FASHION

ボーダーのコーデ術!トレンドを意識した着こなしをピックアップ

カジュアルの代表的存在であるボーダーは、クローゼットに必ず一枚はあるアイテムではないでしょうか。ボーダーと言っても、カラー使いや幅のバリエーション、変形ボーダーなど様々ありますが、今回は旬コーデへの取り入れ方をご紹介します。

ボーダーは種類によって印象が違う!

ボーダーには様々な種類があり、それぞれ印象が異なります。

一番スタンダードな細めのボーダーは、清潔感があり落ち着いた雰囲気になり、どんなアイテムとの相性も良いというメリットがあります。

太めのボーダーは、カジュアル感が強く爽やかなイメージですね。子供っぽくなり過ぎないように仕上げるのがポイントです。

上部が無地になっているパネルボーダーは着やせ効果あり!
ランダムボーダーやマルチボーダーは、こなれた雰囲気を作れますよ。

それぞれのボーダーを旬なコーデに仕上げましょう。

旬アイテム!マルチカラーのボーダーワンピで大人女子に

 

藤田ニコルさん(@2525nicole2)がシェアした投稿 -

マルチカラーのボーダーは、少しレトロな印象になります。カジュアル感が減って大人っぽくなるので、オフィスでも活躍しますね。

特にブラウン系のカラーが入っていると、落ち着いた雰囲気が強くなります。男性ウケの良い伸縮性のある素材のワンピースで、デートに出かけるのもおすすめですよ。

カジュアルスタイルがお好みであれば、足元はスニーカーにしてみてください。

春夏はボーダーのニットタンクで肌見せコーデに!

ボーダーのニットタンクは様々なコーデに対応できるので、一枚あると重宝するアイテムです。

肌見せしたくなる春夏には、デニムやカラースキニーなどとクールにまとめるのも良いですが、ふんわりスカートに合わせてガーリーにまとめるのも好感度高めのコーデです。

爽やかな印象が強いボーダーなら、肌見せコーデもいやらしくならないので安心ですね。

太めボーダーでモノトーンカジュアルに挑戦!

太めのボーダートップスはカジュアルな印象が強くなります。同じくカジュアルなボトムとの相性はもちろん良いので、コーデの幅はかなり広いです。

そこでおすすめしたいのがモノトーンコーデです。カジュアルな雰囲気の中にも落ち着きをプラスして、旬のミックスコーデを完成させましょう。

モノクロボーダーに白いスカート、小物は黒で揃えればバッチリです。黒のキャップをプラスしても可愛いですよ。

セットアップで大人っぽい太めボーダーに!

カジュアル色強めの太めボーダーは、カラーを落ち着かせるだけではなくアイテムでもミックスコーデが作れます。

タイトなシルエットのニットやスリットが入ったボトムがセクシーなセットアップも、太めのボーダーなら健康的に着こなすことができますよ。

寒くなる秋冬は、アウターにGジャンやMA-1など、カジュアルアウターを羽織るのがおすすめです。

きれいカラーのボーダーは春コーデにぴったり!

ボーダーといえばネイビー×白が定番ですが、女性らしいカラーにするだけで印象も変わります。

ピンクやイエロー、グリーンなど春らしいビビットなカラーをチョイスして、同色のマキシスカートに合わせれば、季節感のある仕上がりになりますよ。

ユニクロやGUでは、毎年様々なカラーのボーダートップスが見つかるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カラーボーダーは色のチョイスで個性を出す!

自分の好きなカラーを着こなすのも、シンプルなボーダーアイテムだからこそできるメリットです。

定番カラーではないボーダーニットを、トレンドアイテムであるレース襟ブラウスの上に着れば、オリジナリティあふれる旬のコーデが完成します。

ついでにボトムや足元も同じカラーに合わせてしまえば、お出かけするのが楽しくなりますね。

大人っぽいランダムボーダーで高見えコーデに

ボーダーの幅が不規則になっているランダムボーダーは、ほど良い抜け感がプラスされて大人っぽく見えます。

Tシャツやニット一枚でもコーデの主役になるので、他のアイテムはシンプルにまとめるのがおすすめです。

トレンドのスウェットボトムやシンプルなデニムにウエストを前だけインすれば、こなれた大人女子の着こなしが完成しますよ。

定番ボーダーで旬のコーデを作る!

定番中の定番である細ボーダーのカットソー。他の人とかぶりやすいアイテムだからこそ、旬の着こなしを意識したいところです。

例えばボーダートップスに、プリーツスカートにGジャン、黒リュック、コンバースと全て定番アイテムでまとめても、着こなし次第で周りと差がつきます。

ポイントはカラーを2色+デニムに抑えて統一感を出すことと、Gジャンは腕を通さず羽織ること!他のカラーでも真似できるので是非試してみてください。

パネルボーダーはロングカーディガンと相思相愛!

上の方が無地になっているパネルボーダーは、着痩せして見える効果があります。さらに顔周りが白無地なら、顔色がワントーン明るく見える嬉しい効果も期待できます。

一枚ではちょっと寒い秋冬のアウターは、ロングカーディガンがぴったりです。

スッキリとタイトなパネルボーダーを、さらに縦長シルエットで細見えさせてください。ボトムが必要なカットソーの場合はワイドパンツなどボリュームがあるタイプでも安心ですよ!


ボーダーはトレンドに関係なく着ることができる柄ですが、それに甘えてついつい手抜きコーデになってしまいがちです。是非手持ちのボーダーアイテムを使って、旬のコーデを作ってみてくださいね。