BEAUTY

ハーフ顔になりたい!ハーフメイクのポイント

彫りが深くて、目力のあるハーフ顔は、日本人顔とは対照的で憧れますよね。
ハーフ顔になりたいと思いつつも、骨格が違うからと諦めていませんか?
実は、メイクのポイントをおさえることで、誰でもハーフ顔に近づくことはできます。

ハーフ顔になりたいならメイクで近づこう!

ローラさんや、マギーさん、ダレノガレ明美さんなど、多くのハーフモデルさんたちが活躍してる今、やっぱり一度はハーフ顔に憧れますよね。
スッと通った鼻筋や、くっきりとした幅広の二重、全体的に深い彫りが特徴のハーフ顔ですが、日本人の顔は全くと言っていいほど対照的。

この違いに悲しくなるときもありますが、ハーフ顔になるメイクポイントを実践するだけで、平面的な日本人顔もハーフ顔に近づくことができます。

そこで今回は、パーツ別に分けてハーフ顔に近づくためのメイクポイントをご紹介いたします。
近づきたい憧れのハーフ顔をイメージしながら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ハーフメイクのポイント①ベースメイク編

ハーフ顔に近づくためのメイクポイントとして、透明感のあるベース作りが必須です。
化粧下地やファンデーションは薄付きを心がけ、ニキビなどのカバーしたい部分がある場合は、ピンポイントでコンシーラーを重ねてカバーしましょう。

そして、彫りの深さを出すために、シェーディングとハイライトで小顔かつ立体感のある顔にしていきます。
まずシェーディングを入れる場所は、鼻筋の脇、頬骨の下、フェイスライン、髪の生え際です。
使ったファンデーションよりも2トーン暗いシェーディングを選び、境目をぼかしながら馴染ませていくことがポイント。

ハイライトを入れる場所は、Tゾーン、Cゾーン、あご先です。
高くなっている部分にのせることで、立体感が協調されます。
ただし、小鼻までハイライトを入れてしまうと、テカって見えてしまうので、小鼻の手前で止めましょう。

ハーフメイクのポイント②目元編

ハーフ顔に近づくためには、ベースメイクとともに目元のメイクも重要です。
特に、眉はハーフ顔の雰囲気を出しやすいパーツなので、丁寧に仕上げていきましょう。

ハーフ顔の眉は、目との幅が狭いので、アイブロウペンシルで眉と目の感覚が狭くなるように描いてみてください。
眉はやや太いくらいがちょうどいいですよ♪
そして、アイブロウパウダーを使ってぼかしながら、ふわっと仕上げていくことがポイントです。

アイシャドウは、馴染みがよく、ナチュラルな陰影を演出しやすいブラウンのアイシャドウを使います。
ハイライトカラーでアイホールのくすみを飛ばしたら、ミディアムカラーのブラウンシャドウを二重幅よりやや広めに重ねましょう。
最後にディープからーのブラウンシャドウを目のキワに入れ、自然なグラデーションを作ってみてください。
アイラインは、ブラウンをチョイスし、まつげの隙間を埋めながら細いラインを入れるといいしょう。

ハーフメイクのポイント③チーク編

ハーフ顔に近づくためのチークは、ナチュラルでヘルシーさを感じさせる血色感を出すことがポイント。
コーラル系やオレンジ系、ベージュ系が好ましいです。

チークの入れる位置は、微笑んだときに頬骨が一番高くなったところから、こめかみに向かって斜め横に入れてみましょう。
黒目より内側から入れると幼い印象になるので、黒目より外側から入れるといいですよ!

そして、チークが濃くならないように、パウダータイプのチークをブラシにとったら手の甲や、ティッシュの上で量を調節してみてください。
チークを使っているのかわからないくらいの濃さがベストです。

ハーフメイクのポイント④リップ編

女性らしさをアップさせる唇は、ボリューム感を出せるリップを選んでみてください。
ハーフの皆さんは、ぷっくりとした魅力的な唇の女性が多いですよね♪

もともと薄い唇であれば、リップライナーを使って唇の輪郭をややはみ出して描くといいですよ!
丁寧に中を塗りつぶしていけば、違和感なくボリュームのある唇に仕上げることができます。

そして、チークの色と統一させることもポイントです。
統一感が出て、よりナチュラルなハーフ顔メイクを目指せます。


ハーフ顔に近づくためのメイクポイントをご紹介させていただきました。
メイクのテクニックに加えて、カラコンを使ってみたり、ヘアスタイルを意識することで、さらにハーフ顔へと近づけることができます。
憧れのハーフ顔を目指して、ぜひいつもと違う自分を楽しんでみてください♪