LIFESTYLE

唇を薄くする方法はある?自力でできるトレーニングやメイク方法を解説!

顔の印象を左右する唇は、魅力的な女性を象徴するパーツでもあります。
ですが、その唇にコンプレックスを感じていたら、おしゃれもメイクも楽しめなくなってしまいますよね。
そこで今回は、唇の厚さに悩む女性のために、唇を薄くする方法をご紹介します。

唇を薄くしたい!厚くなる原因とは?

女性の口元

ある程度、厚みのある唇はセクシーな印象を与えてくれるのですが、「厚みがありすぎる」「重たく見える」という場合は、コンプレックスに感じてしまう女性が多くいるようです。
唇を薄くする方法をチェックする前に、まずは唇が厚くなる原因を見ていきましょう。

■遺伝的要因
生れつき厚みがあるのであれば、遺伝的な可能性が高いので、自力で薄くすることは難しいと考えられています。

■歯並び
上の歯が前に出ていると、唇も前に出てしまうので厚く見えてしまうことがあります。
歯科矯正をすることで、気にならなくなる女性もいるようです。

■筋肉の衰え
呼吸の仕方や疲れ、ストレスなど、さまざまな要因で口元の筋肉が衰えてしまうと、口角を引き上げる筋肉が十分な機能を果たせなくなるので、上唇に厚みが出てきてしまいます。

■唇を噛む癖がある
噛み癖があると、唇が腫れた状態になり、厚く見えてしまいます。

唇を薄くする方法①トレーニングをする

にっこり笑う女性

唇を薄くする方法として効果的なのが、トレーニングをすることです。
トレーニングによって表情筋を鍛えることができれば、唇も変わるだけでなく顔全体のリフトアップにも効果があります。

■唇を薄くするトレーニング方法
①口を閉じた状態で、上唇と下唇を丸め込むように閉じます。
②次に、そのままの状態で両手に頬を添えたら、口角を上に軽く持ち上げましょう。
1日に10回を目安に繰り返してみてください。

また、口を大きく開けたら、舌を思いっきり上に突き出すトレーニングも効果的です。

唇を薄くする方法②マッサージをする

唇に触れる女性

トレーニングをするだけでなく、マッサージをする方法もあります。
衰えてしまった口元の筋肉を、マッサージで優しく刺激して活性化させましょう。

■唇を薄くするマッサージ方法
①マッサージによって負担をかけすぎないよう、まずはリップクリームなので滑りをよくします。
②人差し指と親指を使って上唇を数カ所に分けてつまんでいきましょう。

唇は皮膚が薄く、とてもデリケートな部分なので、強い力でマッサージをしないよう心がけてみてください。
また、乾燥しているときは特に負担がかかりやすいので、普段からの唇ケアも徹底するといいですよ。

唇を薄くする方法③呼吸法を見直す

目を閉じる女性

唇の筋肉や表情筋の緩みは、呼吸の仕方も関係してくるそうです。
ですので、普段の呼吸法を見直すこともひとつの方法です。

ふと呼吸をしたとき、口で呼吸をしていませんか?
口呼吸をしていると常に口が開いた状態になってしまうので、筋肉に緊張がなくなってしまい、筋肉の衰えが悪化してしまいます。

普段から鼻呼吸を意識するだけで、見た目の印象も変わってきますし、口角が緊張して引き締まった状態になるので、唇を薄くする効果が期待できるでしょう。

眠っている最中は、無意識に口が開いてしまうこともあると思うので、専用のシールなどを活用してみてください。

唇を薄くする方法④メイクでカバーする

リップメイクをする女性

唇を薄くする方法として、メイクでカバーする方法もあります。
メイクであれば、すぐに薄く見せることができますし、遺伝的なものによる唇の厚みもカバーすることができますよね。

■唇を薄くするメイク方法
①まずはリップコンシーラーなどを使って、唇と皮膚の境目をぼかしていきます。
②次にリップライナーを使って、自分好みの薄さになるように、輪郭をとります。
③あとはリップブラシに口紅を含ませ、輪郭の中を塗っていきましょう。

口紅を直接塗るより、リップブラシを使ったほうが口角や縦ジワなどもキレイに塗ることができます。
仕上げに唇の中心に少しだけグロスを使うと立体感が出るので、唇の薄さを強調できます。

自力ではダメかも!いろいろ試しても唇を薄くできない場合は……?

唇に手を添える女性

いろいろ試しても薄くすることができないようであれば、専門家に頼む方法もあります。

■歯科矯正する
歯並びが悪い場合は、本格的な治療を受けるという面で歯科矯正することがおすすめです。
唇の厚さが気にならなくなることが期待できますし、自分の歯並びにも自身が持てるようになるので、気持ち的にも明るくなるのではないでしょうか。

■美容整形で治す
歯科矯正ではなく、美容クリニックなどに頼ることもひとつの方法です。
直接的に唇を薄くしていくので半永久的に理想の薄さを維持できると言われています。
しかし、金銭面の問題や信頼できるところであることも慎重に選ばなければならないので、家族などに相談しながらしっかり考えて決めるようにしましょう。


いかがでしたか?
厚みのある唇も素敵ですが、気になるのであれば薄くする方法を試していくことがおすすめです。
できることからはじめて、理想のくちびるを目指してくださいね。