LIFESTYLE

下腹ぽっこりお腹の原因とは?おすすめの対策やダイエット方法をご紹介!

下腹のぽっこりお腹が気になる方は多いのではないでしょうか。ズボンの上にお腹がぽっこりのってるなんてことは多いと思います。そこで今回はそんな下腹のぽっこりお腹で悩む方に向けておすすめのダイエット方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

下腹ぽっこりお腹をなんとかしたい……。

ぽっこりお腹

下腹のぽっこりお腹気になりませんか。

色々ダイエットを試してみたけど、なかなかぽっこりお腹が解消されなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、下腹のぽっこりお腹で悩んでいる方に向けて、おすすめのダイエット方法をご紹介していきます。

本記事では、

・下腹ぽっこりお腹の原因
・ダイエットのメカニズム
・下腹ぽっこりお腹のダイエット方法

の3つについて、詳しく解説をしていきます。

ぜひチェックして、理想とする美ボディを手に入れましょう。

下腹ぽっこりお腹の原因とは?

ぽっこりお腹

まずは、下腹ぽっこりお腹の原因からご紹介していきます。

下腹ぽっこりお腹の原因は、

①1日の摂取カロリーをよりも多く食べてる
②新陳代謝が悪い
③運動不足

の3つがあります。それぞれ詳しく解説をしていきます。


■下腹ぽっこりお腹の原因①1日の摂取カロリーをよりも多く食べている

1日の適切な摂取カロリーの範囲を超えた食事をしていると、下腹がぽっこりしてしまいます。一般的に人間が摂るべき1日の摂取カロリーは厚生労働省が取り決めています。

一概には言えませんが、

・間食が多すぎる
・夜食が多い
・毎日の様に外食をしている

などは太りやすいと言われています。ファストフードなどもメニューが高カロリーなものが多い傾向にあるので気をつける必要があります。


■下腹ぽっこりお腹の原因②新陳代謝が悪い

新陳代謝は、体を痩せやすくするための体内のメカニズムの様なものです。すでに体に備わっているものです。冷え性や腸内環境が悪い方はもしかすると新陳代謝が悪いかもしれません。

簡単に言えば、あまり運動をしなくても痩せる時ありませんか。それは体の仕組みとして新陳代謝が行われているので、脂肪が燃焼されているのです。下腹ぽっこりお腹を解消する上で、新陳代謝の改善は非常に大切です。


■下腹ぽっこりお腹の原因③運動不足

下腹のぽっこりお腹は、すでに体に蓄積されている脂肪を燃焼して落とす必要があります。蓄積されている脂肪を燃焼させるには、定期的な運動が欠かせません。体重を減らすのに、1日の摂取カロリーの量を減らすだけでは、不十分なのです。

運動が面倒だなと思っている方が、いつまでも運動をしないと脂肪がどんどん蓄積されてしまうので、落としにくくなってきます。なるべく継続した運動が大切になってくるのです。

ダイエットのメカニズムとは?

お腹

ダイエットのメカニズムは、一般的に「1日の摂取カロリーよりも1日の消費カロリーを増やす」ことだと言われています。当たり前だと言われればその通りです。

しかしダイエットをする上では、これが基本です。消費カロリーを増やすためには運動が欠かせません。運動をせずに消費カロリーを増やすことは非常に難しいです。

まずは、1日の摂取カロリーよりも1日の消費カロリーを増やすことを意識してダイエットをしましょう。

下腹ぽっこりお腹のダイエット方法とは?

ヘルシーな食事をしている女性

次は、下腹ぽっこりお腹のダイエット方法をご紹介していきます。

下腹ぽっこりお腹のダイエット方法は、

①1日の摂取カロリーの範囲内で食事をする
②新陳代謝を向上させる
③定期的に運動をする

の3つがあります。それぞれ詳しく解説をしていきます。


■下腹ぽっこりお腹のダイエット方法①1日の摂取カロリーの範囲内で食事をする

10代女性の1日の摂取カロリーは、約2,000カロリーです。身体活動レベルと細かく年齢によっても変わりますが、平均しておよそ2,000カロリーです。

まずは、2,000カロリーの範囲内で食事をすることを意識しましょう。


■下腹ぽっこりお腹のダイエット方法②新陳代謝を向上させる

新陳代謝を向上させるためにおすすめなのが筋トレです。ウェイトトレーニングをして新陳代謝が向上したという研究結果が様々な場所で発表されています。

また、水分をこまめに飲むことを効果があると言われています。水には発熱効果があると言われており、この発熱効果が代謝を改善してくれます。また、水を飲む時は常温で飲むことをおすすめします。


■下腹ぽっこりお腹のダイエット方法③定期的に運動をする

運動の中でも有酸素運動がおすすめです。

おすすめな有酸素運動は、

・ジョギング
・プール
・サイクリング

などがあります。

あまり運動をしていなかった方は、急に運動することに抵抗があると思います。そんな方はまずは軽いウォーキングから初めてみましょう。


今回は下腹のぽっこりお腹について詳しく解説をさせて頂きました。いかがだったでしょうか。ダイエットは食事の管理と運動が大切です。継続しないとなかなかダイエットがうまくいかないので、生活の中で取り入れられるものからトライしてみて下さい。