LIFESTYLE

人気漫画『恋は雨上がりのように』がついに実写映画化!あらすじやキャストは?

繊細な片思いを描く大人気漫画『恋は雨上がりのように』が待望の実写映画化!
映画ではどんな作品になっているのか、気になっている女の子も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、映画『恋は雨上がりのように』のあらすじや見どころ、キャストを紹介します。

『恋は雨上がりのように』のあらすじや見どころ

高校2年生の橘あきらは、陸上で活躍していたものの、アキレス腱のケガを負ったことから夢を絶たれてしまいます。
絶望の中、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれたのが店長で45歳の近藤正己。

この出会いをきっかけにあきらは、ファミレスでバイトを始めるのですが、バツイチ子持ちで45歳の近藤に密かに恋心を募らせていきます。
近藤への想いを抑えきれなくなったあきらは、ついに告白するのですが……。

真っ直ぐな17歳の恋の行方はどうなってしまうのか、さいえない45歳は真っ直ぐすぎるあきらの気持ちを受け止めることができるのか、二人を応援したくなるような作品になっています。

公開日:2018年5月25日
監督:永井聡
原作:眉月じゅん
脚本:坂口理子
キャスト:小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊 ほか
上映時間:111分

【キャスト紹介】橘あきら役:小松菜奈さん

17歳の真っ直ぐな女の子・橘あきら役を演じたのが、小松菜奈(こまつなな)さんです。

『ニコ☆プチ』でモデルとして活躍していましたが、中島哲也(なかしまてつや)監督の映画『渇き。』(14)のオーディションにて中島監督に発掘され、女優デビュー。

『近キョリ恋愛』(14)『バクマン。』(15)『予告犯』(15)『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16)『溺れるナイフ』(16)『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16)『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)『坂道のアポロン』(18)など、数々の大ヒット作に出演しています。

【キャスト紹介】近藤正己役:大泉洋さん

さえない45歳であるが、誠実で優しさに溢れた男・近藤正己役を演じたのが、大泉洋(おおいずみよう)さんです。

俳優、タレント、声優、コメディアン、作家、歌手と、マルチに活躍されています。

主な出演映画は、『探偵はBARにいる』シリーズ(11/13/17)『しあわせのパン』(12)『清須会議』(13)『青天の霹靂』(14)『ぶどうのなみだ』(14) 『アイアムアヒーロー』(16)『東京喰種トーキョーグール』(17)など。

『探偵はBARにいる』と『探偵はBARにいる3』では、日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞しています。

【キャスト紹介】喜屋武はるか役:清野菜名

 

清野菜名さん(@seinonana)がシェアした投稿 -

あきらの親友・喜屋武はるか役を演じたのが、清野菜名(せいのなな)さんです。

『映画 桜蘭高校ホスト部』(12)で映画デビューを果たすと、『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』 (14)『TOKYO TRIBE』(14)『金メダル男』(16)『暗黒女子』(17)『ユリゴコロ』(17)などの話題作に出演し、『東京無国籍少女』(15)や『雨女』(16)では主演を勤めます。

ドラマ『コウノドリ』(15/17)や、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(18)にも出演し、『今日から俺は!!』(18.10~)への出演も決まっています。

【キャスト紹介】加瀬亮介役:磯村勇斗さん

 

磯村勇斗さん(@hayato_isomura)がシェアした投稿 -

イケメンでモテる存在なのに、あきらが自分に惹かれないことから気になっていく加瀬亮介役を演じたのが、磯村勇斗(いそむらはやと)さんです。

中学生の頃に自主制作した映画がきっかけで役者を目指すようになると、2015年の『仮面ライダーゴースト』でアラン/仮面ライダーネクロム役でレギュラー出演し、話題を集めます。

映画でも『仮面ライダー』シリーズに出演し、『覆面系ノイズ』(17)ではドラムに初挑戦することになり、約3ヶ月間の練習を経て撮影に挑んだそう。
『ういらぶ。』(18公開予定) 『春待つ僕ら』(18公開予定)にも出演します。

【キャスト紹介】吉澤タカシ役:葉山奨之さん

 

葉山奨之さん(@officialshonohayama)がシェアした投稿 -

あきらを一途に想い続ける同級生・吉澤タカシ役を演じたのが、葉山奨之(はやましょうの)さんです。

映画『クローズZERO』の小栗旬(おぐりしゅん)さんに憧れて、中学3年生の時にオーディションを受けます。

『トテチータ・チキチータ』(12)で映画デビューを果たすと、『今日、恋をはじめます』(12)『夏ノ日、君ノ声』(15)『海よりもまだ深く』(16)『青空エール』(16)『アズミ・ハルコは行方不明』(16)『きょうのキラ君』(17)などに出演し、『春夏秋冬物語』(17)では主演を勤める。

