LIFESTYLE

学校に行きたくない…なぜか休みたいと感じる時の対処法7選

朝起きてすぐ、「学校へ行きたくない……」と感じるのはとてもつらいですよね。

学校へ行くための準備も億劫、朝ごはんだって別に食べたくない……一度「行きたくない」と思ってしまうと、どうしてもその考えが頭から抜けなくなってしまいます。

今回は、そんなときに試してほしい『学校に行きたくないときの対処法』をいくつかご紹介します!下向きな気持ちを少しでも上向きにできるよう、一度試してみてくださいね。

学校に行きたくないときの対処法<1>学校に行きたくない理由を考えてみる

学校に行きたくないと感じたら、自分がどうしてそんな風に思っているのか理由を考えてみましょう。

友達と上手くいっていない、勉強がつまらない、単に疲れていて体が重い、不都合なことはないけどとにかく面倒くさい……などなど、何かしらの『理由』が見つかるはずです。

行きたくない理由は、気の持ちようで何とかできる範囲のものでしょうか?それとも、根本的に理由を解決しないといけない深いものでしょうか?

「よくよく考えれば、別に気にするほどのことではないかも」と思えるような理由なら、面倒でも体を起こして学校へ行く準備を始めてみるのもいいかもしれません。

学校に行きたくないときの対処法<2>前の晩から学校へ行く準備をしておく

ただでさえ学校に行きたくない気持ちがあるのに、その気分を抱えたまま学校の準備をするのは本当に面倒です。「何でこんなことしなくてはいけないんだろう」と、途中で投げ出したくなってしまうことも。

そんな悪循環を防ぐために、毎日眠る前に明日の学校の準備を済ませておくことがおすすめです。明日着る制服や、授業のために持っていかないといけないものの他にも、友達と一緒に食べるお菓子なんかを用意しておくのもいいかも。

とにかく、「朝起きたら準備ができている」という状態が大事!そうしておくことによって、学校へ行くためのモチベーションがかなり違ってきますよ。

学校に行きたくないときの対処法<3>新しいヘアスタイルやメイクを試してみる

「学校へ行きたくない」なら、「学校へ行きたくなる」ような理由を作るのはいかがでしょうか。例えば新しいヘアアレンジやメイクなど、みんなに見せたくなるような外見の変化を作ると気分も上がるかもしれません。

美容室に行った次の日の学校って、みんなの反応が気になってちょっとワクワクしませんか?ヘアスタイルをガラッと変えるなどは頻繁にできるものではありませんが、ヘアアレンジやメイクなどの“ちょこっと変化”なら毎日でもできるはず。

自分の美容レベルも上がって、一石二鳥です。

学校に行きたくないときの対処法<4>仲直りの方法をシミュレーションする

もし学校へ行きたくない理由が「友達とのトラブル」なら、その友達との関係性が良くなるまで学校へ行くモチベーションが上がりにくくなってしまいますよね。そんな時は、「仲直りするためのシミュレーション」を、頭の中で試してみませんか?

「相手が悪い!」と思っていたら、こちらから関係を改善させるために動くのも何だか悔しくなってしまうもの。どっちが正しいかはこの際置いておいて、どういう風にアプローチすれば仲直りするまでの近道かを考えてみましょう。

学校に行きたくないときの対処法<5>午前・午後だけでも行ってみる

気の持ちようをいろいろと変えてみてもどうしようもないときは、ちょっと自分を甘やかしてみるのも手。「遅刻・早退」を自分に許してみるのはどうでしょうか。

例えば午前中は休んで回復し、午後からしっかり授業を受けてみる。逆に、行くだけ行ってみて無理そうだったら午後から帰るというのもありかもしれません。一日フルに頑張らなくてはいけない!と気負うよりも、気分が楽になります。

学校に行きたくないときの対処法<6>放課後の予定を作る

「学校に行く」という目的よりも、その後のお楽しみを作っておいてそれ目的に学校へ行ってみるのもいい方法です。つまり、『放課後に何か楽しい予定を作る』ということ。

友達を誘って遊びの予定を入れてみてもいいし、一人でのんびり買いものをするのもいいかもしれません。大切なのは、学校の近くや家までの帰り道などで遊ぶという、“放課後”だから意味がある予定を作ることですよ♪

学校に行きたくないときの対処法<7>将来のための数年!と割り切る

学校へ行きたくないという気持ちで悩むと、その悩みで頭がいっぱいになってしまうことがあります。

しかし、人生のうちで『学校』というものに通えるのは、いったいどれくらいの期間でしょうか。一般的に人が学校に通うのは、長い長い人生のうちの前半部分という、かなり短い期間でしかないのです。

「学校がつまらない、行きたくない」と思っても、その数年は人生のうちのほんの1ステージ。これからの将来のための数年!と割り切ってしまった方が、気分が色々と楽になります。


学校に行きたくないときに試してほしい、ちょっとした方法や考え方をいろいろ紹介させていただきましたが、いかがでしたか?どうしても気分が乗らないときは、思い切って休んでリフレッシュしてみるのもひとつの手です。ココロと体に無理をさせないよう、自分としっかり相談してみてくださいね。