BEAUTY

ルースパウダーはどう使う?選び方、使い方やおすすめの人気商品をピックアップ!

化粧の仕上げにルースパウダーは使用していますか?テカリやヨレに悩んでいるという人に使って欲しいアイテムが、ルースパウダーです。ルースパウダーの特徴や使い方、さらにプチプラで購入できるおすすめの人気アイテムをご紹介します。

ルースパウダーとは

ルースパウダーとブラシ

ルースパウダーとは、固められていない粉状のフェイスパウダーです。ルースパウダーは、ベースメイクの仕上げに使用することが多く、肌にベースメイクをしっかり密着させる役割があります。

ルースパウダーには余分な皮脂を吸着する役割もあるので、テカリや化粧のヨレを防ぐ働きも期待できます。

ルースパウダーとプレストパウダーの違いは、固められているかどうかです。固められているプレストパウダーは、粉が凝縮されているのでハイカバーが期待できます。

ルースパウダーは、肌を包み込むようなふんわりとした印象に仕上げることができます。

ルースパウダーの選び方

色々なカラーのルースパウダー

ルースパウダーの選び方についてご紹介します。


■色

ルースパウダーには薄く色が付いているものがあります。ファンデーションと同じようなナチュラルカラーや、どんな肌にも合うクリア、肌に血色を与えるピンクなど様々です。

ナチュラルカラーの商品は、ファンデーションのカラーとの相性や自分の肌との相性があります。クリアやピンクの場合はつけすぎると白浮きしてしまう可能性があるので、自分にとってどのカラーが合うのか、見極めて選ぶようにしましょう。


■使用感

ルースパウダーは商品によって使用感が全く違います。皮脂吸着パウダーが入っているものは、サラサラとした付け心地です。保湿成分がたくさん入っているものは、しっとりとした付け心地が特徴です。

自分の肌質や季節によって、商品を選ぶようにしましょう。


■日焼け止め効果

ルースパウダーには、日焼け止め効果が入っているものと、全く入っていないものがあります。日焼け止め効果が入っていると、化粧直しに便利です。特に夏場に使用したいという場合は、どれくらい日焼け止め効果が入っているか、しっかりと確認してから購入するようにしましょう。

ルースパウダーの使い方

ブラシを頬に乗せている女性

ルースパウダーの使い方についてご紹介します。

■ブラシとパフはお好みで
ルースパウダーを乗せる場合は、ブラシかパフを使います。ブラシで付けると、ふんわりとした印象に仕上げることができます。パフで付けると、しっかりカバーすることができます。ツヤ感を出したい時はブラシで、マットに仕上げたい時や崩れやすい部分はパフで付けることをおすすめします。

■ブラシやパフにルースパウダーを取る
ブラシやパフにルースパウダーを乗せていきます。パフに乗せる場合は、容器にパフを当て多状態で逆さまにして、パフに粉を乗せます。その後パフ全体にまんべんなく乗るように両端から折り曲げて揉みこんでいきましょう。

■鼻やTゾーンに乗せる
しっかりとカバーしたい鼻やTゾーンに乗せていきます。しっかりと毛穴に入れ込むように色々な方向から乗せていくようにしましょう。

■頬とフェイスラインに乗せる
頬の内側から外側に向かって乗せていきます。次に額から生え際に向かって乗せていきます。最後に崩れやすいフェイスラインにしっかりと粉を乗せていきましょう。

おすすめのルースパウダー【1】チャコット フィニッシングパウダー

チャコットのフィニッシングパウダーは、皮膚の凹凸に密着する微粒子パールを高濃度配合しています。透明感を出しながら光の反射でカバーします。耐久性が強くファンデーションとの密着を良くします。

チャコット フィニッシングパウダー

¥1,944

販売サイトをチェック

おすすめのルースパウダー【2】イニスフリー ノーセバムミネラルパウダー

イニスフリーのノーセバムミネラルパウダーは、すべすべな肌を演出する皮脂コントロールパウダーです。皮脂やテカリの気になる部分に乗せることで、長時間サラサラが続きます。

イニスフリー ノーセバムミネラルパウダー

¥810

販売サイトをチェック

おすすめのルースパウダー【3】プライバシー UVフェイスパウダー

プライバシーのUVフェイスパウダーは、SPF50・PA++++で紫外線をしっかりブロックします。透明感のある仕上がりで、乾燥を感じにくい保湿成分を配合しています。

プライバシー UVフェイスパウダー

おすすめのルースパウダー【4】エテュセ CCルースパウダーベビーピンク

エテュセのCCルースパウダーは、ピンクのコントロールパウダーで、血色感のある肌に仕上げます。肌色を補正しながら透明感のあるベースを作り出します。

エテュセ CCルースパウダーベビーピンク

¥2,484

販売サイトをチェック

おすすめのルースパウダー【5】舞妓はん おしろい 桜色

舞妓はんのおしろい桜色は、独自の絹仕立て処方で透明感のある肌に仕上げます。体温で溶ける美容成分でサラサラなのにしっとりとした肌に仕上げます。

舞妓はん おしろい 桜色

¥1,782

販売サイトをチェック

おすすめのルースパウダー【6】SUGAO(スガオ) シフォン感パウダー

SUGAOのシフォン感パウダーは、シフォンのベールでまとったような透明感のある肌に仕上げます。皮脂吸着パウダーでテカリを抑え、メイクしたての肌をキープします。

SUGAO シフォン感パウダー

おすすめのルースパウダー【7】エクセル クリアルーセントパウダー

エクセルのクリアルーセントパウダーは、肌色補正パウダー配合で肌に透明感を与えます。美容成分のリピジュアを配合し、乾燥知らずの潤いのある仕上がりが特徴です。

エクセル クリアルーセントパウダー

¥2,268

販売サイトをチェック

ルースパウダーについてご紹介しました。ルースパウダーは、メイク持ちやメイク崩れを左右する、とても重要なアイテムです。メイクの仕上げにルースパウダーを加えることで、変化を実感できるはずですよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。