LIFESTYLE

質問箱(Peing)の使い方を紹介!SNSを楽しむためのコツや注意点をご紹介

TwitterやInstagramなど、私たちの生活にすっかりなじんでいるSNS。そんなSNSをより楽しむためのツールもたくさん登場しており、より快適に利用できる時代になりました。今回はそんなSNSの専門ツールである「質問箱(Peing)」をご紹介します。基本的な使い方や注意点まで、質問箱の知識をまとめていきますよ!

質問箱(Peing)ってどんなアプリ?

「質問箱(Peing=ピング)」とは、Twitter上で匿名の質問を募れるアプリ。利用することで専用のURLを精製でき、質問を集めるところから回答までが主な流れになります。

質問箱(Peing)は基本的に日本向けのアプリで、2017年11月にリリース。当初からシンプルな用途や使い方が評判を呼び、一気に話題に上ったアプリでもあります。更に現在ではサービスの成長に伴い、日本ならず海外でも利用可能です。

質問箱(Peing)を開発したのは、当時26歳のせせりさんと呼ばれる人物で、およそ6時間で開発したのだとか。現在は開発者の元から手を離れ、Web企業が運営を担っています。

質問箱(Peing)のメリット

トレーニングの傍らスマホを操作する女性

リリースから爆発的に成長したアプリ、質問箱(Peing)。シンプルでありながらTwitter上で気軽にコミュニケーションが図れることもあり、さまざまなメリットを呼んでいるようです。そんな質問箱(Peing)のメリットをいくつかまとめてみました。


■登録が簡単

質問箱(Peing)のメリットとして、登録が簡単な点が挙げられます。この条件としてTwitterのアカウントがあることが求められますが、最近はInstagramやGmeilなどでも簡単に登録ができるようになっています。


■気軽に質問ができる

質問箱(Peing)のメリットとして、気軽に質問ができる点です。基本的に質問箱(Peing)では質問側が特定されることはありません。このため、ちょっとデリケートな質問もできてしまうのが大きなポイントでもあるのです。もちろん真面目な質問も可能なので、相手に合わせて聞きたいことを気軽に質問できます。


■交流のきっかけになる

質問箱(Peing)での質問をきっかけにして、交流の輪ができるのもメリット。確率としては決して高くはないですが、お互いのフィーリング次第で関係性が大きく変化するのも質問箱(Peing)のメリットとして考えられます。

質問箱(Peing)の基本的な使い方

質問箱(Peing)のメリットを理解したところで、さっそく利用していきましょう。ここでは質問箱(Peing)の基本的な使い方をご紹介します。


■アプリをインストールし登録する

質問箱(Peing)を利用するには、手持ちのスマホやiPhoneでアプリを検索し、ダウンロードするところからスタートします。ダウンロードができたら、早速登録をしましょう。登録の際は、TwitterもしくはInstagramなどのアカウントが必須になります。どのアカウントで登録するかを選び、ユーザー名とパスワードを入力してログインをタップしましょう。


■質問を募集する

登録が完了したら、自動的にページが切り替わります。ここから質問箱(Peing)の利用が可能になります。自分の専用ページに移行するために、「あなたのユーザーページ」をタップしましょう。

マイページの真ん中あたり、右端の「Tweet」ボタンをタップし、自分専用の質問箱URLをツイートして質問を募集します。


■質問をする場合は?

質問を募集している間は、ある程度の時間もあるはず。他の人に質問をして、質問箱(Peing)をより楽しむのもいいでしょう。

質問箱(Peing)で質問を送る際は、相手のツイートに表示されているURLをタップします。質問ページが開くので、テキスト欄に聞きたいことを入力し、画面下にある「質問を送る」をタップすればOKです。後は相手が質問に対しての答えをツイートしてくれるので、それまで待てばいいだけです。


■質問に回答する

質問箱(Peing)のマイページに行くと、自分の質問が来ているかチェックができます。その場合は質問をタップして選び、解答欄に答えを入力していきます。回答をTwitter上で表示する際、「回答する(画像)」と「回答する(リンク)」を選択できます。

「回答する(画像)」は、質問画像と答えがツイートされます。「回答する(リンク)」は質問の画像がツイートされ、タップすることで回答が表示されるリンク形式のツイートになります。

質問箱(Peing)を使う際の注意点

不安になる女性

質問箱(Peing)の使い方を覚えたところで、利用に際していくつか注意しておかないと、大きな問題にもなりえるので把握しておきましょう。


■ユーザーの特定

質問箱(Peing)の利用で最も注意したいのが、ユーザーの特定です。基本的に質問箱(Peing)で個人情報が漏洩することはほぼありませんが、回答によっては自分の所在地や名前などがバレてしまう可能性もあるので発言や言葉使いには十分注意しましょう。


■嫌な質問が来ることもある

質問箱(Peing)の性質上、さまざまな質問の中には、自分が嫌だと感じるものも出てくるかと思います。質問箱(Peing)は必ず答えなければいけないものではないので、嫌な質問は無視しても大丈夫です。とはいえ、ユーザーが女性の場合、性的な質問も来る可能性があるので、しっかり理解して活用していきましょう。

質問箱(Peing) google play

質問箱(Peing) App Store


質問箱(Peing)は特定で質問ができ、Twitterと組み合わせて楽しく活用ができるアプリです。気軽に質問や回答ができるので、Twitterを新感覚で活用できるきっかけにもなっています。賢く質問箱(Peing)を利用して、Twitterライフをたっぷり堪能していきましょう。