SPECIAL

大倉士門さんに聞いた!超十代メディアインタビュー♪

大盛況で幕を閉じた超十代2018。
超十代メディアが大倉士門さんにインタビューをさせて頂きました!
超十代は皆勤賞の士門さん。プライベートなことやお仕事の話などたくさんお話してくれました!

■好きなファッションは?

黒い服。家のクローゼットを開けてみても黒い服しかない!
スニーカーは履かないですね。ブーツとかが多い。

好きなブランドは「LAD MUSICIAN(ラッドミュージシャン)」と「STUDIOUS(ステュディオス)」です!

■最近のお気に入りのファッションは?

小さいクラッチバッグを持つことにハマってます。
小さいから無くしがちなんですけど(笑)

セカンドバッグをいかにおしゃれに持つかっていう部分にこだわってます!

■憧れの人は?

あんまりいないんですけど、、、
ウエンツ瑛士さんみたいになりたいなって思います!

MCとかもやっていて、ゲストとして出ている番組などでも圧倒的な存在感がある。
場面によってトークの質などを変えている所とかが凄いです。

モデルから次のステップに進むときにそこを目指したいなと思ってます。

■これをすると気合が入るということは?

洋楽を聴くこと。イベント前とかはやっぱり好きな音楽を聴くとテンション上がる!
海外によく行くので、そこで耳にした音楽とかも聴いてます。
洋楽を聴くと自分の視野とか世界が広がるような気がする。

最近はカミラカベロさんの「Bad Things(バッドシングス)」をよく聴いてます。

■10代のうちにしておいたほうがいいことは?

お金と時間を惜しむな!
時間は作るべきだと思います。

今しかできないことをやったほうがいい!

休みがあれば海外に行ったり、友達と遊んだりするので。
自分の経験になることをした方がいいですね。

■異性の好きなタイプは?

清楚な子。
見た目がというよりは、中身が。
ピュアな子が好きです。

■異性の好きなファッションは?

昔はあったんですけど…今はあんまりない(笑)
でもスカートとかショートパンツとかって男子は履けないじゃないですか。
そういう女子ならではの服装とかは好きですね。

■何フェチ?

「二の腕」
これは男女関係なくなんですけど、友達とか後輩とか二の腕を掴んで歩いちゃうんです。
小さいころに母親の二の腕を掴んで歩いていて。
その名残みたいな。癖になってます。

■100万円あったらなにに使う?

アルダブラゾウガメを買う!

アルダブラゾウガメは130年くらい生きるんです。
だからこのカメを飼って、自分の子供からその子供へ…みたいに代々受け継いでいきたい(笑)

■自分はどんな性格だと思う?

面白い人。

自分みたいな人と絶対友達になりたいです!
絶対一緒にいて楽しいって思わせられるので(笑)

■自分の長所と短所は?

長所は、誰とでも仲良くなれる所。あと面白い所。

短所は、ちょっと潔癖がち。
あとは人と一緒にいることが好きすぎて寂しがり屋な所ですね。
常に誰かと一緒にいたい!

■好きな言葉は?

「ほんまありがとう」

感謝の言葉を伝えることって大事。
ほんまありがとうだと普通に「ありがとう」っていうよりも伝わる気がする。

■休みの日はなにしてる?

旅行に行きます。
海外もだし、国内も!

この前は1日半で沖縄行ってきました(笑)
今年に入って海外は6か国行きましたね。

■特技は?

人と話すことです!

あとはさっきも旅行に行く話をしたんですけど、行動力ですかね。
ここに行きたい!って思ったら行く、そのくらいフットワークが軽い!

今日もこのまま北海道来て!とか言われたら行けちゃいますね(笑)

■幸せを感じる瞬間は?

友達に囲まれてるとき。
やっぱり寂しがり屋なので。
さっきも楽屋にいるときに皆でゲームしてたりしたんですけど、誰かと一緒に面白い話をして笑い合ったりとかが幸せです。

■もし生まれ変わるとしたらなにになりたい?

変わらず自分になりたい!
自分の人生がほんとに楽しくて!

嫌なこととかもあるけど、それ以上に楽しいことが多い!
だから生まれ変わっても自分になりたいです。

■座右の銘は?

「出会いは一瞬。出会いは一生。」
周りの人との出会いを思い返してみると、本当に一瞬の出会いで。
その一瞬の出会いが、この先一生続いていくんだろうなって思うんです。
だからどんな出会いでも大切にしていきたいです。

「死ぬこと以外はかすり傷」
これを思ってたらどんなに辛いことがあっても、死んでないだけましだ!って思える。
だから辛いことも乗り切れます!

■これから挑戦してみたいことは?

寂しがり屋を直すこと!!
常に友達といたいと思ってしまうから…25歳になって一人でなにかをすることも大切だなって思うので。

■最後に十年後の自分にメッセージを!

10年後は35歳か…(笑)

いつまでも自分の長所である子供心と遊び心は忘れたらあかん!
35歳の人生楽しんでる?
楽しい人生を歩んでいて下さい!


常に笑顔でインタビューに応えてくれた士門さん。
人との出会いをとても大切にしていることがお話していて伝わりました。
寂しがり屋を直したいとおっしゃっていましたが、その寂しがり屋があるからこそ士門さんの周りには常に人がいて、楽しく明るい雰囲気なのだと感じました。
インタビュー中もとっても楽しかったです♪
ステージでも会場を盛り上げて頂きありがとうございます!

これからも超十代を宜しくお願い致します♡