LOVE

年の差カップルの恋愛事情!付き合うきっかけや悩み、うまくいくコツとは?

世の中には、年の差カップルはたくさんいますよね。年齢が上がっていけば、恋愛の選択の幅も広がっていくので、年の差カップルも増えていきます。そこで今回は、年の差カップルの付き合うきっかけや悩み、うまくいくコツをご紹介します。

恋愛には年齢は関係ない♡年の差カップルは意外と多い

年の差カップル

芸能人でも、年の差が10歳や20歳のカップルもいるように、恋愛に「何歳まで」というような壁はないものです。

学生の場合も、部活やサークル、委員会、生徒会、バイトやボランティアなどがきっかけになり恋愛関係になることも多く、年の差カップルは珍しくないですよね。

特に、社会人になれば、職場にはさまざまな年齢の人がいますので、1歳や2歳の年の差はあまり関係なくなってきます。一般人でも年の差カップルや年の差婚は、学生の頃よりもさらに珍しいことではなくなっていきます。

しかし、年上や年下彼氏だからこその悩みもあります。年の差があるからこそのトラブルもありますので、ケンカしてから後悔しないように、ぜひ仲良く付き合う参考にしてみてくださいね。

年の差カップルの恋愛やデート事情って?

年の差カップル

年の差カップルの恋愛やデートコースは、同い年のカップルと大きな違いはありません。食事やショッピング、映画やカラオケの定番のデートコースがメインです。

しかし、例えば食事の場合、年の差が大きいと、「年上はあっさりしたもの、年下はジューシーなものが食べたい」というように、意見が分かれる場合もあります。

また、ジェネレーションギャップで好きな有名人が違う場合は、観たい映画や歌いたいカラオケの曲が合わないこともあります。


■ジェネレーションギャップを楽しもう

しかし、同い年のカップルでも、食の好みの違いや、好きなものが合わないことはあるものです。意見が合わずにケンカすることもあります。

何か合わないことがあった時やケンカした時に「年の差があるせい」とは思わないようにしたいですね。

彼との違いを楽しんで、知らないことに興味を持つようにしたり、彼にあなたの好きなものを教えてあげるなど、二人の差を埋めていくように付き合っていくのがおすすめです。

女性が年上の年の差恋愛カップルが長く付き合うコツ

年の差カップル

女性が年上の年の差カップルの場合は、彼氏を子ども扱いしないことが仲良く付き合っていくコツです。


■デート代はワリカン

例えば、デート代は、男性が全額払ったり、男性が多く払ったりと、かっこつけたい男性が多いですが、学生の場合は、年下の彼氏が背伸びしてしまって、無理をしすぎてしまわないようにしたいですね。

誕生日の時やイベントの時はお願いするようにして、普段はワリカンにするのがおすすめです。

二人で一つの財布を作って、二人で相談しながらデート代を使っていくと「どちらが払っている」という感覚が減りますよ。共用の財布は彼氏に持ってもらえば、男性としてのメンツも保つことができますね。


■子ども扱いしない

また、年下だからといって、彼氏を子ども扱いするのはNGです。
年下の彼氏は、年上彼女に甘えたい気持ちもありますが「男として頼られたい」「弟みたいに扱われたくない」と思う男性が多いものです。

彼氏の意見を尊重するようにしたり、彼氏を頼ったり褒めたりして、あなたに「男性として頼られている」ことを伝えていきたいですね。


■あれこれやりすぎない

また、彼氏が年下だからと、あれこれお世話をしたり気を使ったり、彼氏を甘やかしてしまいすぎるのもNGです。いつのまにか恋愛関係の彼女ではなく、家族や母親のように思われてしまわないように注意したいですね。


■束縛はしない

そして、彼氏が他の女の子と仲良くしていたり、頻繁に遊びに行くと、不安になるものです。しかし、気になるからといって、束縛は詮索はやめましょう。

「年上なのに子どもっぽい」と思われることもあります。
オトナの余裕は見せながらも、干渉しないようにして、どうしても嫌な場合は、感情的にならずに伝えましょう。
すぐに怒ったり泣いたりするのは避けたいですね。

男性が年上の年の差恋愛カップルが長く付き合うコツ

年の差カップル

彼氏が年上の年の差恋愛カップルは、学生時代から多いですよね。落ち着いたオトナの雰囲気漂う年上の先輩はカッコよく見えるものです。


■年上彼氏を立てる

彼氏が年上の場合、基本は年上彼氏を立てるように行動するのが、円満に長く付き合うコツです。少しの年の差でも「おじさん」扱いをしたり、トレンドや常識を知らなくてもバカにしないようにしたいですね。

しかし、言いなりになりすぎるのはNGです。あなたが間違っていると感じたことは、彼氏のプライドを傷つけないように、お願いや提案するように意見を言うのがおすすめです。


■ワガママはほどほどに

そして、年上の彼氏は、年下彼女のワガママを「かわいい」「仕方ないな」と、愛しく思う
ものですが、度を過ぎたワガママは、彼氏が疲れてうんざりしてしまいかねません。

甘やかしてくれることや、デート代を出してくれるのを当たり前だと思わず、「ありがとう」「嬉しい」「ごめんね」という気持ちを言葉に出して伝えるようにしましょう。

誕生日やクリスマス、バレンタインなどのプレゼントは、彼氏の好きなものを用意すると良いですね。


■オトナっぽいところを見せる

また、彼氏が年上といっても、恋愛関係なので、可愛さだけでなく、女性らしさも大切です。女性に甘えたり、癒されたいと思う気持ちが、男性にはあるものです。

一緒にいて「楽しい」「若くいられる」だけでなく、しっかりしている部分を見せたり、彼氏を気を使ったり、彼氏をいたわることは大切です。年下なのにしっかりしていることで、彼女として心の支えになることができますよ。


年の差カップルの恋愛は、相手へのちょっとした気遣いをすることが、仲良く付き合っていくコツです。年の差カップルの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。