【キャスト紹介】西田ユイ役:松本穂香さん

明るい性格で、あきらも心を許せる友達・西田ユイ役を演じたのが、松本穂香(まつもとほのか)さんです。

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』に刺激を受け、女優を目指し、オーディションに合格すると『風に立つライオン』(15)『青空エール』(16)『にがくてあまい』(16)『MATSUMOTO TRIBE』(17)など、次々と話題作に出演します。

ドラマ『この世界の片隅に』(18.7~)ではヒロインを務め、『世界でいちばん長い写真』(18公開予定)『名前』(18公開予定)『あの頃、君を追いかけた』(18公開予定)へも出演する注目の若手女優さんです。

【キャスト紹介】倉田みずき役:山本舞香さん

 

他校の陸上部員で、あきらのことを目標にしてきた倉田みずき役を演じたのが、山本舞香(やまもとまいか)さんです。

『暗殺教室』(15/16)『殿、利息でござる!』(16)『ひるなかの流星』(17)『未成年だけどコドモじゃない』(17)などの話題作に出演しており、『桜ノ雨』(16)では主演を勤めています。

ドラマ『南くんの恋人〜my little lover』(15~16)や『SR サイタマノラッパー 〜マイクの細道〜』(17)ではヒロインを務め、これからの活躍が期待されている若手女優さんです。

【キャスト紹介】久保役:濱田マリさん

原作通りだと大好評だった「ガーデン」を取り仕切るベテラン店員・久保役を演じたのが、濱田マリ(はまだまり)さんです。

映画では『謝罪の王様』(13)『悪夢ちゃん The 夢 ovie』(14)『マエストロ!』(15)『いぬやしき』(18)など、数々の話題作に出演。

ドラマでも『アンフェア』(06)『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』(11)『幽かな彼女』(13)『重版出来!』(16)『シグナル』(18)などで存在感やのある役を演じています。
関西弁を生かした役柄も多く、名脇役と言われている女優さんです。

【キャスト紹介】九条ちひろ役:戸次重幸さん

近藤の同級生で人気小説家の九条ちひろ役を演じたのが、戸次重幸(とつぎしげゆき)さんです。

『桜蘭高校ホスト部』(12)『エイプリルフールズ』(15) 『ホコリと幻想』(15)『一週間フレンズ。』(17)『神と人との間』(18)など、数々の話題作に出演しています。

ドラマや舞台、声優とマルチに活躍。
また、日本の演劇ユニット『TEAM NACS』のメンバーでもあり、大泉洋さんと仲良しです。

【キャスト紹介】橘ともよ役:吉田羊さん

女手一つであきらを育ててきた母・橘ともよ役を演じたのが、吉田羊(よしだよう)さんです。

『魔女の宅急便』(14)『映画 ビリギャル』(15)『HERO』(15)など、数々の話題作に出演されており、『嫌な女』(16)『ラブ×ドック』(18)では主演を勤めています。

NHK連続テレビ小説『瞳』(08)『ゲゲゲの女房』(10)『純と愛』(12)や、人気ドラマ『恋仲』(15)『コウノドリ』(15/17)などにも出演し、これからの活躍も期待されている女優さんです。

映画『恋は雨上がりのように』の原作やエピソード

映画『恋は雨上がりのように』の原作は、2008年『さよならデイジー』でデビューした眉月じゅん先生の漫画です。
『月刊!スピリッツ』にて2014年8月号から連載がスタートし、2015年度コミックナタリー大賞では第2位に輝き、2018年1月22日の第63回『小学館漫画賞』も受賞されています。

映画『恋は雨上がりのように』を見た眉月じゅん先生は、「あきらの瑞々しさ、店長のあきらへ向けられた笑顔が一人の人間としてとても等身大なもので、素晴らしいものでした。」とコメントされています。

出典元:
http://koiame-movie.com/comic.html

原作ファンの間でも、「ぴったりのキャスティングになっている」と話題になっていましたが、小松菜奈さんは脚本の流れに沿って撮影を進めていく「順撮り」ではなかったことや、あきらの気持ちがわからなかったことから役を通して探していったそうです。

その中で、大泉洋さんもあきらの心情などを一緒にたどってくれたそうで、リラックスできたと語っています。

出典元:
https://eiga.com/movie/88134/interview/

恋は雨上がりのように 1

¥596

販売サイトをチェック

『恋は雨上がりのように』の予告動画

 

『恋は雨上がりのように』の予告動画がこちら♪

クスッと笑えるシーンもあり、ほっこりするシーンもあり、泣けるシーンもある素敵な作品です。真っ直ぐすぎる橘あきらの恋を応援したくなりますね。


映画『恋は雨上がりのように』について、ご紹介させていただきました。
原作にぴったりなキャスティングになっており、始めてみる人はもちろん、原作ファンの人も楽しんで観ることができます。
年の離れた恋の行方はどうなるのか、ぜひハンカチを用意して観てみてくださいね♪