SCHOOL

将来マッサージの資格を取りたい人は必見!その種類と取得方法を解説

マッサージは普段の疲れを癒したり、美容効果もあることから多くの人が利用した経験があるのではないでしょうか。また自分でできる簡単なマッサージを普段から自分でしている、という女子も多いと思います。さらに近年は、マッサージの施術を受けるだけではなく、将来学校に通いマッサージの資格を取ってみたい・マッサージの仕事がしたい!という女子も増えています。

学校に通う余裕はないけれども、現在の仕事をしながらユーキャンなどの通信教育で勉強して将来的にマッサージの資格を取りたい、という人もいるのではないでしょうか。ここでは医療系のマッサージやアロママッサージなど数々あるマッサージの種類と、その国家資格を含めた資格をとるための方法についても触れていきます。

将来の自分の選択肢の一つとして情報を得たいという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

マッサージの資格について。具体的にはどんな種類があるの?

エステティシャン

マッサージの資格は大きく分けて、民間資格と国家資格に分類されます。国家資格に関しては、専門学校などの専門のスクールの必要な知識と実技を身につける必要があります。マッサージは資格もさまざまで、その取得方法や勉強内容も異なっています。以下にマッサージに関係する資格の主なものをご紹介していきます。

■鍼灸師(はり・きゅう師):国家資格の針灸師は、針やお灸などを使って人間が本来持っている治癒機能を回復させるための施術のことです。体の外からの刺激を与えることで体の内側から原因の負傷や痛みなどを取り除いて回復させる目的で行われます。

この資格を取得すると治療院や鍼灸接骨院などの医療機関だけでなく、エステサロンやスポーツトレーナーなどとしても働くことができます。また、自営でお店を開くことも可能です。主な就職先は治療院や福祉施設、病院などの医療機関などです。


■あん摩マッサージ指圧師:こちらも国家資格が必要な資格です。あん摩マッサージ指圧師の資格取得のためには、大変厳しい試験に合格する必要があります。しかし、あん摩マッサージ指圧の施術は健康保険を適用して治療を受けられるため、自営などでお店を開く際には他のマッサージと比較して、事業展開に可能性が高いと言えます。


■整体ボディケアセラピスト:民間資格の分類になります。首や肩のこり、腰痛など日常生活やスポーツなどで生じた体の痛みや不調を改善する施術を行います。また姿勢を良くするためのや体質改善のための体作りの手助けなどにもなる施術です。

資格の活かし方は、整体治療院やサロンなどの治療院や、セラピストとしてサロンなどへ勤務するなどが挙げられます。


■リンパドレナージュ・セラピスト:こちらも民間の資格のマッサージとなります。主に医療の現場で行うリンパの施術の専門的な実技と知識を証明する資格です。分類上では民間資格に入りますが、受験資格が「医師や看護師・理学療法士などの国家資格を持っている人」という条件がある資格試験です。

また、試験内容も実際の能力を証明する内容になっているために、ハードルが高めの資格と言えます。就職先は医療機関や専門のサロンなどや、自営でリンパ施術のサロンを開業するなどが挙げられます。

マッサージの資格を取るための方法①:専門の学校に通い資格取得を目指す

マッサージを施術する風景1

鍼灸師(はり・きゅう師)などのような国家資格試験を受験して取る必要のある資格をとるためには、専門学校などの専門の学校や養成機関に通い勉強する方法があります。学校に通って実技や専門知識を勉強するには、短い期間では不可能です。平均して3~4年ほどかけて勉強と資格取得の準備をすることになります。

また専門学校で学ぶ以外の方法は、資格を取得するために必要な知識を学べ、且つ国家試験の受験が可能な大学に進学する方法などもあります。どの方法にしても、最終的には国家試験に合格して初めて資格を取得できるのです。

マッサージの資格を取るための方法②:通信教育で資格取得を目指す

マッサージを施術する風景2

一方、専門の学校に行かずに自分で通信教育などを受講して、資格を取得する方法もあります。例えば、民間のマッサージの資格は民間の協会や団体が実施している資格試験に合格することで、各マッサージの資格が取れるのです。

一番一般的な方法は通信教育です。ユーキャンなど、民間の通信拠育の会社が行っている講座を受講して、その後資格試験にチェレンジする方法です。通信教育の場合は、勉強にかける時間が通学のよりも短く、比較的資格が取得しやすいと言えるでしょう。また、資格取得後はに店をオープンさせたり、就職先としてサロンなどに勤務しながら経験を積む人もたくさんいます。経験を積んだ後に自分でお店を開く人もいます。

マッサージの資格を取るための方法③:外国で資格取得を目指す

マッサージを施術する風景3

マッサージの資格を取得する方法には、その他に海外で資格を取得するという方法があります。その代表的なマッサージの資格がカイロプラティックです。日本でもカイロプラティックの資格を取得することができますが、民間の資格です。一方外国のカイロプラティックは国によっては、その国の国家資格に該当しているのです。

そのため、日本でカイロプラティックの勉強をして、実務経験もある人が海外で働くために
その国の国家資格のカイロプラティックの勉強をする、というケースもあります。日本で一度資格を取得している必要がありますが、外国で専門的な仕事をしたいと思うならば有利な資格と言えるでしょう。


今回は日本で取得できるマッサージの資格の種類と、その技術と知識をどうやって身に付けるか・資格取得のためにはどのように勉強する方法があるのか、などについて解説してきました。マッサージと一言で言っても、その種類が豊富で国家資格が必要なマッサージから民間団体の資格でできるマッサージ、アロマなどヒーリングを主な目的としているマッサージなど、ぞれぞれのマッサージに違いがあります。

大事なことは、まずは自分がどの種類のマッサージの専門家になりたいのかを決定し、その後に資格取得するための方法をじっくりとリサーチすることです。さらに仕事としてマッサージの仕事をしたいなら、実際の技術はどのようにして身に付けるのかについても計画していきましょう。