BEAUTY

ハネやうねりとサヨナラ!正しいブローの方法

ブローは髪を乾かすだけでなく、スタイリングしたり、髪にツヤを与えたりするためにも欠かせません。ここでは、ハネやうねりを抑えて髪をキレイに見せるブローの方法をご紹介します♪

正しいブローの方法①髪が濡れているときはタオルドライ必須!

シャンプー後、髪を乾かすためにブローするときはまず、タオルドライで水分を落として置くことが大切!

お風呂上りの髪はキューティクルが開いてダメージを受けやすい状態なので、タオルドライをせずに長時間ドライヤーを当てると、髪が傷み、ハネやうねりが出てしまいます。お風呂から上がったらまず、タオルドライをして水分をふき取り、ドライヤーの時間を短縮して髪へのダメージを軽減しましょう♪

■タオルドライのやり方
1.吸水性の良いタオルで頭皮を包み込み、優しい力で頭皮の水分を取ります。
2.こすらないように注意しながら、タオルで挟んで髪の水分を取ります。
3.7割程度乾いたら、ドライヤーを当てます。

正しいブローの方法②お風呂上りのドライヤーの当て方

お風呂上りにドライヤーを当てるのは頭皮や髪を乾かして雑菌の繁殖を防ぎ、髪のキューティクルを守るため。
雑菌が繁殖したり、キューティクルがなくなったりすると、髪の健康状態が悪くなってハネやうねりが出てしまうので、お風呂上りは必ずドライヤーで髪を乾かしましょう♪

■ドライヤーの当て方
1.トリートメントやヘアオイルで髪にうるおいを与えます。
2.前髪を乾かします。
3.髪が長い人はヘアクリップなどで髪を分けておきます。
4.髪が密集している根元から乾かします。
5.髪とドライヤーを20㎝離し、上から下に向かってドライヤーを当てます。
6.手ぐしで髪を整えながら8割程度乾かします。
7.冷風に切り替え、髪を軽く下に引っ張りながら完全に乾かします。

正しいブローの方法③お出かけ前と寝る前のブローでハネやうねりを防ぐ

お風呂上りのブローだけではハネやうねりが気になってしまう人は、お出かけ前や寝る前にもブローをして、髪型を整えましょう♪くせ毛の人もお出かけ前や寝る前に正しい方法でブローすれば、いつもより髪をキレイに伸ばせます♡

■お出かけ前のブローの方法
1.寝ぐせ直し用スプレーなどで髪を軽く濡らします。
2.髪を両サイドと後ろに分けます。後ろの髪はさらに上下で分けておきましょう。
3.毛先を軽く引っ張りながら、後ろから前に向かってドライヤーを当てます。

■寝る前のブローの方法
1.手ぐしで髪型を整えながら、根元から毛先に向かってドライヤーを当てます。
2.後ろから前に向かって全体的にドライヤーを当て、髪をまとめます。

正しいブローの方法④髪型別のコツ

基本のブローの方法は同じですが、きれいなヘアスタイルに仕上げるためには、髪型別のブローのコツも知っておくのがおすすめです♡

■ショートヘアのブロー方法
ショートヘアをブローするときのコツはトップをふんわりとさせること。8割程度髪が乾いたら、根元から持ち上げるように冷風を当てるとふんわりとボリュームを出せます♪

■ストレートロングヘアのブロー方法
ストレートのロングヘアは毛先が広がりがち。ブローで毛先に熱を与えすぎるとダメージが進行してしまうので、毛先は冷風で乾かしてキューティクルを守りましょう♡毛先を内巻きにしながらドライヤーを当てると、ロングヘアでもきっちりまとまります。


ブローはヘアスタイリングや髪のツヤを守るために大事!毎日のブローを正しい方法で行って、ハネやうねりのないきれいな髪を目指しましょう♪