LIFESTYLE

ニキビにいい食べ物とよくない食べ物とは?食事でニキビを予防しよう

多くの女の子が悩まされているニキビを改善し、予防するためには、日々の正しいケアが欠かせません。
洗顔やニキビ専用の化粧水でスキンケアをすることはもちろん、毎日口にする食事も見直す必要があります。
そこで今回は、ニキビにいい食べ物とよくない食べ物についてご紹介します。

ニキビと食べ物は関係しているって本当?

鏡を見ながら頬に触れる女性

ニキビで悩んだとき、真っ先にスキンケアを見直していませんか?
外側からのケアも大切なのですが、明日の肌を作るのは毎日の食事なので、内側からのケアとして「今日食べるもの」についても意識したいものです。

ニキビにいい食べ物を選ぶことができれば、ニキビへの悩みを解決することができるといわれています。
反対に、ニキビによくない食べ物を選んでしまうと、ニキビを繰り返したり治りにくくなる原因になったりするので、注意が必要です。

どんな食べ物を選べばニキビにいいのか、そしてどんな食べ物がよくないのかご紹介するので、ニキビに悩んでいる女の子はぜひ参考にしてみてください。

ニキビにいい食べ物①ビタミンA

旬の野菜を集めた写真

ビタミンAには、肌の新陳代謝を活性化する働きがあります。
新陳代謝が活性化することで、肌細胞が次から次へと作り出されるので、古くなった肌細胞が剥がれ落ちていくのです。

新陳代謝が悪るいと汚れや角質がいつまでも肌に残り、ニキビの原因になることがあるので、積極的に摂りたい栄養素のひとつ。

ビタミンAを豊富に含む主な食べ物は、レバーやうなぎ、ほうれん草、人参などが挙げられます。
何かに偏らず、野菜も魚もバランスよく食べましょう。

ニキビにいい食べ物②ビタミンC

水につけた果物

ビタミンCと言えば、美肌効果があるとして有名なお話ですよね。

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える働きに加えて、炎症を抑える働きがあるので、ニキビを予防するだけでなく、できてしまったニキビの炎症も抑える効果が期待できます。

さらに、コラーゲンの生成を促す働きや、細胞を若返らせる働きなどもあるので、女の子にとって嬉しい効果がギュッと詰まっていますよ♪

ビタミンCを豊富に含む食べ物は、緑黄色野菜や果物が挙げられます。
果物も美味しくて食べやすいのですが、できるだけ野菜もバランスよく食べるようにしてくださいね。

ニキビにいい食べ物③ビタミンB2

フォークでお肉を刺した写真

ビタミンB2は、思春期ニキビの主な原因である「皮脂を分解する働き」があります。
皮脂を分解する働きによって皮脂の過剰な分泌を抑えることができるので、思春期ニキビを予防することが期待できるでしょう。

また、ビタミンB2には抗酸化作用もあるので、細胞の老化を抑制し、若々しい肌の維持をサポートする効果も期待できますよ。

ビタミンB2を豊富に含む食べ物は、主に豚肉や鶏肉、青魚、納豆、酵母などが挙げられます。

ニキビにいい食べ物④発酵食品

水切りヨーグルト

発酵食品に含まれる乳酸菌は、悪玉菌の繁殖を抑える役割があり、善玉菌を増やしてくれます。
そして腸内環境を整えてくれるので、美肌作りに繋がり、ニキビの改善や予防に役立ってくれますよ。

発酵食品の中でも特にいい食べ物が、納豆やお味噌、キムチが挙げられます。
ヨーグルトも効果的なのですが、脂質と糖質が高いものが多いので、できるだけ糖質ゼロのものを選ぶようにし、食べすぎには注意しましょう。

また、チーズも発酵食品に含まれ、タンパク質になりますが、栄養の塊なので食べすぎはNGです。

なるべく控えたい!ニキビによくない食べ物

ダイエットを頑張る女性

せっかくニキビにいい食べ物を選んだのに、よくない食べ物が混ざっていれば効果は半減してしまいます。
できるだけニキビのためには避けたい食べ物は、下記が挙げられるのでチェックしておきましょう。

■ニキビのために避けたい食べ物
・チョコレート
・スナック菓子
・ケーキなどの脂質たっぷりな洋菓子
・アイスクリーム
・ジュース
・ジャンクフード
・天ぷらなどの油っぽいもの
・大量のナッツ系

やはり糖質や脂質が高い食べ物はニキビにもよくありません。
甘いものが食べたいときは、4/1の量を食べるように心がけたり、代謝を上げるビタミンBやCをサプリなどで摂取するようにしましょう。

ニキビを改善・予防するなら食べ物だけでなく食べ方もチェック!

野菜を食べる女性

ニキビを改善し、予防するなら、ニキビにいい食べ物を選ぶだけでなく、食べ方にもポイントがあります。
効率よく栄養素を摂取するために、下記のことを意識してみましょう。

■ニキビにいい食べ物を食べるときのポイント
・毎回、しっかり噛みながら食べる
・納豆やおみそ汁などの発酵食品を、一日一回は必ず食べる
・毎食、タンパク質を片手一盛り分食べるようにする
・肉や魚は、柑橘類や酢、梅のような酸っぱいものと一緒に摂る
・サラダやおかずを先に食べ、ご飯を最後にする

しっかり噛むことで、吸収や消化されやすくなるので、左右30回ずつくらい噛むように心がけることがおすすめです。


いかがでしたか?
普段食べているものがニキビの原因になってしまうこともあるのですが、同じように普段から積極的に取り入れることでニキビを改善、予防することができます。
厄介なニキビに悩まされないために、ニキビにいい食べ物を食べていきましょう!

関連記事▶︎ニキビができちゃった…!早く治す正しい方法や対処法って?