LOVE

同棲ってどんな感じ?メリットデメリット、準備や気をつけたいこと

好きな彼氏と毎日一緒にいることのできる「同棲」は、カップルなら憧れる人も多いですよね。そこで今回は、同棲のメリットとデメリット、そして同棲を楽しく過ごすための準備や気をつけたいことをご紹介します。これから同棲を考えている方も、すでに同棲をしている方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

同棲ってどんな感じ?同棲を成功させるポイント①同棲のメリット

同棲しているカップル

カップルで一緒の部屋に住む「同棲」は、恋人として一歩前に進んだ証です。結婚を視野に入れて同棲するカップルも多いものです。

同棲は、好きな人と長く一緒にいることができるのが最大のメリットですよね。忙しくて予定が合わず、なかなかデートができないカップルも、同棲すれば、帰ってから大好きな人に会えるので、忙しいカップルにとってはかなり大きなメリットです。そして、部屋探しから、家具選びなど、同棲を始める前や、始めてからのおうち作りも楽しいですよね。

お互い実家暮らしの場合は、おうちにいるだけでデートできるのも魅力です。また、お互い一人暮らしをしている場合も、一緒の部屋に住むことで、部屋をグレードアップできたり、家賃や生活費、デート代を節約できるメリットもあります。結婚までの資金を同棲中に貯めているカップルもいますよ。

同棲ってどんな感じ?同棲を成功させるポイント②同棲のデメリット

同棲しているカップル

同棲のデメリットは、一緒に住むことで、相手の嫌な所が見えてしまって、幻滅したり、ケンカの原因になることが増える可能性があることです。

また、一人で過ごす時間がほしい方や、友達付き合いもたくさんしたい方にとっては、最初は楽しくても、後々窮屈に感じることもあるようですね。

そして、同棲は、一緒に生活していくので、家事をすることも必要です。家事の負担がどちらかに偏ってしまうと「何で自分ばっかり」と不満が溜まってしまうこともあります。

そして、カップルとして一緒にいる時間が長いと、どうしてもお互いに慣れてくるので、異性としてではなく、家族として見えてしまうこともあるようです。一緒に住むことで、お互いを異性として見れなくなってしまい、浮気してしまったり、別れを選んでしまうカップルもいます。結婚してからも、変わらずに仲良く過ごしていけるかどうかのお試し期間として「同棲」を考えることもできますね。

同棲ってどんな感じ?同棲を成功させるポイント③同棲を決めたら

同棲しているカップル

「同棲をしたい」と決めたら、まずは物件選びと、貯金を始めましょう。
二人で一緒に住む場合、単身者用の物件はNGですので、もしどちらかが一人暮らしをしている部屋で同棲を始めるなら、契約書を確認したり、大家さんに許可をもらう必要があります。

二人で新しく部屋を借りる場合は、学校やバイトにも通いやすい、お互いにとって便利な場所を選びたいですよね。できれば、2部屋以上ある物件ですと、どちらかが課題で忙しい場合や、具合が悪い時、少し息抜きをしたい時にも役立ちます。二人用の収納も必要ですね。

生活費がきちんとやりくりできるかどうかは重要ですので、二人で相談してみましょう。物件を借りるためには、初期費用や、最初に揃える家具や家電も必要になりますので、リストに書き出してみるのがおすすめですよ。

同棲ってどんな感じ?同棲を成功させるポイント④同棲を始める前に

同棲しているカップル

■家事は彼にも手伝ってもらおう
家事はどうしても、負担になってしまいがちです。同棲を始める時が、一番家事分担を決めやすいタイミングです。後から言うと、文句を言っているようにお互い感じてしまいますし、言いにくくなってしまうこともあるので、最初の話し合いは必要です。

ただし、最初から分担制にすると、自分の担当分だけをやって相手を手伝わなかったり、分担していないような買い物やちょっとした家事が押し付け合いになってしまうので「できる方がやる」「得意な方がやる」というようにするのもおすすめですよ。二人で一緒に「家事タイム」を作るのも良いですね。

■期限を決める
同棲は、ダラダラと続けてしまい「結婚が伸びてしまう」というのはよく聞く話ですよね。結婚前のお試しとしての同棲は、お互いの生活パターンや衛生面の目安、こだわりなどが合うかどうか見極めるためにもおすすめです。

しかし、期限のない同棲は、結局婚期を逃してしまうことにもなるので、1年や2年など、期限を決めて同棲すると、女性側は安心ですね。結婚を前提にしているなら、この機会に親に会ってもらうのも良いですね。

■お金の分担を決める
お金も、同棲でトラブルの元になりやすいので、二人で楽しく過ごすために、同棲に必要な生活費の分担も、最初に決めておくのがおすすめです。

例えば、全てを折半するカップルもいますし、電気代やガス代、水道代は彼氏が払って、食費は彼女が担当する、というカップルもいます。

毎月固定の家賃や光熱費は折半にして、食費やお菓子代、生活雑貨、デート代など、二人で楽しむものは二人で毎月2万円ずつ出し合ったお財布から出す、というスタイルをとっているカップルもいますよ。

同棲ってどんな感じ?同棲を成功させるポイント⑤いつまでも仲良く♡同棲で気をつけたいこと

同棲しているカップル

同棲は、二人で過ごす時間が長いですし、お互いに絆が深まります。しかし、一緒にいる時間が長いからこそ、注意が必要なこともあります。

■束縛しすぎない
例えば、同棲したからといって、お互いを束縛し過ぎてしまうと、息苦しくなってしまう可能性があります。
お互いの友達や家族と過ごす時間や、一人でゆっくり過ごす時間を持つ事は、楽しく同棲を続けるポイントにもなりますよ。

■気を抜きすぎるのはNG
また、彼の前で全てをさらけ出してしまうのはNG。男性は、女性にはいつまでも、恥じらいや、女の子らしい可愛いらしさ、付き合った時のスタイルを保っていてほしいと思う人が多いですね。

裸や下着姿で歩いたり、いつもすっぴん、部屋着でうろうろしたり、スキンケアやボディケアを怠ったり、幸せ太りしてしまうのは、他の女の子と比べられてガッカリされてしまうポイントです。メイクやヘアスタイル、ファッションも、定期的にアップデートしていきましょう。

「ありがとう」や「ごめんね」などの、基本的なマナーも、親しい間柄だからこそ大事にしたいですね。

■イライラしすぎも注意
そして、同棲を始めると、料理や洗濯、掃除など、色々な家事に追われて、学校やバイトなどとの両立が大変になる方も多いものです。疲れていたり、課題の提出前、体調が悪い時はイライラしてしまうこともあり、そんな時に彼に当たってしまうのは避けましょう。「明日でいいや」と気持ちを楽に持つようにしたり、彼に優しくお願いしてみましょう。

特に、彼がしてくれたことに対しては、彼に感謝したり褒めたり、言葉で伝えることは大切です。彼が、家事を進んで手伝ってくれるように促していきましょう。

■おうちデートばかりしない
同棲を始めると、家の居心地が良すぎて、休みの日はつい「おこもりデート」が続いてしまうこともあります。おうちデートは、節約にもなりますし、時間を気にせずゆっくりできますよね。

しかし、たまにはオシャレをしてショッピングに出かけたり、カフェやデートスポットに行くなど、外のデートもしていくのが、マンネリ予防におすすめですよ。可愛くオシャレをして、彼氏をドキドキさせましょう♡


カップルにとって同棲は、結婚への準備期間にもなるものです。二人で生活していくことは、大変なこともある分、絆も深まっていきますよね。二人で楽しく過ごすために、ぜひ参考にしてみてくださいね。