LIFESTYLE

【お悩み別】体型カバー水着の選び方と2018年のおすすめデザイン7選

海やプールで水着を着る季節になると気になるのが、自分の体型のこと。せっかくなら、スタイルがよく見える水着を着て、写真に撮って思い出に残したいですよね。
そこで今回は、二の腕が太い、胸が小さい、胸が大きい、ぽっこりお腹、足が短いなどのお悩み別に、体型カバーできる水着の選び方と、おすすめデザインをご紹介します!

体型カバーできる水着を賢く選んでスタイルアップを目指そう!

水着と帽子とサングラスと日焼け止め

水着を着る予定があると、女の子は誰だってスタイルよく見られたいと思いますよね。
毎日筋トレやエクササイズに励む女の子も多いようですが、「間に合わなかった!」と苦い経験をしたことがある女の子も少なくないようです。

そこで今回ご紹介するのは、悩み別にチェックする体型カバーできる水着の選び方♪
自分の体型に関する悩みをカバーしてくれる水着を選べばおしゃれに、そしてスタイルよく着こなすことが期待できます。

シェイプアップが間に合わなくても落ち込む必要はありません♪
悩みを解決して、水着を着る時間を楽しみましょう。

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶二の腕をカバーしたいならオフショルダービキニ

「振袖」とも言われてしまう二の腕のお肉は、シェイプアップするのがなかなか難しいのが現状。それでもやっぱり、二の腕を細く、華奢に見せたいですよね!

二の腕が太いことが気になる方は、二の腕を上手にカバーできる水着を選んでみましょう。
おすすめは【オフショルダービキニ】です。

オフショルタイプの水着で、肩を露出することに抵抗がある場合は、胴体部分の面積が広く、露出が控えめな水着を選ぶのがおすすめ。あまり肌を出さずにうまく二の腕をカバーすることできますよ♪

プールや海で遊んだり泳いでいる間に、オフショルダー水着がズレてこないか心配な方は、紐がついてるタイプだと安心♪

ちなみに、オフショルダービキニの魅力は、二の腕をカバーできるだけでなく、肩幅もカバーすることができること!

デコルテラインを美しく見せることができるので、女性らしさもアップさせることもできますよ。また、面積が広ければカバー力もアップします。

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶小さな胸をカバーしたいならフリルタイプの水着

フリルの水着を着た女性

「小さな胸を隠したい!」「バストアップしたように胸を盛りたい!」という小胸さんの悩みも、水着の選び方でカバーすることができます。

ポイントは、胸元にボリュームがでる【フリルタイプの水着】を選ぶことです。

リボンやフリルなど、ふんわりしている水着を選ぶことで、バストの谷間部分がほどよく隠れて、ボリュームアップ効果を発揮することができるんですよ♪

水着で胸を大きく見せたい場合、黒だと引き締め効果があり細く見えてしまいます。胸をふっくら見せるなら、膨張色をチョイスすることがおすすめ。

ピンクやイエロー、ホワイトなどの明るい色で胸元を大きく見せましょう♪

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶大きな胸をカバーしたいなら布面積が大きい水着

水着姿の女性

「大きすぎるのも悩み」という女の子も少なくありません。
大きな胸をカバーしたい大胸さんは、【布面積が大きい水着】を選んでみましょう。

面積が小さな水着を選んでしまうと、胸の大きさがかえって目立ってしまうので、逆効果です。
布面積が大きいビキニであれば、隠れる範囲も多くなりますし、安心感・安定感がありますよ♪

また、ワイヤーが入っていないホルターネックタイプもおすすめです。
肩ひもが太い水着なら、ノンワイヤーでもキレイな谷間を作ってくれますよ。

ハイネックタイプのビキニなら、バストをすっぽりカバーすることができるので、大きな胸を強調しないで着ることができます。

「難易度が高そう……」と感じてしまうかもしれませんが、ハイネックの水着は視線が上に集まり、スタイルアップ効果が高いデザインなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

