LIFESTYLE

いまさら聞けない箸の正しいマナー集!タブーな箸使いも覚えて女子力アップ♪

日本人ならば、誰もが小さい頃から箸を使っていますよね。普段から使い慣れている箸ですが、箸にも使い方のマナーがあるのをご存知ですか?もしかすると知らずうちにタブーマナーをしているかも……。そこで今回は、箸を使うときに実践したい「正しいマナー」と「NGな箸の使い方」についてご紹介します。ぜひ注目してみてくださいね。

箸の正しい使い方【1】お箸を持ち上げるときは3ステップで!

お祝い事の席での箸のコーディネート

正式な場所においては、箸はそれぞれ1膳ずつ箸置きの上に置かれています。しかし、普段家で食事をするときには、箸置きは使わない人も多いかもしれませんね。

箸を使うときには、持ち上げ方にも正しい作法があります。たったの3ステップ(三手)ですので、しっかり学んでおきましょう。

1.まず、右手で箸の真ん中辺りを上からつまんで上に持ち上げます。
2.左手を箸の下から添えて、右手は右端に滑らすようにして動かします。
3.滑らすように右手を下に持っていき、正しい位置で箸を持ちます。

このように、お箸は右→左→右のような三手で持ち上げるのが、正式な作法です。

箸の正しい使い方【2】箸先の3cmが美しさのポイント♪

パーティの席で箸で食事を取る人たち

日本料理などで箸使うときには、上品に食べるための必要なマナーがあります。どのように箸を使えば上品に見えるのでしょうか?広い面積を汚して食べると、下品な食べ方をしているという風に見られてしまうので注意しましょう。
そこで、箸先をあまり汚さずできるだけ箸先をって食べることが大切です。

箸先を食べ物につける目安は、約1.5cm~3cmです。昔からの言い伝えでも「箸先5分、長くて1寸」という言葉があります。フォーマルな席では、箸が食べ物に触れる面積についても気を使うと上品な食べ方になりますよ。

箸の正しい使い方【3】割り箸の使い方にもマナーがある!

日本的な飾り付けっをバックにした中でのお椀と箸のセット

外食をする場合は、衛生面を考えて割り箸が出てくることがよくあります。ここでは割り箸の正しい割り方と、割りばしの正しい使い方について見ていきましょう。


■割りばしの正しい割り方

1.割り箸はテーブルやお皿の上ではなく、膝の上あたりに持ちます。
2.割り箸は横に水平に持ちます。そして左手で下側の箸をしっかりと固定します。
3.右手で上の箸を持ち、上に引きながら静かに割ります。
4.箸を割った後に、左右の箸をこすり付けてクズを落とすなどはしないようにしましょう。


■箸袋の使い方

お店で割り箸が出てくるときには、箸袋も付いてくることがあります。この場合、食事のときには膳などの邪魔にならない場所に置いておきましょう。
そして食後は、箸袋に入れて戻しましょう。また、箸袋は箸置きがないときの代用にもなります。箸置き代わりにするときは、結び文や山型折りなどの折り方がおすすめです。

箸の使い方NG編【1】「重ね箸」と「迷い箸」

お寿司を箸で取ろうとしているシーン

ここからは、箸で食事をするときに「マナー違反」とされる使い方をピックアップしてご紹介します。
まず、箸のマナー違反で多くの方が知っている「嫌い箸(きらいばし)」について確認しておきましょう。


■重ね箸
重ね箸とは、ひとつの料理だけを食べ続けることです。特定のお皿やお椀の中身だけが減らないように、バランスよく食べることが正しいマナーとされています。


■迷い箸
箸を皿から皿へと迷いながら、箸でつつくようにしてしまうのが迷い箸です。特にフォーマルな場所では、吟味せずスマートに箸をお皿にのばすようにしたいですね。

箸の使い方NG編【2】口に運ぶときの「押し込み箸」「もぎ箸」「涙箸」は厳禁

丼ぶりの上に箸をおいておくNGシーン

箸を口に運ぶときにも、気を付けたいマナーがあります。ここでは3つのNG事項を確認していきます。


■押し込み箸

押し込み箸は言葉からも想像がつきますが「口に入れた食べ物をお箸で中に押し込む」ことです。この動作は食べ物にがっついている、という風に見られてしまいます。上品な食べ方をするには、この動作は避けたいですね。


■もぎ箸
もぎ箸は、お箸についてしまった汚れを、自分の口で拭き取るようにすることです。周りから「汚い」という印象を持たれてしまいますので、注意しましょう。


■涙箸

涙箸とは、料理を持ち上げて口に運ぶときに、汁がポタポタと落ちてしまうことです。汁気の多い料理の場合は、器を持ち上げて体の近くで食べるようにする、小さい取り皿を用意して取り分けて食べる、など心掛けましょう。涙箸はテーブルや服に食べ物がついてしまうので、工夫して口に運ぶ事が大切です。

箸の使い方NG編【3】日頃の習慣が出る「寄せ箸」「渡し箸」には注意

宙に舞うカリフォルニアロールとお箸

箸で食事をするときには、日頃の習慣がつい出てしまうということがあります。ここでは、普段の食事から気を付けておくべきマナーを挙げていきます。


■寄せ箸
箸をお皿や器の中に入れて、自分の方に引き寄せるという動作のことを寄せ箸といいます。一旦箸を箸置きに置いてから、両手で器を手元に移動する方法が正しいマナーです。


■渡し箸
箸を手から離して休ませるとき、お椀や茶わんに箸を置くことを渡し箸といいます。箸を下に置くときには、箸置きの上に置くようにしましょう。もし箸置きがない場合は、箸の袋を代用できます。

箸の使い方NG編【4】不吉な箸使いの「拾い箸」「立て箸」は周りを不快にさせる

箸を使って食事をする女性

箸の使い方でNGとされるものは、マナー違反だけではなく、死を連想させるような不吉なものがあります。これらはうっかりとしたとしても、絶対にしない方がよいものです。しっかりと理解しておきましょう。


■拾い箸

他の人に食べ物を受け渡すときに、箸から箸へ直接受け渡してしまう方法です。これは死者のお骨を火葬場で拾う際の方法で、不吉なこととされています。お料理は必ず一旦取り皿などに置いてから、渡しましょう。


■立て箸

立て箸は別名「仏箸」と言われます。人が亡くなったとき枕元に供える枕御飯で、箸2本(1セット)の場合と1本で立てる場合があります。他の人が食べてはいけないもので、普段の食事の時にこれを行うと死を連想させるため、マナー違反とされています。


ここまで、箸に関してのさまざまな使い方とマナーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。日本人が毎日使う箸は、使い慣れてはいますが、知らず知らずに間違った使い方をしてしまっていることもあります。フォーマルな席に招待されたときに、正しい箸の使い方のマナーを知っているかどうかで、大人の女性としての評価が断然変わります。毎日の習慣から見直して、正しい箸の使い方をマスターしましょう。