BEAUTY

ヘアワックスの使い方は?女の子向けのストレートヘアや前髪作りのコツ

ヘアアレンジの時に、ワックスは使用していますか?なんとなくワックスは、男の子の方が身近で、女の子のアレンジにどう使ったらいいのかわからないことってありますよね。今回は、女の子のためのワックスの使い方をご紹介します。ストレートヘアや巻き髪、前髪など部分別のコツを見ていきましょう。

ワックスを選ぶ時のポイント

重ねられたワックス

ヘアワックスの役割は、髪の毛をまとめたり、髪にボリュームを出したりと、おしゃれなヘアスタイルを作るために欠かせないアイテムです。まずは、ヘアワックスの選ぶコツについてご紹介します。


■髪質で選ぶ

ヘアワックスを髪質で選んでいきます。髪が細くて柔らかい人と、太くて硬い人では使用するワックスが変わってきます。

髪が細くて柔らかい人には、質感が軽いソフトワックスやドライワックスをおすすめします。反対に太くて硬い人には質感の重めなクリームワックスをおすすめします。


■仕上がりで選ぶ

ヘアワックスは仕上がりでも選ぶ方法が変わってきます。コテで全体を巻いた状態をキープする場合は、ふんわりとした軽さを出したいので、スプレータイプやソフトワックスがおすすめです。

パーマの場合はクセをしっかりと出したいので、ムースタイプがおすすめです。ウェットな質感のストレートヘアにしたいという場合は、バームタイプのものをおすすめします。

ワックスの使い方【1】巻き髪

ピンク色のワックス

髪を全体的に巻いた時は、できるだけ長い時間スタイルキープしたいと思いますよね。ダウンスタイルももちろんですが、ヘアアレンジのベースとしてもワックスを活用することができます。巻き髪をワックスでキープする使い方をご紹介します。


■ワックスを毛先から付ける

ワックスを手のひらにとって、薄く全体に伸ばします。まずは毛先からワックスをつけていきます。優しくカールを持ち上げるように軽く握ってつけていきます。カールが崩れないように、優しく付けるのがポイントです。


■内側からワックスを付ける

次に内側からワックスをつけていきます。巻き髪を作る場合、ワックスが多すぎると束感が強くなってしまいます。なので、表面には極力付けずに、内側に手を入れて、ふんわり感をキープしていきます。


■バランスを見て表面を整える

全体的にボリュームを出せたら、バランスを見て全体を整えていきます。整える時は、強くやるのではなく、優しく直していくようにしましょう。最後に必要に応じてスプレーを振りかければ、完成です。

ワックスの使い方【2】ストレートヘア

バームワックスとヘア道具

ストレートヘアでヘアワックスを使う場合は、ウェットヘアが多くなります。ボリュームを抑えたり、アホ毛を抑えたり、ウェットにすることで様々な悩みを解決してくれます。ウェットヘアでのワックスの使い方をご紹介します。


■しっとり系のワックスを使う

ウェットヘアを作る時は、ワックスはしっとりした仕上がりのものを選びましょう。ジェルワックスやクリーム、バームワックスがおすすめです。


■髪全体にしっかり付ける

ウェットヘアを作る時は、全体的にしっかりとワックスをつけていきます。ウェット感を出していくので、多少つけすぎてもこなれ感が演出できます。全体的にしっかりと馴染ませて、この時に気になるアホ毛があったら、その部分も抑えておきましょう。


■少しずつつまんで束感を作る

全体的にワックスをつけたら、髪の表面を少しつまんで、束感を作っていきます。ウェットな外ハネヘアのアレンジには欠かせない工程です。全体的なバランスを見ながら、少しずつ束感を作っていきましょう。

ワックスの使い方【3】前髪

クリームタイプのワックス

前髪に束感を出したり、かきあげにしたりする時にもワックスを使います。前髪はよく目に留まる部分でもあるので、ワックスの選び方も重要になります。前髪の作り方別の、ワックスの使い方をご紹介します。


■前髪キープの場合

前髪をキープするためには、流したい方向へ前髪を流し、毛先を中心にワックスをつけていきましょう。前髪キープで使用する場合は、ハード系のものを使うとバリバリになってしまうので、ふんわりと仕上がる質感の軽いものを使いましょう。


■かきあげ前髪の場合

かきあげ前髪の場合は、根元からワックスをつけていきます。しっかりと固定させるために、ハードタイプのものがおすすめです。前髪を立ち上げたら、クセ付けをするために必ずスプレーをかけるようにしましょう。


■束感を作る場合

前髪に束感を作る場合は、親指と人差し指の先にワックスをつけます。そして、束感を出したい部分を1本1本つまんで、固定していきます。全体的なバランスを見ながら、整えていきましょう。ハードタイプのものだとわざとらしい印象になってしまうので、量を調整しながら、ある程度のキープ力があるものを使っていきましょう。


ワックスの使い方についてご紹介しました。ヘアワックスは自分のかわいい髪型をキープするために、とても便利なアイテムです。うまくできた巻き髪や前髪をキープするためにも、ワックスを使いこなしてみてくださいね。