BEAUTY

メイク落としのおすすめアイテムは?種類別の選び方や使い方も!

メイク落としには色々な種類のものが販売されています。オイルやシート、ミルクタイプなどどれを選んだらいいのか、わからないということもありますよね。メイク落としの種類別の特徴や選び方、おすすめの人気アイテムについてご紹介します。

メイク落としの種類

リキッドタイプのクレンジング

メイク落としには、様々な種類の商品が販売されています。それぞれのメイク落としの特徴についてご紹介します。

■オイル
オイルタイプは、メイク落としの中でも最も洗浄力が高いです。ウォータープルーフのメイクもするんと落とすことができます。洗浄力が高い分、肌への負担が高くなるという欠点があります。

■ジェル
ジェルタイプは、弾力のあるテクスチャーで、洗浄力は高い方です。肌に厚く塗ることができるので、摩擦を少なく使うことができます。商品によってウォータープルーフが落としにくいことがあります。

■クリーム
クリームタイプは、厚めに肌に乗せることができます。肌への負担を減らしながら使うことができますが、他のクレンジングにオイルやジェルに比べると、落としにくいです。

■ミルク
ミルクタイプは乳液のようなテクスチャーで、最も肌に優しい種類のメイク落としです。穏やかな洗浄成分なので、肌が敏感な人でも使用することができます。濃いメイクには向きません。

■ふき取り・シート
ふき取りタイプやシートタイプのクレンジングは、水を使わずにメイクを落とすことができます。洗浄力は高いですが、こすることで肌への負担が最も大きくなります。

メイク落としの選び方

クレンジングをしている女性

メイク落としの選び方についてご紹介します。

■メイクの濃さで選ぶ
メイク落としは種類によって洗浄力が異なります。自分の普段のメイクに合わせて、メイク落としを選ぶことをおすすめします。アイメイク基準で選ぶのではなく、ベースメイク基準で選んだ方が、肌への負担が少なくなります。

■低刺激
肌が敏感な人には、低刺激のメイク落としがおすすめです。肌が元々弱いという人は、メイクの濃さもナチュラルに仕上げるようにしましょう。メイク落としの洗浄成分が穏やかなものを選ぶ場合は、落としやすいメイクを心がけましょう。

■お風呂で使えるか
メイク落としには、濡れた手で使うことができるものと、乾いた手で使うことができるものがあります。お風呂で使うという場合は、濡れた手でも使用できる商品を選ぶようにしましょう。

メイク落としの使い方の注意点

アイメイクを落としている女性

メイク落としを使う時の注意点について、ご紹介します。


■量は規定量よりも少し多めに

メイク落としは、肌に負担がかかってしまいます。なるべく肌との摩擦を少なくするためには、たっぷりのクレンジングを使って洗うようにしましょう。規定の量よりも少し多めに使うことで、クッション材の役割をします。


■乳化はしっかりと行う

クレンジングでしっかりとメイクを落とすためには、乳化が重要になります。水と油をしっかりと混ぜることで、落とし残しなく洗い上げることができます。顔全体にクレンジングを塗ったら、手のひらにぬるま湯をつけて、顔全体になじませていきます。

クレンジングの色が白くなったら、乳化ができている証拠です。必ず乳化をさせてから洗い流すようにしましょう。


■ぬるま湯でシャワーを直接当てない

クレンジングを流す時は、ぬるま湯で洗い流します。32度~35度くらいの冷たいかな?と感じる温度にしましょう。さらにシャワーを顔に直接当てると、肌に刺激になるので、必ず手ですくったぬるま湯で洗うようにしましょう。

おすすめのメイク落とし【1】FANCL(ファンケル) マイルドクレンジングオイル

FANCLのマイルドクレンジングオイルは、落ちにくいメイクも素早く浮かせてオフすることができます。潤いを守って洗い上げ、乾燥による小ジワを目立ちにくくします。

FANCL マイルドクレンジングオイル

¥1,836

販売サイトをチェック

おすすめのメイク落とし【2】無印良品(むじるしりょうひん) マイルドジェルクレンジング

無印良品のマイルドジェルクレンジングは、肌に素早くなじみすっきりとメイクを落とします。潤い成分のあんず果汁と桃の葉エキスで、保湿しながらクレンジングができます。

無印良品 マイルドジェルクレンジング

¥750

販売サイトをチェック

おすすめのメイク落とし【3】ビフェスタ クレンジングローション

ビフェスタのクレンジングローションは、ふき取りタイプのクレンジングです。化粧水成分で作られているので、これ1本で化粧水まで完了させることができます。

ビフェスタ クレンジングローション

¥609

販売サイトをチェック

おすすめのメイク落とし【4】パラドゥ スキンケアクレンジング

パラドゥのスキンケアクレンジングは、ミルクなのに高いクレンジング力が特徴です。美容成分89%配合で、長時間潤いをキープしながら洗い上げます。

パラドゥ スキンケアクレンジング

おすすめのメイク落とし【5】ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれのウォッシャブルコールドクリームは、メイク落としとマッサージの両方に使えるクレンジングクリームです。メイクとのなじみが良く、落ちにくい汚れをしっかりと落とします。

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

¥702

販売サイトをチェック

おすすめのメイク落とし【6】カウブランド 無添加メイク落としミルク

カウブランドの無添加メイク落としミルクは、デリケートな肌を考えた無添加低刺激処方が特徴です。セラミド配合で、デリケートな肌を保湿しながらメイクを落とします。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

¥503

販売サイトをチェック

おすすめのメイク落とし【7】ズボラボ 夜用ふき取り乳液シート

ズボラボの夜用ふき取り乳液シートは、これ1本でメイク落としから乳液まで叶うシートです。ウォータープルーフのメイクや毛穴汚れをすっきりさせて、潤いのある肌に仕上げます。

ズボラボ 夜用ふき取り乳液シート

¥972

販売サイトをチェック

メイク落としについてご紹介しました。メイク落としには色々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがありました。自分に合ったタイプのメイク落としを見つけて、肌に負担を掛けずにケアをするようにしてみましょう。