BEAUTY

スキンケアの正しい順番とは?基本からしっかり解説!

スキンケアの効果を最大限に発揮させるためには正しい順番を知っておくことが大事。ここでは、スキンケアの順番を基礎からしっかりと解説します。

スキンケアの正しい順番①クレンジング(夜のみ)

クレンジングする女性

夜のスキンケアはメイクや日中、毛穴に詰まった汚れを落とすクレンジングからスタート。しっかりと汚れを落とすことで、化粧水や乳液の浸透も良くなります。

■クレンジングのやり方
1. 適量のクレンジングを手に取ります。
2. 頬、Tゾーン、顎、目元の順番でマッサージするように優しくメイクを浮かせます。
3. ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

■ポイントメイクリムーバーを使う順番
アイメイクやリップメイクを落とすために専用のポイントメイクリムーバーを使う場合は、通常のクレンジングの前に使用しましょう。

コットンに適量のポイントメイクリムーバーを付けて目元や口元に置き、しばらく待った後にふき取ると、肌に負担をかけずにポイントメイクを落とせます。

スキンケアの正しい順番②洗顔

洗顔する女性

クレンジングはメイク汚れを落とすものですが、洗顔は皮脂や汗を落とすために行います。

■洗顔のやり方
1. 洗顔ネットなどで洗顔料を泡立てます。
2. Tゾーン、Uゾーン、目元の順で泡を使って優しく顔を洗います。
3. ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

■洗顔は一日2回まで
洗顔は朝と夜の2回までにとどめましょう。皮脂や汗が気になって一日に何度も洗顔すると、肌が傷つけられたり、必要な皮脂が無くなって乾燥肌になったりします。

■乾燥肌の人は洗いすぎに注意
乾燥肌の人は一日2回洗顔料で洗顔すると、皮脂が不足して乾燥が悪化する可能性があります。肌が乾燥しているときは洗顔料の使用を夜だけにして、朝はぬるま湯のみで顔を洗っても良いでしょう。

スキンケアの正しい順番③化粧水

化粧水を使う女性

化粧水には肌に水分を与えて、キメを整える役割があります。肌の水分は外的刺激から内側を守るバリア機能の役割があるので、正しい順番で欠かさずに化粧水を塗っていると、ニキビや乾燥を予防できるようになるでしょう。

■手で化粧水をつける方法
1. 手に適量の化粧水を出します。
2. 顔の中心から外側に向かって化粧水を伸ばします。
3. 手のひらで軽く押さえるようにして成分を浸透させます。

■コットンで化粧水をつける方法
1. 適量をコットンに出します。
2. 顔の中心から外側に向かって軽く叩くように化粧水を付けます。
3. 肌がひんやりとするまで成分を浸透させましょう。

■化粧水は手かコットン、どちらで付ける?
手で化粧水をつけると、化粧水が体温で温められるので、成分が肌の奥まで浸透します。しかし、手のシワに成分が入り込むと、顔全体に均一に伸ばせません。また、手に雑菌が付いていると、ニキビの原因となることもあります。

他方、コットンを使うと、均一に化粧水を伸ばせて雑菌の心配もありませんが、摩擦が原因で肌荒れを起こすこともあります。

どちらで化粧水をつけようか迷ったら、両方を試して肌の調子が良い方を選びましょう。

スキンケアの正しい順番④美容液

美容液を付ける女性

化粧水や乳液と比べて、美容液にはたっぷりと有効成分が入っています。化粧水や乳液だけで肌の調子が良いときは使わなくても良いですが、肌に悩みがある人や将来を考えて積極的にスキンケアをしたい人は化粧水の後に美容液を使いましょう。

■美容液の塗り方
1.頬、おでこ、鼻、顎に適量を置きます。
2.顔の内側から外側に向かって伸ばします。
3.肌トラブルが気になる場所に重ね付けします。

■2種類以上の美容液を使うときの順番は?
美白と保湿など効果が異なる美容液を2種類以上使う場合は、油分が少ない方から使いましょう。油分が少ない方を先に塗ることで両方の成分がしっかりと浸透して、成分の蒸発も防げます。

スキンケアの正しい順番⑤乳液

乳液を塗る女性

乳液は化粧水や美容液の成分にふたをする役割があるアイテムです。使わなければ、せっかくつけた化粧水や美容液の効果が減ってしまうので、朝も夜も欠かさずに塗りましょう。

■乳液の塗り方
1.頬、おでこ、鼻、顎に適量を置きます。
2.顔の内側から外側に向かって伸ばします。
3.乾燥しやすい目元や口元に重ね付けします。

■オイリー肌にはジェル状乳液がおすすめ
オイリー肌の人は油分が含まれた乳液を使うと、皮脂が過剰になってニキビや毛穴詰まりを起こすことがあります。一般的な乳液でべたつきを感じる人は油分の少ないジェル状乳液を使って肌にふたをしましょう。

スキンケアの正しい順番⑥クリーム

クリームを手に取る女性

肌がうるおっている人は乳液でスキンケアをやめても良いですが、乾燥が気になるときは、最後に乳液よりも油分を含んだクリームを塗ることをおすすめします。クリームを塗ると、成分が蒸発しにくくなるので、それまでに使ったアイテムの効果も高まるでしょう。

■クリームの塗り方
1. 頬、おでこ、鼻、顎に適量を置きます。
2. 顔の内側から外側に向かって伸ばします。
3. 乾燥しやすい場所に重ね付けします。
4. 手で軽く肌を押さえて成分を浸透させます。

スペシャルケア用のスキンケアアイテムを使う順番

アイクリームを塗る女性

肌に悩みがある人は基本的なスキンケアアイテムに加えてスペシャルケア用のスキンケアアイテムを使いましょう。

■拭き取り化粧水
拭き取り化粧水や不要な角質や角栓を取るための化粧水です。洗顔の直後、コットンに付けて顔を拭きとると、汚れが取れて化粧水や乳液が浸透しやすくなります。

■導入液
導入液は洗顔料や拭き取り化粧水の後に使いましょう。導入液を付けると、後で使うアイテムの成分が肌の奥まで届くので、スキンケアの効果が高まります。

■ジェル
保湿用の油分が入っていないジェルは乳液の前に使います。一方で、角質ケアのために使うピーリングジェルは、洗顔後すぐに使うのが効果的です。

■パック
パックは美容液をたっぷりと配合したアイテムです。商品によって使用するタイミングが異なりますが、基本的には乳液の前に使うと良いでしょう。

■アイクリーム
アイクリームは商品によって使用する順番が異なります。美容液の前後に使うものもスキンケアの仕上げに使うものもあるので、自分が使用している商品の使用方法を確かめましょう。

■オイル
ホホバオイルやスクワランオイルは導入液、美容液、肌の保護とさまざまな目的で使えます。目的に合わせた順番で使用して効果を高めましょう。


スキンケアは正しい順番で行うことによって効果を高められます。今まで順番が間違っていた人は正しい順番でスキンケアすると、それぞれのアイテムの効果を高められるでしょう。