BEAUTY

可愛くなる方法って?すぐに可愛くなれるテクニック5つ♡

男女ともに人気のある可愛い女の子は憧れの存在ですよね。ここでは、すぐに憧れの可愛い女の子に近づくためのテクニックをご紹介します。

可愛くなるための準備

考えている女性

「可愛くなってみたいな」と理想を思い描いているだけでは、可愛くはなれません。可愛くなりたいなら、今すぐに準備を始めましょう!

■理想の人を思い浮かべる
「可愛い」と言っても、思い浮かべるイメージは人によって異なります。ふんわりとした優しい雰囲気の人を可愛いと考える人もいれば、トレンドの服を身にまとっている人を可愛いと思う人もいるのです。

可愛くなりたいと考えたら、まずは自分が理想とする人を思い浮かべましょう。芸能人でも周りの友達でも良いので、目標とする人を決めると、その人に近づくための努力をしやすくなります。

■自分と向き合う
理想の人を思い浮かべたら、次は自分と向き合いましょう。鏡をよく見て自分のことをしっかりと見つめ、どこが可愛くないのかを整理すると、可愛くなるためにすべきことが見えてきます。

可愛くなれるテクニック①メイク編

鼻のメイクをする女性

短期間で可愛くなりたいときは、メイクで目、鼻、口の雰囲気を変えてみましょう。

■目
可愛い人は目元がぱっちりとしています。一重の人は、アイプチやアイテープで二重を作り、重いまぶたを上げて目を大きく見せましょう。

ぱっちりとした二重ができたら、ベージュやホワイトのアイシャドウをうっすらと涙袋に入れると、さらに目元がはっきりとします。

■鼻
鼻が低かったり、丸かったりすると、可愛く見えません。鼻にコンプレックスがある人は鼻の両側にノーズシャドウを入れ、鼻筋にハイライトを入れて鼻を高く見せましょう。

■口
唇にうるおいや血色感がある女の子は可愛く見えます。中学性や高校生で校則が厳しい人も、色付きのリップクリームはばれにくいので、ピンクやオレンジの色付きリップでうるおいと血色感のあるリップを目指しましょう。

校則に制限されていない人は顔色が良く見える口紅とぷるんとした唇を作るグロスを併用すると可愛い唇を手に入れられます。

可愛くなれるテクニック②ヘアスタイル編

髪を染めた女性

友達がヘアスタイルを変えてから可愛くなったと感じたことはありませんか?

ヘアスタイルを変えると、顔の雰囲気も一気に変わります。すぐに可愛くなりたい人はいつもとヘアスタイルを変えてみるのもおすすめです。

■前髪を変える
普段、前髪を下ろしている人は7:3程度に分けてみましょう。顔が明るくなって可愛く見えるかもしれません。反対に、いつも前髪がない人は前髪を作ってみましょう。前髪を下ろすと、小顔に見えることが多いです。

■染める
髪を染めると、一気にあか抜けられます。普段、黒髪の人はダークブラウンにすると、失敗が少なく、適度に雰囲気も変えられるでしょう。

■髪を切る
自分にどんな髪型が似合うのかがわからない人は、美容師さんに任せて髪を切ってもらうのもおすすめです。「可愛い髪型にしてください」とお願いして髪を切ってもらうと、自分ではわからなかった魅力を出せるかもしれません。

可愛くなれるテクニック③服装編

服を選ぶ女性

すぐに可愛くなりたいときは服装を変えるのも良いでしょう。いつもと違う雰囲気の服を着ると、新たな自分に出会えます。

■服の色を考える
似合う服の色は人によって異なります。明るい色で表情が明るく見える人もいれば暗い色で顔が映える人もいるので、服を買うときは試着をして似合うかを確かめましょう。

友達や家族の意見を聞くと、自分に似合う色を見つけやすいです。

■小物の使い方も工夫する
可愛くなるためには、アクセサリーや靴などの小物の使い方も工夫する必要があります。大きめのアクセサリーを付けて小顔効果を狙ったり、ピンヒールを履いて大人っぽい雰囲気を出したりすると、可愛い女の子に近づけるでしょう。

可愛くなれるテクニック④自分に自信を持つ

ノートに書きこむ女性

いつも暗い表情でいる人は可愛く見えません。可愛くなりたいなら、自然と明るい表情が出るように自分に自信を持ちましょう。

■寝る前に良かったことをリストアップする
失敗したことや辛かったことだけを思い浮かべると、自分に自信を持てずに表情も暗くなります。一日の終わりには、その日の嬉しかったことや頑張ったことを思い出してリストアップし、明るい気持ちでベッドに入りましょう。

明るい気持ちで一日を終えると、ぐっすりと眠れて肌の調子も良くなります。

■自分を褒める
「私はブスだ」と悩むより、自分の良いところを見つける方が可愛くなれると感じている人は多いです。慣れない間は難しいかもしれませんが、可愛くなりたい人は「今日は可愛くメイクできた」「私の目は可愛い」などと良いところを見つけて自分を褒める習慣を付けましょう。

自分を褒めていると、笑顔が増えてもっと可愛くなれます。

可愛くなれるテクニック⑤性格を変える

笑顔で話す2人の女性

外見が可愛いだけでは、周りの人から可愛いとは認められません。周りの人から可愛いと思ってもらうためには、内面も変えていきましょう。

■誰にでも優しく接する
誰かの悪口を言っていたり、人によって接する態度を変えていたりすると、周りの人からは好かれないです。内面から可愛くなるためには、誰にでも平等に笑顔で優しく接することを心がけましょう。

みんなに対して平等に優しく接していると、自然に人が集まってきてくれます。

■素直になる
素直な人は男女ともに人気です。楽しいときは思いきり笑ってみんなと楽しみ、誰かに優しくしてもらったら「ありがとう」と感謝すると、周りの人から可愛く見えるでしょう。


可愛くなるためには努力が必要です。「自分なんて可愛くなれない」と諦めていては何も変わらないので、できることから初めて可愛くなりましょう。顔が可愛くないと悩んでいる人は表情や性格を変えるだけでも、可愛くなれますよ。