小胸さんとは逆に、ブラックやネイビーなど、引き締め効果が高い色を選ぶといいですよ。

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶ぽっこりお腹をカバーしたいなら長めのフレアビキニやビスチェタイプ

帽子で顔を隠している女性

「ぽっこりお腹が気になる」という方さんは、ウエストラインをカバーしてくれる水着を選びましょう。

おすすめは【長めのフレアビキニ】です。
タイトな水着だとしても、ウエストにかかるくらいの長さのフレアがあれば、すっぽりお腹周りを隠すことができます。

また、ぽっこりお腹が気になる場合は、キャミソール型になっているキャミキニやビスチェタイプの水着もおすすめです。

特にビスチェタイプの水着は、バストから下がフレアになっているものが多いので、ウエスト周りをおしゃれにカバーすることができます。

シンプルなデザインもいいですが、鮮やかで夏らしさを感じるプリント水着も、視線を水着に集めてくれるので、お腹を目立たなくしてくれますよ。

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶大きなお尻や太い太ももをカバーしたいなら、ショートパンツかスカートを

水着を着た女性の後ろ姿

ヒップの大きさ太ももの太さなど、下半身が特に気になる場合は、ショートパンツ付きの水着で、すっぽり隠してしまうことがおすすめです。

パンツタイプが苦手なら、Aラインのスカートタイプを選んでみましょう。

ビキニのようにヒップラインを強調することがなく、ふんわりカバーさせることができますよ♪

ショートパンツやAラインスカートだけでなく、パレオ付きの水着もおすすめです。

ヒップから脚全体を丸々カバーすることができるのですが、歩くたびにひらひら舞って隙間から素足をチラ見せすることができます。

縦ラインで脚を見せることができるので、美脚効果も抜群ですよ♪

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶脚の短さをカバーしたいならハイウエスト水着

砂浜に座る女性

「足が短い」「胴が長め」「脚を長く見せたい」と悩んでいる方におすすめなのは、【ハイウエストタイプ】の水着です。

ハイウエストタイプなら、お腹周りをカバーしながら、胴の長さを短く、脚を長く見せることができるんですよ♪

また、ヒップもカバーしてくれる優れものです。2018年のトレンドデザインでもあるので、流行を取り入れたい方にもおすすめの水着です。

ハイウエストタイプの水着には、「ハイウエストショーツとショルダービキニ」「ハイウエストショーツとオフショル」という風に、別々の組み合わせになっている場合が多いですが、中には繋がっているワンピースタイプもあります。

ウエスト部分だけをチラ見せすることができるので、ワンランク上のおしゃれを楽しむことができそうです。

悩み別で見る体型カバー水着の選び方▶全体的にカバーしたいならワンピースタイプ

海を眺める女性の後ろ姿

「ぽっちゃりしているのが悩み」「あまり露出したくない」「全身が気になる」という女子さんは、【ワンピースタイプ】の水着がおすすめです。

上下繋がっているので、気になる部分をすべてカバーし、露出を控えめにしてくれます。

ただし、スクール水着などのような地味な印象にならないように、デザインに注意して選ぶことがポイントです。

落ち着いた色のワンピース水着なら、全身を引き締めてくれます。
しかし無地だと古臭いイメージがついてしまうので、華やかな印象になれる花柄などがおすすめです。

また、上下繋がっていたとしても、まるで別々に見えるようなデザインであれば、スタイルアップ効果も高まりますよ!

同柄や無地のガウンなどを羽織れば、二の腕やヒップもカバーすることができます♪


悩み別で見る水着の選び方をご紹介しましたが、あなたのお悩みをカバーできる水着は見つかりましたか?
水着にはたくさんの種類があるので悩んでしまうことも多いですが、自分の悩みを優先して選ぶことで、体型カバーしながらおしゃれを楽しむことができます。お気に入りの水着を見つけて、夏を思いっきり楽しんでいきましょう!