BEAUTY

ニキビができた時のメイクは?ポイントや選び方をご紹介

ニキビがある時のメイクって、どうしていますか?ニキビの上にコンシーラーを乗せて隠している人は、多いのではないでしょうか?実はその行為がニキビを悪化させている可能性がありますよ。ニキビができている時のメイクのポイントや選び方、実際のメイクのやり方についてご紹介します。

ニキビがあるメイクのポイント

リボンとコスメ

ニキビがある肌にメイクをする場合は、ニキビが悪化しない方法を考えなくてはいけません。ニキビというのは、一種の傷跡と同じです。炎症を起こしているような赤ニキビの場合は、尚更傷跡と同じで、触れると治りが遅くなります。

ニキビを安易に考えて化粧をしてしまうと、ニキビが悪化してニキビ跡になりやすくなります。できれば治るまでメイクをしないのが1番なのですが、そうもいかない場合もありますよね。

そういった場合は、しっかりと保湿を心がけていきましょう。ニキビは乾燥することで悪化しやすくなるので、ニキビが悪化するのを防ぐためにも、常に保湿は意識してスキンケアを行いましょう。

また、ニキビの悪化を防ぐためにも、メイク道具は清潔な状態のものを使用しましょう。1度も洗ったことがないブラシやスポンジには、たくさんの雑菌が繁殖している可能性があります。

不衛生なメイク道具でニキビができている肌にメイクすると、悪化しやすくなってしまいます。必ず清潔な状態で、メイクをするようにしましょう。

ニキビがある肌のコスメの選び方

色々なベースメイク用品

ニキビができている肌には、化粧品の選び方もとても重要になってきます。ニキビを悪化させないためには、ニキビのもとになりにくい処方の化粧品を選ぶことをおすすめします。

化粧品の中には、『ノンコメドジェニック』と表記されているものがあります。コメドとはニキビのもとになるものです。化粧品が毛穴に詰まりにくく作られているので、ニキビを悪化させたり、新たなニキビを作りにくくするアイテムです。

ニキビを悪化させる油分が多い化粧品にも注意が必要です。ファンデーションは油分が多い物は避けた方が良いでしょう。油分を多く含むファンデーションやコンシーラーは、ニキビを悪化させる可能性があるので、できれば避けた方が良いでしょう。

また、ウォータープルーフや崩れにくい化粧品を使用することは、肌への負担になりやすいです。ニキビができている時や、ニキビができやすい肌の人は、必要最低限にするようにしましょう。

ニキビがある肌のメイク【1】化粧下地

色々なカラーのベースメイク

ニキビができている時の化粧下地は、なるべく油分の少ないものを選ぶようにしましょう。テクスチャーが軽めのものをおすすめします。化粧下地はファンデーションの密着を良くするために使用します。

ニキビができて肌に赤みが出ているという場合は、コントロールカラーを使用するようにしましょう。ニキビの赤みを消すためには、緑のコントロールカラーがおすすめです。赤みが気になる部分にコントロールカラーを乗せることで、コンシーラーで隠さなくても目立ちにくくしてくれます。

またニキビができている場合は、紫外線カットは必須です。紫外線がニキビに当たると、悪化しやすくなったり、色素沈着が起きてしまう可能性があります。ニキビができている場合でも、日焼け止め効果のあるものを使用するようにしましょう。

ニキビがある肌のメイク【2】ファンデーション

パウダー系のコスメ

ニキビがある肌には、なるべく油分の少ないファンデーションを使うことをおすすめします。油分の少ないファンデーションというのは、パウダーファンデーションのことです。

リキッドファンデーションは肌にしっかりと密着しますが、油分が多いのでニキビが悪化してしまう危険性があります。ニキビができている場合は、ニキビの場所を避けて塗るか、パウダーファンデーションを使用するようにしましょう。

パウダーファンデーションは乾燥を感じやすいというデメリットもあるので、日中用ミストを使って、頻繁に乾燥対策をすることもおすすめします。

肌をサラサラに仕上げることで、肌への密着度も上げることができるので、肌に均一に塗布していきましょう。

ニキビがある部分に乗せる時は、優しく刺激にならないように乗せていきましょう。

ニキビがある肌のメイク【3】コンシーラー

色々な種類のコンシーラー

ファンデーションやコントロールカラーで隠しきれないニキビは、コンシーラーを使って隠す必要があります。しかし、普段使用しているコンシーラーは油分が多く、ニキビのもとになりやすいです。

そういった場合におすすめなのが、薬用コンシーラーです。コンシーラーはコンシーラーでも、ニキビケアにおすすめの薬用コンシーラーというものがあります。

ニキビに優しい処方で、赤みなどを隠してくれるだけでなく、炎症を抑えたり菌から守ってくれたりと、ニキビを悪化させないためにしっかりと配慮されています。

ニキビを隠したい部分は、極力薬用コンシーラーを使うようにしましょう。


ニキビができている時のメイクについてご紹介しました。ニキビで悩んでいる時に、メイクをするのを躊躇してしまっていたという方も、正しいやり方を覚えれば心配いりませんよ。ぜひ、ニキビで悩んでいる時でも、メイクを楽しんでくださいね。

関連記事▶︎想いニキビ?振られニキビ?ニキビの場所で「ニキビ占い」しましょ!