BEAUTY

コントロールカラーで理想の肌に!カラーの選び方とおすすめアイテムを徹底解説

みなさんは、ベースメイクでコントロールカラーを使用したことがありますか?コントロールカラーは、ベースメイクにひと手間を加え、ワンランクアップの仕上がりを叶えてくれるコスメです。この記事では、コントロールカラーの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

コントロールカラーの色はどう選ぶ?

コントロールカラー 選び方

コントロールカラーは、色の展開がたくさんあります。初めて使う場合、しっかり自分の肌にあったコントロールカラーを選ぶことが大切です。
まずは、各カラーの特徴を見て、自分のなりたい肌を叶えてくれる色を選びましょう。

■パープル
肌全体に透明感をプラス。上品な印象を作り上げてくれる効果があります。

■イエロー
肌のくすみや色ムラをしっかり補正してくれます。健康的な肌に整えてくれるのが特徴です。

■ピンク
血色が悪い人におすすめ。血色カラーのピンクをプラスすることで生き生きとした素肌に。

■ブルー
黄色が強めに発色している日本人向けのカラー。色白の人が使用すると、暗くなってしまうので注意が必要です。

■グリーン
肌色や肌悩みを補正してくれます。赤みやニキビなど、肌トラブルに悩まされている方におすすめです。

自分にあったカラーを選べば、肌を美しく補正してくれます。自分の肌には何色が足りないか、しっかりと見極めてからコントロールカラーを選んでみてください。


さて、何色のカラーがいいか決まったら、早速コントロールカラーを購入してみましょう。
人気のコントロールカラーを見て、自分には何が合いそうかチェックしてみてください。

おすすめのコントロールカラー【1】WHOMEE(フーミー) コントロールカラーベース

メイクアップアーティストとして人気のイガリシノブさんプロデュースコスメWHOMEE(フーミー)。

WHOMEEから発売している「コントロールカラーベース」は、イガリ肌の基本中の基本。
全4色展開で、思いのままに肌の色を補正してくれるアイテムです。

肌にシアー感を与え、抜け感のある素肌のような肌に仕上げてくれます。
紫外線カット効果もあるので、白肌キープにも欠かせません。

WHOMEE(フーミー) コントロールカラーベース

¥1,944

販売サイトをチェック

おすすめのコントロールカラー【2】ETUDE HOUSE(エチュードハウス) クッション カラーコレクター

クッション式が珍しいETUDE HOUSE(エチュードハウス)の「エニークッション カラーコレクター」。コントロールカラーは、全部で4色あります。

潤いを逃さない製法で、美肌成分や保湿成分がしっかりと配合されており、一日中しっとりとしたみずみずしい素肌に仕上がります。
クッションタイプならではのツヤ感も出せるので、健康的な美しい肌にみせてくれますよ。

ETUDE HOUSE(エチュードハウス) エニークッション カラーコレクター

¥1,944

販売サイトをチェック

おすすめのコントロールカラー【3】Baby Pink(ベビーピンク) ラベンダーマジック

人気が止まらないBaby Pink(ベビーピンク)の「ラベンダーマジックベース」。
ブルーで作る透明感と、ピンクで作る血色感のメリットが組み合わさった“ラベンダー ”が特徴のコントロールカラーです。

ラベンダーカラーが日本人の肌と相性抜群!白くて美しい均一な肌を叶えてくれます。

ノンケミカル処方なので、敏感肌の方やゆらぎ肌シーズンにも使用できる優秀アイテムです。

Baby Pink(ベビーピンク) ラベンダーマジックベース

¥1,296

販売サイトをチェック

おすすめのコントロールカラー【4】ETUDE HOUSE(エチュードハウス) フィックス&フィックス トーンアッププライマー

肌色を補正しながら、くすみのないトーンアップを目指すETUDE HOUSE(エチュードハウス)の「フィックス&フィックス トーンアッププライマー」。カラーは全部で3種類あります。

なめらかなテクスチャーで、肌に心地よく伸びます。少量で使用できるので厚塗り感もなし。
ちりやほこりなどの大気汚染からも肌をしっかりガードしてくれ、健康的な肌をキープしてくれます。

ETUDE HOUSE(エチュードハウス) フィックス&フィックス トーンアッププライマー

¥1,458

販売サイトをチェック

おすすめのコントロールカラー【5】Peripera(ペリペラ) インクコレクター

韓国プチプラコスメ、Peripera(ペリペラ)から発売している「インクコレクター」。
ボトルが可愛い!と話題のコントロールカラーです。カラー展開は全部で4色。

インクが肌につくようなイメージで、しっかりと肌トラブルをカバーしてくれる優秀なアイテムです。
しかも、カバー力が高いのに厚塗り感はありません。

クマや赤みなど気になる部分だけに使用するのもおすすめです。

Peripera(ペリペラ) インクコレクター

¥1,296

販売サイトをチェック

おすすめのコントロールカラー【6】SUGAO(スガオ) シルク感カラーベース

国内プチプラブランドで人気のSUGAO(スガオ)。
SUGAOのコントロールカラー「シルク感カラーベース」は、全部で4色展開です。

商品名の通り、シルクのような肌触りを演出。思わず触れたくなるようなスベスベした肌質に整えてくれます。

光フォーカス処方で、光粒子が様々な方向に反射し、くすみや毛穴などを飛ばしてくれる効果があります。
皮脂吸収パウダーが働くことで、ベタつき肌をなくし、さらさらな素肌に仕上げてくれますよ。

SUGAO(スガオ) シルク感カラーベース

おすすめのコントロールカラー【7】3CE(スリーコンセプトアイズ) BACK TO BABY MAKE UP BASE MINT GREEN

韓国で大人気のブランド3CE(スリーコンセプトアイズ)の「BACK TO BABY MAKE UP BASE MINT GREEN」。
全8色とカラー展開が多いのが特徴です。

ファンデーション前に使用することで、肌をワントーンアップしてくれます。

水分がたっぷりと詰まったクリームなので、保湿効果も高く、一日中潤い肌をキープ。
韓国オルチャンみたいなぷるぷるのツヤ肌になりたい方におすすめです。

3CE(スリーコンセプトアイズ) BACK TO BABY MAKE UP BASE MINT GREEN

¥2,140

販売サイトをチェック

いつものベースメイクにコントロールカラーをプラスするだけで、より理想の肌に導いてくれます。今より肌を美しく見せたい方や、今のベースメイクに満足していない方は、コントロールカラーに挑戦してみませんか。ひと手間加えるだけで、普段とは違う印象になれるかもしれません。