LIFESTYLE

自転車で音楽を聴く方法とは?安全で快適に聴くためのおすすめを知ろう♪

普段の通勤や通学、ショッピングや近くへのお出かけなどの移動の際に、自転車を使うという人も多いと思います。運動になり、ガソリンなどのエネルギーを使わないエコで経済的な乗り物としても人気がありますね。また、移動手段の一つとしても人気があり、ちょっとした荷物も乗せられる便利な乗り物です。近年は運動のためや趣味で本格的な自転車を使い、楽しんでいる人も大変多くなっています♪

自転車を使う際に、ただ黙々とこぎ続けるよりもできれば音楽を聴きながら、ペダルをこぎたいという人も多いようです。今回は違反にならない範囲で音楽を楽しむ方法や、自転車用の音楽グッズなどのオススメ商品もご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

自転車で音楽を聴く方法①:自転車に装着するタイプのスピーカーで聴く

自転車で外出して音楽を楽しむ女性

2015年6月1日から「改正道路交通法」が施行されて自転車の危険な運転をする人に対して、安全講習が義務づけられる罰則ができました。

危険運転の中には、スマホを操作しながらの運転、傘をさしての運転、そしてイヤホンをしながらの運転などが含まれています。イヤホンに関しては片耳・両耳の違いなど、各都道府県によってその禁止内容が変わってくるようです。

しかし片耳でも両耳でも、周りの音が遮られてしまい、自転車を運転に影響がでるような方法は罰則対象になるようです。また周りの人への迷惑も気になります。

そこで今回は、それでも合法的に自転車で音楽を聴きたいという人のためのアドバイスをご紹介します。


■各種オーディオにスピーカーを繋いで聴く方法

スマートフォンやi-pod、携帯音楽プレーヤーなどにスピーカーを繋いで聴く、という方法をご紹介します。耳を塞ぐことなく音楽を楽しめるので、周囲の音も聞くことができ違反にもならない方法です。

スピーカーへ繋ぐ方法は、有線での方法とBluetooth対応機器を使用した接続があります。優先の場合は線が途中で絡まってしまう恐れがあるので、Bluetoothでの対応がおすすめです。見た目もスッキリしますね。

自転車で音楽を聴く方法②:アクセサリーに装着したスピーカーで聴く

サイクリング中に音楽を聴く女性1

自転車に装着するタイプや置くタイプのスピーカーは、体から離れているため音漏れで周囲に迷惑がかかる可能性があります。

また音が聴こえにくいというデメリットもあります。そこで、もっとイヤホンに近い状態を体感する方法として取り上げるのが、体に身に付けるものに装着するタイプの骨電動スピーカーです。

ウェアラブルなスピーカーは、自転車を運転する際に装着するヘルメットや、サングラス、または首に掛けて装着するスピーカーなどがあります。これらの特徴は、通常のスピーカーではなく骨電動タイプのスピーカーを搭載しているということです。

骨電動タイプのスピーカーは、耳の中には入れずに、こめかみ付近に装着して使うタイプのものです。頭部や頸部の骨を振動させて聴覚神経に直接音を伝えるという、新しいタイプのスピーカーです。Bluetooth対応の商品が多く、スマートフォンに繋いで通話できるものもあります。

周りの音もしっかり聞くことができるので、安全で耳も疲れないというメリットがあります。

自転車で音楽を聴く方法③:スマートフォンを自転車に装着して聴く

自転車に乗る女性2

サイクリング用のスピーカーを新しく購入しなくても、自分のスマートフォンを使って音楽を聴く方法があります。

イヤホンやヘッドホンをせずにそのまま、スマホに取り込んでいる音楽を聴くので、違反にはなりません。しかしあまりにも大音量で走ると、周囲の人の迷惑になりますので、充分に注意が必要です。

スマートフォンをハンドルに取り付けるホルダーも販売されています。これを使うと気軽にスマホからの音楽が楽しめますね。くれぐれも音楽の再生や停止などの操作は、一旦自転車を停止してから行うようにしましょう。

自転車で音楽を楽しむためのアイテム(1):ヘルメット用Bluetoothスピーカー

ヘルメット用のブルートゥーススピーカーは、耳の近くのこめかみ辺りにスピーカーが付いているタイプのおすすめアイテムです。スピーカーは骨電動スピーカーを採用していますので、耳からでなくても安全に音楽を楽しむことができます。

計量でバッテリーも連続再生時間は最大14時間と、長時間の再生が可能なので便利で使いやすいですね。骨電動タイプのスピーカーは音量が大きくなくてもよく聴ける上、気になる周囲への音漏れもほぼ心配がありません。停止中に周りにかすかに聞こえる程度です。交通量が多い場所でなら、周りには聞こえません。

エレコム ブルートゥーススピーカー ヘルメット用

¥13,980

販売サイトをチェック

自転車で音楽を楽しむためのアイテム(2):ウェアラブルネックスピーカー

ソニーの ウェアラブルネックスピーカーは自転車や屋外でも使用可能ですが、普段リビングで映画や音楽・テレビなどの音響機器を使用するときにも、日常使いできる肩に乗せるタイプのウェアラブルスピーカーです。

小型サイズでもパワフルで臨場感あふれる音を体感できるアイテムです。その特徴は左右に振動板の「パッシブラジエーター」を搭載しているところ。音と振動が一体になったより現実に近い感覚の音を楽しむことができます。Bluetoothで接続して最大2人まで同じ音を体験できます。

世界的に人気があり信頼とその技術が魅力のソニー製ですので、安心して使えますね。

SONY ウェアラブルネックスピーカー

¥42,975

販売サイトをチェック

今回は、屋外で自転車に乗るときに音楽を聴きながら走行して楽しむための方法や、実際に販売しているおすすめ商品について詳しく見てきました。いかがでしたでしょうか。最近は休みを利用して自転車やランニングなど外での活動を趣味にする人も、増えています。ただ走ったり走行するだけでは、つまらないですしモチベーションも徐々に下がりがちです。

このようなときにピッタリなのが、音楽を聴いたりラジオなどを聴きながらの自転車の走行です。ただし、2015年に自転車に関する走行の法律が大きく変更されました。サイクリングや自転車に乗るときには、くれぐれも違法にならないように充分気を付けながら、楽しめて自分に合う方法を見つけることが大切と言えるでしょう。