LIFESTYLE

誰もが憧れる話し上手とは?特徴やメリット・身につける方法をご紹介

口下手だと交友関係も狭くなりがちで、恋人すら作りにくくなります。日常的にも仕事の面でもコミュニケーションは重要な要素でもあるので、できることなら話し上手を目指したいものですね。今回はコミュニケーションを豊かにするための要素である“話し上手”にスポットを当て、特徴やメリットなどをご紹介します。

話し上手とは?

コーヒー片手に会話を楽しむ女性

話し上手というと、話を面白おかしく組み立てるような人をイメージします。しかし実際はそれ以外にも、会話をしている相手や周囲を楽しくしたり気分を良くしてくれます。自分の話だけでなく相手の話もしっかり聞くので、コミュニケーションをスムーズにできる処世術としても広く知られています。

そんな話し上手のイメージは、TVでも司会を頻繁するタレントや芸人さんなど。話の構築のうまさであれば、噺家さんなどが連想できます。

話し上手のメリット

会話をする家族

話し上手を理解したところで、身につけるとどのようなメリットが生まれるのかも知っておきましょう。


■人間関係が円滑になる

話し上手のメリットとして代表的なのが、人間関係が円滑になることです。コミュニケーションは会話がものを言うといわれるように、自分の印象を相手にアピールする手段として最適。

話し上手であれば、相手からの印象が格段に良くなる上に、話しやすい存在として人が集まりやすくなるでしょう。話し上手を活かせるようになれば、日常だけでなく仕事にも役立てるようになるので重要な要素ともいえます。


■恋人が作りやすくなる

話し上手になることで、同性に限らず異性にも良い印象を与えることができます。この結果、恋人を作りやすい環境ができるので、恋愛を楽しめるようにもなるでしょう。


■知識が増える

話し上手は、相手から情報を引き出す能力にも長けています。情報を蓄えることができ知識を増やすことになるので、会話の引き出しも多くなります。会話から得た情報をうまく整理する能力も養われるので、相手に伝えやすく話を構築できるようにもなります。

話し上手になる方法【1】基本的な常識を身につける

握手をする人々

話し上手の特徴として、人と接する際の常識を持っているという点にあります。ここからヒントを得て、話し上手になるための第一歩には、コミュニケーションの一般的な常識を身につけることがポイントになります。

話し上手を観察していると一般的な常識をさらりとこなしており、相手からも「話しやすい」「誰からも好かれる」といった印象を持たれるのが特徴。

コミュニケーションの常識とは、相手に会った際に必ず挨拶をしたり、気遣いの言葉をかけられるなどが挙げられます。会話をする際も、相手の目線になり考えることが、コミュニケーションの一般的な常識と考えられます。

話し上手になる方法【2】聞き手を意識する

耳を澄ます女性

「話し上手は聞き上手」という言葉があるように、話し上手になるには聞き上手になることも重要です。これは上記でも述べたように、相手の目線になって会話を進めることが話し上手のポイントになります。会話をしている相手に合わせて話題を広げたりすることが必要なため、しっかりと話を聞くことが大切です。

聞き上手になるための練習として、相手が話をしている際にあいづちを打つのがコツ。相手も「自分の話を聞いてくれる」という認識になり、コミュニケーション能力や話し上手のレベルもアップすることでしょう。

話し上手になる方法【3】表現は前向きに

会話をする男性

話し上手になるポイントとして、会話では前向きな表現を使うのが一つ。いわゆるポジティブ思想の一種で、ネガティブな表現を使うと場合によっては相手からの印象も悪いものになってしまいます。逆にポジティブな表現を取り入れた会話をすることで、「前向きな考え方を持っている」という印象を相手に与えるので人間関係が円滑になりやすいのです。

話し上手になる方法【4】あいづちはオーバー気味にする

ジェスチャーをする男女

話し上手になる方法として、会話の際のあいづちやリアクションはオーバー気味にすることがポイント。こうすることで相手からも話をしっかり聞いていると受け取られ、あなたの印象が良くなるでしょう。

自分が話す際もオーバー気味にジェスチャーを取り入れると、相手に自分の伝えたいことが伝わりやすくなります。

話し上手になる方法【5】話すスピードを相手に合わせる

ソファで会話を楽しむカップル

話し上手さんは相手の表情や反応に合わせて話すスピードをコントロールし、聞きやすいようにしてくれます。このため、話し上手になる方法の一つとして、話す際のスピードを相手に合わせることがポイント。

自分が伝えたいことをしっかり伝えるためにも、相手の目線に合わせて会話を進めることが重要になってきます。

話し上手になる方法【6】会話を広げる力を養う

会話に華が咲く女性たち

話し上手は一つのキーワードを元に、話題をさまざまな方向に広げてくれるのが特徴です。話し上手になる方法として、会話の中のキーワードをポイントに話題を広げるように務めるのもいいでしょう。

例えば相手が「映画に行った」と話をすれば、キーワードが「映画」になります。ここから話を広げるには、「何の映画に行った」や自分が最近観に行った映画などを切り出すのが一般的。そこからどんな映画好きなのかや趣味趣向などの話題になり、相手からも情報を引き出すきっかけになるでしょう。

話し上手になる方法【7】周りの話し上手さんの真似をする

同じ仕草をする親子

話し上手になる方法として、周りにいる話し上手さんを参考にするというのもおすすめ。人間は何かをする際、手本となる存在から参考にすることで、うまく物事を進められるといわれています。

これを話し上手になるための方法として活かし、手本になる存在の特徴や仕草を真似て自分に取り入れてみましょう。

手本になる話し上手さんを見つけたら、まずはその人と実際に会話し、どのような特長があるのかをじっくり観察します。話し上手さんを交えてさまざまな人と会話を進めることで、自然と話し上手になるコツも掴めることでしょう。


話し上手はコミュニケーション能力の一種なので、これまで以上に人間関係がスムーズにいくことでしょう。仕事や恋愛もうまくいきやすくなるので、人生を成功に導いてくれる最大の見方にもなってくれます。この機会に話し上手になるコツを掴んでトレーニングし、人生に活かしていきましょう。