LOVE

半年記念日のプレゼントはどう選ぶ?選び方やおすすめアイテムをご紹介!

恋人同士にとって、交際を始めた日は大切な記念日です。交際を始めてから半年や1年など、ある程度の期間を過ぎたタイミングを1つの節目として、お祝いをするカップルも少なくありません。

そこで、交際を始めて半年経ったときに訪れる「半年記念日」には、どのようなプレゼントを相手に贈れば喜ばれるのかをご紹介します。

半年記念日を迎えるカップルの特徴

仲の良いカップル

そもそも半年記念日は交際が始まって6か月が経過したことを2人でお祝いする日です。交際が続けば、1年記念日、1年半記念日と、次々に記念日を迎えることになるでしょう。

どの記念日まで続けてお祝いするのかは、カップルによって異なりますが、半年記念日を迎えたカップルは初々しさが残る関係であるといえます。

これからさらにお互いの愛情を深めていきたいと考える時期なので、そのきっかけになるようなプレゼントを送るようにしましょう。

半年記念日のプレゼントは予算に注意

財布からお金を出す女性

半年記念日に何をプレゼントとして贈ろうかと考えるときに、注意したいのは予算です。

交際を続けていれば、交際が始まってから迎える節目の記念日以外にも、誕生日やクリスマスなどいろいろなイベントを一緒に過ごすことになるでしょう。

仮に半年記念日に奮発して高額のプレゼントを贈ってしまうと、誕生日やクリスマスなど大きなイベントのときにはさらにハードルが上がります。

記念日やイベントを迎えるたびにハードルを上げることになれば、お金がかかり過ぎて関係が上手くいかなくなる可能性もあるのです。

そのため、まだ交際を始めて半年という半年記念日には、それほど気合いを入れ過ぎないことが大切です。

ある程度、予算を抑えた中で、相手が喜ぶプレゼントは何なのか考えて行くようにしましょう。

半年記念日のプレゼントはおそろいのデイリーアイテムを!

おそろいのマグカップ

すべてのカップルが半年記念日をお祝いするわけではありませんし、交際して半年経つタイミングがいつなのか理解していない場合もあるでしょう。しかし、半年記念日がいつだとわかっている相手なら、記念日やイベントをとても大切にする性格であると考えられます。

そこで、毎日が記念日だと感じてもらえるように、誕生日やクリスマスなどの大きなイベントには贈らないデイリーアイテムをプレゼントしてみてはいかがでしょう。毎日使えるアイテムなら、手に取るたびに想いを感じてもらえるかもしれません。

交際を始めて半年くらい経てば、お互いの知らなかった部分などを理解し合えているはずです。気持ちが通い始めた時期であるからこそ、お揃いアイテムで一気に愛を深めてみてはいかがでしょう。

2人の仲が深まるペアグッズの定番としてペアリングやネックレスなどが挙げられますが、男性によってはアクセサリーを付けるのは苦手という場合もあります。そのため、シンプルでユニセックスなキーケースやタオルなどがおすすめです。

マグカップなどであれば、使うたびに交際相手を感じることができるでしょう。また、男性用と女性用のある香水などもおすすめです。

交際を始めて半年の思い出を形に残してみては?

写真をとるカップル

少し変わったプレゼントのほうがよいなら、思い出を形にしたメッセージギフトなども半年記念日にぴったりの贈り物として使えます。

2人が写ったお気に入りの写真を、オシャレにスタイリッシュに飾ることができる写真立てに飾り、メッセージを添えて贈れば一生の思い出になります。

お互いに部屋に飾っておけば、写真を眺めるたびに交際相手を感じることができるでしょう。

また、デジタルフォトフレームなどもデザインも豊富にありますし、高画質の写真をいつでも眺めることができるのでおすすめです。

半年記念日を一生の思い出にするために

楽しく散歩するカップル

一緒に使うことができるお揃いのアイテムや、離れていてもお互いを感じることができるアイテムは、これからも末長くお付き合いしていきたいという気持ちを伝えることができるはずです。

その中で、サプライズ演出などで一工夫加えるとさらに半年記念日を楽しく過ごすことができるでしょう。同じプレゼントをもらう場合でも、演出があるのとないのでは印象ががらりと変わる可能性があります。

夜景がキレイに見える場所や、景色がよい場所などでプレゼントを渡しましょう。予算に余裕があれば、いつもよりは少し背伸びしたレストランなどを予約してもよいですが、無理をし過ぎてしまうとその後の記念日やイベントが苦しくなってきます。

あくまでもメインはプレゼントと考え、一緒に楽しい時間が過ごせる思い出に残る場所を選ぶようにしてください。


交際を始めて迎える半年記念日や1年記念日。関係がずっと続けば記念日の数も増えていきます。それに加えて誕生日やクリスマスなど、一緒に思い出を作ることができるイベントはいろいろです。しかし、お互いに無理をしてしまうと、記念日やイベントが段々と苦痛になってしまう可能性があります。

本来は一緒にいることをお祝いする目的なので、お金をかけ過ぎることなく、楽しく過ごせる日にしていきましょう。