⑤自転車を共有できない
歩くときと同様に、脚の長さが違うとお互いの家の自転車を共有することが難しくなります。極端に言うと、大人が子供用の自転車に乗るような感じになってしまいます。気軽に貸し借りをして自転車に乗れないところが残念かもしれないですね。


ここまで男女の身長差があるカップル「身長差カップル」について注目してみてきました。普段は何気なく見ていた身長差のあるカップルの実態や、身長の差があることによるメリット・デメリットについてもご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自分が正に身長差カップルで現在進行形の場合、いろいろ同感できる部分があると思います。また、身長差カップルに憧れる女子にとっては、将来の彼氏や結婚する相手に対してのシュミレーションにもなる情報をご紹介しました。

身長差があるからこそ楽しめる事や、不便なこと・気になることもあるかもしれません。しかし大事なことは、その身長差をモノともしない2人の信頼や好きという気持ちなのではないでしょうか。違いがあるからこそ惹かれるのが男女です。身長差もむしろ楽しんで過ごせるようになると、2人の関係もより上手くいくかもしれませんね。