BEAUTY

アイシャドウの塗り方は?一重さんや奥二重さん向けのポイントもご紹介

アイシャドウの塗り方を何パターン知っていますか?いつもワンパターンなメイクに悩んでいる人は、もう少しアイメイクを見直してみると良いかもしれませんね。今回は、目の形別や仕上がりのパターン別の、アイシャドウの塗り方についてご紹介します。

アイシャドウの塗り方にはどんなパターンがある?

アイシャドウパレット

アイシャドウの塗り方と一言に行っても、色々なパターンがあります。どんなパターンにするかは、自分の目の形によっても変わってきます。アイシャドウの塗り方のパターンを大まかにご説明します。


■ナチュラルか派手か?

アイシャドウは、ナチュラルに仕上げるか派手に仕上げるかによって、パターンを決めることができます。ナチュラルに仕上げたいときは、単色で仕上げても良いでしょう。派手に仕上げたいときは、濃いめのカラーのグラデーションやラメを使うことで、一気に華やかに仕上がります。


■目の形は?

アイシャドウの塗り方は、目の形によっても違ってきます。一重や奥二重の場合と、二重の場合では、見える印象が全く変わってきます。
二重の場合は目がぼやけがちなので、締め色をのせることが大切で、一重や奥二重の場合は目を大きく見せることを重視して、濃いカラーを塗っていくことが大切になります。

アイシャドウの塗り方【1】一重の場合

 

一重の場合のアイシャドウの塗り方は、濃いカラーを乗せてグレイッシュに仕上げるとかっこいいです。一重を活かしたメイクには、ダークなアイシャドウをポイントとして乗せることがおすすめです。

一重の場合は、目尻側にポイントを持っていく方が、エレガントに仕上がります。使うカラーは肌なじみのいいベースカラーと、グレーやブラウンの濃いめのカラーです。この濃いめのカラーをアイラインの代わりとしてなじませていきます。

アイホール全体に肌なじみのいいベースカラーを塗っていきます。そして、濃いめのカラーを目のキワの部分に乗せていきます。

濃いめのカラーをぼかしていきますが、グラデーションを作るようにぼかしていきます。キワから上に向かって濃いカラーをなじませていきましょう。

一重の場合、どうしてもアイラインが濃くなってしまいがちですが、アイラインはまつげとまつげの間を埋める程度にとどめて、自然な濃いカラーのグラデーションを作ることで、目元の印象をはっきりさせます。

アイシャドウの塗り方【2】奥二重

 

ふ゜き ちさん(@pu.ki.chi)がシェアした投稿 -

奥二重の場合のアイシャドウは、二重の幅をつぶさないようなカラーで、仕上げていきます。アイシャドウのカラーは、なるべく薄いカラーを作っていきましょう。肌なじみのいいベースカラーと合わせるのは、濃すぎない中間色にしましょう。

奥二重の場合のアイシャドウの塗り方は、まずベースに肌なじみの良いカラーを塗っていきます。そして目のキワに中間色を乗せます。グラデーションは作らずに、二重の幅ちょうどくらいに中間色を入れると、自然な目元を作ることができます。

奥二重の場合も、目を大きくしたいからとアイラインを派手に引かずに、淡いアイシャドウを乗せることで、仕上げると良いでしょう。

重ね塗りすると、どうしても濃くついてしまうので、濃く感じたら二重の幅よりも広がらないように、ぼかしていきましょう。

アイシャドウの塗り方【3】二重

 

チサトさん(@chisato.4)がシェアした投稿 -

二重の場合のアイシャドウは、濃いカラーを乗せてかっこよく仕上げていきましょう。二重の目元は比較的どんなカラーも似合います。最もメイクしやすい目の形といえます。ダークなブラウンやネイビー系のグラデーションを作っていきましょう。

アイホール全体に肌なじみの良いカラーを乗せます。二重の幅よりも少し広い程度に、中間色を入れていきます。最後に目のキワの部分に最も濃いカラーを乗せてぼかしていきます。

綺麗なグラデーションを作るためには、しっかりとぼかしてなじませることが大切になります。二重の場合は、締め色をしっかりと入れることで目元を締めることができます。濃いカラーは忘れずに引くようにしましょう。

アイシャドウの塗り方【4】派手

 

みりんさん(@mmirennc)がシェアした投稿 -

派手なアイシャドウにしたい!という場合は、ポイントでアイシャドウを足していくことをおすすめします。例えば、目の中央にだけグリッターや粒の大きいラメを乗せることで、目元にさらに立体感を作ることができます。

さらにアイホールの外側にピンクや紫などの派手なカラーを乗せて、アイホールの内側部分を反対に薄く仕上げるような、外国人風の目元もおすすめです。

アイシャドウの塗り方【5】ナチュラル

 

erichan☺︎さん(@hys1022)がシェアした投稿 -

アイシャドウをナチュラルに仕上げたいという場合は、単色だけで仕上げていきます。目元をすっきりさせたい場合は、パステルカラーなどの薄いカラーがおすすめです。

単色でもかっこよく見せたい場合は、中間色のブラウン系のカラーをおすすめします。

締め色を使わない代わりに、アイラインでしっかりと目元を強調していきましょう。


アイシャドウの塗り方をご紹介しました。アイシャドウは塗り方次第で、色々な表情を作ることができます。自分の目の形を活かしたメイクをすることで、さらに目元を魅力的に見せることができますよ。ぜひ自分に似合うアイシャドウの塗り方を見つけてみてくださいね。