BEAUTY

詐欺メイクのやり方を大公開!可愛く盛れるコツやパーツ別メイク方法は?

かわいくなりたい!と思う気持ちは、誰にでもありますよね。すっぴんの自分と全く別人になる、詐欺メイクをして驚かせたい願望がある人もいるかと思います。詐欺メイクは、一歩間違えればただの化粧の濃い人になってしまいます。詐欺メイクをする上でのポイントや、やり方についてご紹介します。

詐欺メイクのポイント

色々なコスメ道具

詐欺メイクをするポイントは、いかにナチュラルに見せるかということです。一昔前の詐欺メイクといえば、バサバサのつけまつげをつけて、発色のいい大きめのカラコンをつけることが主流でした。

しかし、最近のトレンドはナチュラルです。だからこそ、いかにナチュラルに詐欺メイクをするかということが重要になってきます。

詐欺メイクをする上で大切なポイントをご紹介します。

■ベース詐欺は仕込んで隠す!
肌荒れが酷かったり、ニキビ跡が残る肌は、化粧で隠したいと思いますよね。しかし、ファンデーションを重ねすぎてしまうと、厚塗り感が出て、ナチュラルではなくなってしまいます。

そういう時は、ファンデーションではなくコンシーラーやコントロールカラーで隠す方が、ナチュラルになりますよ。


■アイメイクは抜け感を出す

アイメイクをするポイントは、どこかに抜け感を出すことです。目元がコンプレックスだと、どうしてもすべてを全部盛りしたくなってしまいますが、そうすると化粧の濃さが目立つだけになります。

アイラインを控えめにしたり、アイシャドウを単色にしたりすることで、全体のバランスを取っていきましょう。


■リップやチークは肌なじみのいいものを

リップやチークを乗せる時は、色味に注意して選びましょう。詐欺メイクと化粧が濃いとは、全く別物です。詐欺メイクをしたいからと、派手なカラーばかり選んでしまうと、ただ化粧が濃いだけの印象になります。

ポイントを目元に持ってきたいので、リップやチークの色選びは注意して、肌なじみのいいものを選んでいきましょう。

詐欺メイクのやり方【1】ベースメイク

 

Shokoさん(@elliehashimoto0429)がシェアした投稿 -

まずは詐欺メイクのベースメイクをご紹介します。


■化粧下地

化粧下地は、肌の色むらや凹凸を隠すために最も重要な部分になります。ファンデーションを厚塗りにしないためにも、この段階である程度隠していきましょう。

肌の赤みに悩んでいる人はコントロールカラーをおすすめします。緑系の下地を使用することで、赤みをある程度隠してくれますよ。


■ファンデーション

ファンデーションは、あまり厚塗り感を出さない方が良いでしょう。そのためにも、ファンデーションを塗る場所と塗らない場所を作ることをおすすめします。

ほとんど見えることのない顔の外側の部分はファンデーションを塗らずに、素肌感を残します。そうすることで、素肌が美しいように錯覚します。ファンデーションで肌トラブルを隠そうとはせずに、質感を整える程度にとどめておきましょう。


■コンシーラー

化粧下地やコントロールカラーで隠すことができなかった部分には、コンシーラーを使っていきます。気になるニキビ跡やそばかすなどは、コンシーラーでしっかりとカバーします。カバーする部分と、しない部分を作ることでメリハリが生まれて肌がきれいに見えます。

詐欺メイクのやり方【2】プレアイメイク

 

람さん(@roon.8643gm)がシェアした投稿 -

詐欺メイクで最も重要になってくる部分が、アイメイクです。アイメイクを引き立てるためのプレアイメイクをご紹介します。


■カラコン

詐欺メイクをするために、とても重要なアイテムがカラコンです。カラコンを付けるだけで一気に雰囲気が変わります。カラコンを選ぶ時は、自分の瞳の色と同じような、自然な発色のものを選びましょう。

レンズのサイズが大きいと不自然になるので、14ミリ以下のものを使うと良いでしょう。


■二重

詐欺メイクにおいて、二重を作ることもポイントになります。元々くっきりとした二重の人は必要ないですが、一重や奥二重の人は使用した方が詐欺メイクを作ることができます。

二重を作るアイテムは、アイテープやアイプチなどいろいろあります。自分が簡単にできて、かつ自然に見えるものを選びましょう。肌なじみのいいものを選ぶとGOODです。

詐欺メイクのやり方【3】アイメイク

 

❤︎め❤︎さん(@_17___me)がシェアした投稿 -

アイメイクの下準備が終わったら、早速アイメイクをしていきましょう。


■アイシャドウ

アイメイクをする上でアイシャドウはとても重要になります。アイシャドウは、目元に立体感を出すために使います。あくまでナチュラルに作る必要があるので、グラデーションにする場合は、濃いカラーではなく肌なじみの良いブラウンで作りましょう。

アイシャドウは単色で仕上げると、抜け感が出てくるのでおすすめです。


■アイライン

アイラインはあえて細く引く方が、自然に目を大きく見せることができます。まつげとまつげの間を埋めることで、ナチュラルに仕上げることができます。


■つけまつげ

マスカラを使ってメイクをしても良いですが、つけまつげを使う方が、詐欺メイクらしくなります。使うまつげは、マツエクのように自然なものを選びます。

芯が透明の柔らかいものを選ぶことで、自然に目元になじみます。たれ目に見せたいときは目尻長めのもの、目を縦に大きく見せたいときは中央にボリュームがあるものを選びましょう。


詐欺メイクのやり方についてご紹介しました。自分の顔にコンプレックスがあっても、メイクをすればいくらでも変わることができます。自分に似合う詐欺メイクを見つけて、たくさんの人を驚かせてみてはいかがでしょうか?