BEAUTY

眉毛を抜く方法とは?メリットやデメリット、おすすめ毛抜きを紹介

眉毛を抜きたいと思っても、実際にどこを抜くのが正解なのかわからないですよね。眉毛を抜きすぎると、生えてこなくなるとも言われています。眉毛を抜く場合、どこを抜いたらいいのかについて、しっかりと覚えておいた方が後々ためになります。眉毛を抜くメリットやデメリット、眉毛の正しい整え方やおすすめの毛抜きなど、ご紹介します。

眉毛を抜くメリットは?

美しい形の眉毛

眉毛を抜いて整えるメリットは、生えてくるのが遅くなるということです。眉毛を整える方法として、カミソリで剃ったり、眉ばさみで切ったりする方法があります。

カミソリや眉ばさみは、手軽に眉毛を整えることができますが、生えてくるスピードがとても速いので、頻繁にお手入れしなくてはいけなくなります。

それに比べて毛抜きで眉毛を抜くことは、根元から引っこ抜くことができるので、伸びるまでの時間が遅くなります。

眉毛を抜くと見栄えもよく、眉の形をしっかりと表現することができます。

眉毛を抜くデメリット

 

kobako.kaiさん(@kobako_official)がシェアした投稿 -

眉毛を抜くデメリットは、生えてこなくなる可能性が高いということです。眉毛を昔抜きすぎて、全く生えてこないという人も出てくるほどです。眉毛が気になって、何度も何度も抜いてしまうと、将来生えてこなくなる危険性があるので、注意しましょう。

また、眉毛を抜くと少なからず痛みを伴います。上手に抜くことができなければ、1本1本抜くたびに涙目になるほど痛いです。

痛みに弱い人は、なるべく眉毛は抜かない方がいいかもしれません。

眉毛を抜くポイント

 

眉毛を抜くポイントとしては、眉の下側だけを抜くようにするということです。上側を抜くと、将来生えてこなくなった時に困る場所なので、下側だけを抜くようにしましょう。

眉毛を抜くときは、眉毛が生えている方向と同じ方向へと抜くと、痛みを感じにくくなります。綺麗な形を作るポイントは、産毛もしっかりと抜くということです。

皮膚を少し引っ張ると、毛が見えやすくなるので、しっかりと毛抜きで捉えて抜くようにしましょう。

正しい眉毛の整え方

サロンでの眉毛ケア

正しい眉毛の整え方は、あらかじめ理想の眉毛を描いてから行うと、綺麗に整えることができます。

■理想の眉毛の位置
理想の眉毛の形は、眉頭は小鼻の真上、眉山は黒目の外側から目尻の間、眉尻は目尻の延長線上です。眉山の位置は、アーチ、ストレートなど、自分の理想の形に合わせた位置に作ってみましょう。

■いらない部分の処理
眉毛の形が決まったら、いらない部分を処理していきます。眉下のいらない部分は、毛抜きで抜いて処理をしていきましょう。眉毛の上側は、ハサミやカミソリで整えていきましょう。

■眉毛が濃い場合
元の眉毛が濃い場合は、ハサミでちょうどいい長さに整えていきます。指で眉毛を押さえ、出てきた部分をハサミでカットすると、ちょうどいい濃さになります。

正しい眉毛の描き方

眉毛のデザインを決めている人

しっかりと眉毛を整えることができたら、美しい眉毛を作るための描き方をご紹介します。アイブロウに使うメイク道具は、アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、眉マスカラです。

元から眉の色が濃い人は、ペンシルは使わずにパウダーだけで仕上げるとバランスを取ることができます。眉毛が薄い人はペンシルとパウダーを両方使っていきましょう。

【1】眉の下のラインから整えていきます。眉頭部分から眉尻までのラインをペンシルかパウダーで描いていきましょう。

【2】眉の上のラインを描いていきます。眉頭から眉山までバランスを見ながら描いていきます。そして眉山から眉尻まで形を整えていきましょう。眉が薄い人はペンシルで形を作って、中をパウダーで埋めるようにすると綺麗になります。

【3】眉の元の色とアイブロウのカラーが違和感がある場合は、眉マスカラを使ってなじませていきましょう。眉マスカラは、眉尻側から眉頭側に向かってとかしていきます。その後眉頭から眉尻へととかして、眉毛を整えていきましょう。

眉毛を抜くおすすめアイテム【1】資生堂 毛抜き

資生堂の毛抜きは、抜きにくい産毛や埋もれ毛もしっかりとキャッチできます。どんな毛の太さや長さにも対応していて、初心者でも簡単に眉毛を抜くことができます。

資生堂 アイブローニッパーズ

¥1,404

販売サイトをチェック

眉毛を抜くおすすめアイテム【2】FANC(ファンケル) ツィザー

FANCLのツィザーは、弱い力でも使いやすい毛抜きです。力を入れてもかみ合わせが悪くならない形状で、目元に負担がかからないように刃先を丸くして作られています。

FANCL ツィザー

¥864

販売サイトをチェック

眉毛を抜くおすすめアイテム【3】アテニア ツィザー

アテニアのツィザーは、独特な形が特徴の毛抜きです。先端部が細くなっているので、短い毛や細い毛を逃がさずにしっかりとキャッチできる使いやすい構造になっています。

アテニア ツィザー

¥864

販売サイトをチェック

眉毛を抜く方法やおすすめアイテムについてご紹介しました。眉毛を抜くと、一気に垢抜けた印象になりますよね。顔の印象を変えるために欠かせない、眉毛を整えることでいつもと違った雰囲気に仕上げることもできますよ。ぜひ眉毛処理と眉メイクを試してみてくださいね。