BEAUTY

水クレンジングのメリット・デメリットは?おすすめ商品もご紹介!

水クレンジングは簡単にメイクを落とせたり、肌に潤いを与えられたりすると注目を集めているアイテムです。ここでは、水クレンジングのメリットやデメリット、おすすめの水クレンジングについてご紹介します。

水クレンジングとは?

クレンジングする女性

水クレンジングとは水が主成分のクレンジングのこと。コットンに取り、メイクを拭き取って落とします。

一般的なクレンジングはオイルが多く配合されているので、ヌルヌルとするものが多いですが、水クレンジングはオイルの含有量が少ないのでさっぱりとした使い心地です。

水クレンジングのメリット

クレンジングする女性

最近は、多くのブランドから水クレンジングが販売されています。ミルククレンジングやオイルクレンジング、ジェルクレンジングなどと比べて、水クレンジングにはどんなメリットがあるのでしょうか。


■メイク落としが簡単
ほとんどの水クレンジングはコットンで拭き取った後、洗い流しが必要ありません。そのため、簡単にメイクを落とせることが水クレンジングのメリットです。疲れている時でも、洗い流しが不要であれば、メイク落としに苦痛を感じないでしょう。


■ダブル洗顔不要の水クレンジングは時短に
現在、販売されている水クレンジングの多くは、クレンジング後の洗顔が不要です。W洗顔不要の水クレンジングでメイクを落とした後は、すぐにスキンケアできるので、スキンケアの時短につながります。


■朝に使える
水クレンジングは朝の洗顔としても使えます。寝ている間は皮脂などで顔が汚れてしまうことがありますが、朝に水クレンジングを使うと、すっきりとした一日を始められるでしょう。


■ポイントメイクを落としやすい
水で洗い流すタイプのクレンジングで一部だけのメイクを落とすのは、意外と難しいですが、水クレンジングを使えば、ポイントメイクも簡単に落とせます。小さいボトルなどに水クレンジングを入れて持ち歩けば、パンダ目のメイク直しなどにも使えて便利です。


■マツエクでも使える
マツエクに使われる接着剤はオイルに弱いです。そのため、マツエク中の人は使用できるクレンジングが限られます。特に、オイルクレンジングはマツエク中に使用できないものが多いです。

一方、水クレンジングはオイルをほとんど含んでいないので、マツエク中でも使用できます。オイルで接着剤が取れて、マツエクに悪影響が及ぶこともないでしょう。

水クレンジングのデメリット

肌をチェックする女性

水クレンジングは便利ですが、デメリットもあります。


■肌に摩擦が与えられる
水クレンジングを使う時は、コットンと肌に摩擦が起こります。強い摩擦は肌へダメージを与えるので、シミを作るメラニン色素の生成を促してしまうこともあります。水クレンジングを使う時は、できるだけ肌に摩擦を与えないように注意しましょう。


■肌が乾燥することがある
水クレンジングはオイルではなく、界面活性剤でメイクを落とします。界面活性剤が多く含まれた水クレンジングは洗浄力が強いため、肌が必要としている油分まで落としてしまう可能性があるので注意が必要です。

乾燥肌の人や敏感肌の人は初めから毎日水クレンジングを使うのではなく、肌への影響を確認しながら、水クレンジングを使う頻度を増やすと良いでしょう。

おすすめの水クレンジング①「BIODERMA(ビオデルマ)」サンシビオ H2O D

サンシビオ H2O Dは、敏感肌の人におすすめの肌に優しい水クレンジング。

肌の状態を穏やかに整えるキュウリ果実エキスなどが配合されています。マスカラなどの濃いメイクを落としながら、肌に潤いも与えてくれるので、使用後に肌がつっぱることはありません。

「BIODERMA(ビオデルマ)」サンシビオ H2O D

¥2,484

販売サイトをチェック

おすすめの水クレンジング②「Koh Gen Do(こうげんどう)」クレンジングウォーター

ミネラルが豊富に含まれた温泉水と保湿成分のシラカンバ樹液、肌をいたわるヨモギ葉エキスなどが配合された水クレンジング。

メイクを落としながら肌に潤いを与え、肌の状態を整えます。アルコールが配合されていないので、敏感肌の人でも使いやすいでしょう。

「Koh Gen Do(こうげんどう)」クレンジングウォーター

¥3,024

販売サイトをチェック

おすすめの水クレンジング③「Bifesta(ビフェスタ)」クレンジングローション ブライトアップ

クレンジングローション ブライトアップは人気の「うる落ち水クレンジング」シリーズの商品。化粧水由来の成分が配合されていて、肌を潤いで守りながら、しっかりとメイクを落とします。

1本でメイク落としから化粧水まで終わるので、スキンケアの時短にもつながります。

「Bifesta(ビフェスタ)」クレンジングローション ブライトアップ

おすすめの水クレンジング④「KIREIMO(キレイモ)」美容液クレンジング

脱毛サロン「キレイモ」の考案で作られた肌に優しい水クレンジング。

水と植物由来成分が配合されていて、肌に負担をかけずにメイクを落とせます。毛穴汚れや角質までしっかりと落とせるため、メイク汚れがニキビにつながってしまうこともないでしょう。

「KIREIMO(キレイモ)」美容液クレンジング

¥1,296

販売サイトをチェック

おすすめの水クレンジング⑤「Dove(ダヴ)」ふきとり水クレンジング

毛穴の約1/9000の洗浄ボールを含んだ水クレンジング。

コットンで拭き取るだけで、毛穴の汚れもすっきりと洗浄してくれます。美容液「ニュートリアムモイスチャー」が配合されているので、肌に潤いや透明感も与えられるでしょう。

「Dove(ダヴ)」ふきとり水クレンジング

おすすめの水クレンジング⑥「Stella Seed(ステラシード)」Derizum クレンジングウォーター

乾燥を防ぎ、揺らぎがちな肌を整えるDerizum(デリズム)シリーズの水クレンジング。

パラベンやアルコールなどが入っておらず、肌と同じ弱酸性で刺激が少ないです。保湿成分がたっぷりと配合されているので、化粧水を使わなくても肌の潤いが保たれます。

「Stella Seed(ステラシード)」Derizum クレンジングウォーター

おすすめの水クレンジング⑦「ROSETTE(ロゼット)」スキンコンディショナー 水クレンジング

メイクを落としながら肌の状態を整える水クレンジング。

ハトムギエキスやワイルドタイムエキスなどが配合されていて、健康的な肌に導いてくれます。ニキビ跡も毛穴詰まりもケアできるため、使い続けていると、少しずつ美肌に近づけるでしょう。

「ROSETTE(ロゼット)」スキンコンディショナー 水クレンジング

おすすめの水クレンジング⑧「CReeR(クリー)」水クレンジング

メイク落とし、洗顔、角質ケア、化粧水を1本で済ませられる4 in 1の水クレンジング。

肌に潤いを与えてくれる温泉水や植物由来のクレンジング成分が使われているので、使用後の肌につっぱりを感じません。

「CReeR」水クレンジング


水クレンジングは簡単にメイクを落としたい人やスキンケアにかかる時間を短縮したい人におすすめです。肌に合った水クレンジングを使って、簡単に美肌を目指してみてはいかがでしょう。