LIFESTYLE

卵の消費にピッタリのレシピをご紹介!美味しく見た目にもこだわったレシピ9選

卵は価格が常に安定しているお財布にうれしい食材の一つです。冷蔵庫に必ず常備している、という人も多いと思います。朝にパンやご飯と一緒に食べることが多い卵ですが、たくさんか数があって賞味期限までに消費したい、という場合にのメニューをピックアップしてみました。

栄養価も高く、フワフワで美味しい卵の新たな魅力が発見できる、おすすめのレシピ。ぜひチェックしてみてくださいね♡

卵消費におすすめのレシピ① クリームチーズ入りスペイン風オムレツ

「クリームチーズ入りスペイン風オムレツ」は、カラフルな野菜がたくさん入った、スペインの伝統料理です。オープン形式のオムレツなので、表面はこんがりと焼き、中は火が通るまでしっかりと火を通します。こんがりと香ばしい香りがしてきて食欲をそそります。

具材はウインナー、じゃがいも、赤パプリカなど緑黄色野菜が多いのでビタミンたっぷりで歯ごたえの違いが楽しめるオムレツです。アレンジにプチトマトやハム、サラミなどを入れてみましょう。朝食やパーティー、彼にも作ってあげたいレシピですね。

▶︎クリームチーズ入りスペイン風オムレツ のレシピ

卵消費におすすめのレシピ② 塩麹入りスクランブルエッグ

いつもの朝食のスクランブルエッグに少し飽きてきたなら、アレンジした「潮麹入りスクランブルエッグ」を作ってみてはいかがでしょうか。

いつもの塩コショウの味つけの代わりに、塩麹に置き換えたしっとりと優しい塩味のスクランブルエッグは、今までなかった味わいになりますよ。

そのままスクランブルエッグとして、そしてソテーしたアスパラガスやズッキーニなどに卵ソースとしてかけてみてもgood!バゲット食パンに乗せてもいいですね。ぜひ一度試してみて下さい。

▶︎塩麹入りスクランブルエッグ のレシピ

卵消費におすすめのレシピ③ 簡単キレイでおいしい!エッグベネディクト

 

エッグベネディクトとは、イングリッシュ・マフィンを横半分に切って焼いた上に、ベーコンまたはサーモン、ハムを乗せて更にポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せて作った、ニューヨーク発祥の卵料理です。

通常のエッグベネディクトは、卵たっぷりのオランディーヌソースをかけるのですが、今回ご紹介するレシピは、マヨネーズと牛乳で手軽にできるソースを使っています。

見た目で楽しめるだけでなく、味もおいしいエッグベネディクトは、朝ごはんや間食、ティータイムにも嬉しいメニューです。フォークとナイフで食べるので、食べると卵の卵液が出てきてテンションが上がること間違いなしです♪

▶︎「簡単キレイでおいしい!エッグベネディクト」のレシピ

卵消費におすすめのレシピ④ ダイエット中も♪もやしアラビアータのオムレツ

オムレツの中身に歯ごたえがシャキシャキのモヤシのアラビアータを入れた、ヘルシーな一品です。

モヤシ以外に唐辛子やトマトケチャップで味付けされていますので、これらの抗酸化作用も期待できますね!トマトのリコピンは加熱するとさらに吸収率が良くなりますので、オススメの美肌レシピです。

チーズを中に入れると、旨味がアップしてモヤシがバラバラになることを防いでくれるので、ぜひ試してみて下さいね。モヤシの食べ方のバリエーションが広がり、病みつきになりますよ。

▶︎もやしアラビアータのオムレツ のレシピ

卵消費におすすめのレシピ⑤ 栄養価UP!にんじんフレンチトースト

フレンチトーストはひたひたの卵液を使用して作りますが、1~2枚くらいのフレンチトーストだと、卵液が余ってしまいがちですよね。フレンチトーストを作った後の卵液を利用して、スクランブルエッグを作ってしまいましょう!

スクランブルが甘くなりすぎないように、卵液を最初から分けてもいいですね。人参を入れているので、βカロテンも摂れて、お肌にもいい卵レシピとなっています♡盛り付けも木の器や、カラフルなお皿に盛り付けると、さらに気分がアップすること間違いなしです。 

▶︎にんじんフレンチトースト のレシピ

卵消費におすすめのレシピ⑥ チーズと温泉卵ホワイトアスパラのおもてなしプレート

ホワイトアスパラを使った、とても珍しいレシピです。アスパラにかけるソースとして温泉卵とカッテージチーズを使っています。卵をナイフとフォークで開いていくと、中から半熟の多黄身が出てきて、とっても美味しいソースの役割を果たします。

その他、グリーンアスパラや紫アスパラにかけてみると、美味しいですよ。ちょっと気取った記念日やお祝い事の前菜メニューとしてもオススメです。卵の白が生えるように、色付きのお皿だと雰囲気が変わって面白いですよ。

▶︎チーズと温泉卵ホワイトアスパラ のレシピ

卵消費におすすめのレシピ⑦ 話題の「ラピュタパン」で朝ごパン

宮崎駿アニメによく登場する料理のラピュタパン。ネットでも話題になっていてレシピがたくさん公開されていますね。卵と食パンが一緒に摂れるので、忙しい朝にもピッタリの卵を使った料理です。

卵の周りの土手状のマヨネーズが、こんがりと焼ける香りがとても香ばしくて、本当に美味しいですよ!

卵は焼き過ぎると固く乾燥して食べにくいので、ほんのりと黄身に火が入る程度に仕上げるのがコツです。マヨネーズ以外にケチャップだとコクと酸味が出て、違ったテイストになります。

▶︎ラピュタパンの朝ごパン のレシピ

卵消費におすすめのレシピ⑧ メープルで♪厚焼き卵

メープルシロップと言えば、カナダを代表する食材で、お菓子やパンなどにもよく使われていますね。メープルシロップは砂糖と比べると、とってもヘルシーでミネラルがたっぷりです。また、カロリーを気にする人にもピッタリの食材なのです。

玉子焼きを焼くときに、甘い味付け派と出汁や塩味派と2つのタイプに分かれますが、メープルシロップを入れた玉子焼きは、実に自然の甘さでほんのりとした上品な甘さが出てきます。

玉子焼きに入れるとタマゴの黄色が更に鮮やかに見えて、外見からも美味しさが伝わってきます。しっとり仕上がるのでオススメです。ピクニックにも合いますね。

▶︎メープルで♪厚焼き卵 のレシピ

卵消費におすすめのレシピ⑨ ほうれん草卵グラタン

ココットなどの耐熱皿やグラタン皿に入れて、表面を焼いた料理をグラタンと呼びますが、このココット型に入れたグラタンは卵をオーブンで焼くスタイルです。

ポイントとして、卵は溶きほぐしてすぐ生のままでは皿に入れずに、フライパンで軽くスクランブルエッグを作ると上手くいきます。

ほうれん草・コーンの代わりにズッキーニやパセリなど入れても色鮮やかでいいですよ。失敗が少なく美味しくできるので、朝食や休日のブランチにもおすすめしたいレシピです。

▶︎ほうれん草卵グラタン のレシピ


ここまで、卵を使ったレシピをたくさんご紹介してきました。卵はきれいな黄色が食欲をそそり、お皿にも映えるだけでなく、栄養バランスにも優れた人には欠かせない食材です。成長期の子供はもちろん、大人にとっても卵は毎日食べてほしい食材の一つです。

いつもとは違うレシピを探索して、自分のお気に入りの卵レシピを見つけてみましょう。