LIFESTYLE

大きすぎるのも悩み、なんて言えない…バストダウンの方法

「バストが大きすぎることが悩みだなんて、口が裂けても友達に言えない」と悩んでいる女子の皆さん!家でできるバストダウンの方法にトライしてみませんか?
すぐにバストダウンすることは難しくても、日々の努力の積み重ねで自分のなりたいサイズへダウンさせることができるかもしれませんよ♪

バストが大きいのも苦労がたくさんある!

「大きすぎるのが悩み」なんて、言ったら嫌味に感じてしまう女子の方が多いので、なかなか言えない悩みですよね。

バストが大きすぎると、胸元ばかりが目立ってしまい運動をするときの揺れが嫌になりますよね。それだけでなく、太って見えたり、可愛いブラジャーが買えなかったり、肩がすぐ凝ったり、重みで垂れてしまうなど、大きいバストは大きいなりに苦労がたくさんあるのです。

友達や家族に分かってもらえないのであれば、自分でコツコツとバストダウン効果が期待できる方法をトライしていくしかありません!
すぐに効果を得ることは難しくても、これ以上の成長をストップさせ、少しずつダウンさせていくことはできるかもしれないので、悩んでいる女子の皆さんは必見ですよ。

バストダウンする方法①小さく見せる服装や下着を選ぶ

これからご紹介するバストダウン方法と合わせて取り入れたいのは、胸を小さく見せる服装や下着を身につけることです。これならすぐに胸を小さく見せることができますし、毎日取り入れやすいですよね。

服装選びのポイントとしては、胸元が強調されるVネックや締め付けのあるワンピースなどは避け、黒やネイビーなど暗めの色で細く見せることです。もしくは、帽子やバッグなどの小物類で目を引くことも効果的ですよ♪

下着のポイントとしては、さらしを巻くことが効果的です。男装をやるコスプレイヤーさんなどは、さらしを巻いて胸を平らにしていることが多いそう。
締め付けが苦手な女子さんは、「胸を小さく見せるブラジャー」も販売されているので、チェックしてみてください。

バストダウンする方法②バストアップ効果のある食材を避ける

バストアップに効果的な食べ物と言えば、納豆や豆乳など大豆が人気ですよね。
それにはちゃんと理由があって、大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きがあるからなんです。

ヘルシーでダイエットにも向いているのですが、バストダウンをしたいなら少し控えたほうがいいかもしれませんね。

反対に女性ホルモンを抑制してくれる食材は、ブロッコリーです。ブロッコリーには「インドール3ルビノール」という成分が含まれており、この成分には女性ホルモンを抑制する働きがあるんですよ♪

バランスのいい食生活が大切ですが、大豆製品を減らして、ブロッコリーやカリフラワーを食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

バストダウンする方法③全身運動で脂肪を減らす

大豆製品を無理に減らさなくても、運動でバストダウンすることが期待できます。胸は脂肪の塊ですから、脂肪を燃焼しやすい運動を取り入れてみましょう。

一番効果的なのは、「有酸素運動」です。ジョギングやウォーキング、エアロビクス、水泳などが有酸素運動にあたります。

全身を動かして代謝をアップさせることができるので、脂肪が燃焼されやすくなり、バストだけでなく全身のシェイプアップにも繋がってバランスのいいスタイルを目指すことができますよ♪

しかし、腕立て伏せなどの大胸筋を鍛えてしまう運動や筋トレは注意です。筋肉がつくことで、胸を支える力がつくので、大胸筋を鍛えることでバストアップに繋がるといわれています。
また、水泳は泳ぎ方によって大胸筋を鍛えることになるので、ゆっくりとしたクロールをするといいでしょう。

バストダウンする方法④バストダウンマッサージをする

運動が苦手なら、バストダウンに効果的なマッサージをすることもおすすめです。

やり方は簡単で、胸の下に手を添えたらポンポンと上に跳ね上げるようにリズムよく揺らすだけです。1秒間に5回を6秒ほど続けたら、次は両手で両胸をサイドから挟むようにして、リズムよく動かしてみましょう。

脂肪が燃焼されやすい入浴中や、お風呂上りがおすすめです。
ただし揺らしてマッサージをする分、垂れやすくなってしまう可能性があるので、スポーツブラをつけた状態で行うなどしてみてください。

バストダウンする方法⑤脂肪燃焼クリームを使う

もっと手軽にバストダウンを目指したいなら、部分痩せする脂肪燃焼クリームを使うこともひとつの方法です。マッサージをするようにクリームをなじませるだけで、バストの脂肪燃焼効果が期待できるんですよ♪

「なぜこれだけでバストダウンできるの?」と不思議に思いますが、脂肪燃焼クリームには肥大化してしまった脂肪幹細胞を小さくさせる効果があるので、結果的に胸を小さくさせることができるといわれているんです。

しかし、維持費がかかりますので、自分のお財布と相談しながら決めることがおすすめですよ。


バストダウンする方法をご紹介しました。「自分でもこれならできそう」と思える方法は見つかりましたか?
理想的な方法としては、運動とともに他のバストダウン方法を組み合わせることです。
自分のなりたいバストサイズを目指して、頑張っていきましょう♪