BEAUTY

キレイな自爪が理想です♡自宅でできる爪のお手入れ方法

いつも爪はきれいにしておきたいですよね。爪をキレイにしたい人はセルフケアを頑張りましょう♪
綺麗な指先になるための、自宅でできる爪のお手入れ方法をご紹介します。

爪のお手入れ方法①やすりで爪の形を整える

爪のお手入れの第1ステップは爪の形を整えること。伸びすぎた爪やガタガタな爪はキレイに見えないので、理想的な形を目指してやすり(ファイル)で爪を削っていきましょう♪

ここでは、先に緩やかなカーブがあり、横はストレートの「ラウンド」の形に爪を削る方法を紹介します。

<やすりで爪をラウンドに整える方法>
1.手をお湯につけて爪をやわらかくします。
2.やすりを爪に対して45度の角度に当てます。
3.やすりを横に動かし、好みの長さまで爪を削ります。
4.爪の右横にやすりを当てて角を丸めるように中央に向かって削ります。
5.左側も同じように削ります。
6.全体のバランスを整えます。

爪のお手入れ方法②甘皮処理で爪をキレイに♡

爪の形が整ったら、次は甘皮を処理していきましょう♪甘皮は爪が生えてくる場所にある薄い皮で、処理をすると爪の凸凹が改善されます。

甘皮処理は専用の道具を使ってもできますが、慣れていない人には難しく、正しく行わないと菌が入ってしまうこともあるので、初心者の人は綿棒を使ってやるのがオススメです。

<甘皮処理のやり方>
1.ぬるま湯に手をつけて指や爪をふやかします。
2.綿棒の先を水で濡らし、甘皮を爪のキワに向かって押し上げます。
3.甘皮や爪に残った皮が押しあがったら、濡らしたガーゼなどでふき取ります。
4.ネイルオイルなどで保湿します。

爪のお手入れ方法③爪を磨いてキラキラに☆

甘皮処理の次は爪の表面を磨きましょう。表面を磨くことで、爪の凸凹がなくなって、爪がキラキラと輝きます♪

爪を磨くときに使うのはバッファーとシャイナーです。バッファーには100や220などと数字が書かれていますが、数字が小さいほど目が粗く、爪が傷んでしまいやすいので、180以上の商品を選ぶのがおすすめです。

<爪の磨き方>
1.バッファーを表面に当てて凸凹がなくなるまで優しく爪を磨きます。
2.シャイナーで爪を磨き、光沢を出します。
3.ネイルオイルなどで爪を保湿します。

爪のお手入れ方法④補強コートでキレイな爪を守る

どれだけ爪のお手入れを頑張っても、爪が折れてしまうとキレイな爪を維持できません。お手入れの最後には補強コートを使って爪を守り、キレイな爪をキープしましょう!

補強コートはドラッグストアやバラエティショップなどで販売されていて、商品によってはトップコートやベースコートとして使えるものもあります♪

<補強コートの塗り方>
1.リムーバーをつけた綿棒で爪の表面や裏側の油分や汚れを落とします。
2.補強コートを中央、右、左の順で塗ります。
3.しっかりと乾かします。


指先がキレイだと、いつ誰に手元を見られても恥ずかしくないですし、自分で見ても気持ちが上がりますよね♪
学校やバイトでネイルアートができない人も、自宅で簡単にできるお手入れでキレイな爪を目指しましょう!