LIFESTYLE

マスキングテープを上手に収納したい!おすすめの収納方法とコツとは

「マスキングテープ」は今や日常生活の中では欠かせない、万能の紙テープです。気軽にどこにでもペタペタと貼れて、一度貼ったものも剥がしやすく、アレンジもしやすいので女子を中心に大ブームが続いています。

今回は、この大人気のマスキングテープに注目してみます。たくさんある手持ちのマスキングテープを、上手に収納するにはどうしたらよいのでしょうか?また、可愛く見せることも意識した収納のアイディアにも焦点を当てていきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

マスキングテープとは?おすすめしたい収納方法はコレ

マスキングテープのコレクション

マスキングテープは元々は塗装用の保護粘着テープとして使われていたテープです。「マスキング」とは包み隠すという意味があります。粘着力が弱くすぐに剥がせるので、ラッピングや装飾・メモやワンポイントとしても使われています。

マスキングテープはプチプラなのに、丈夫でデザインも豊富なことで女子に大人気の文具アイテムですね。柄も無地やチェック柄だけでなくイラストやキャラクターなどとその種類が無限大ですね。

いつも可愛いマスキングテープを見つけては、ついついたくさん買ってしまう……という人も多いと思います。でも自分の部屋に収納するときには、なんとなく引き出しにしまっていて奥に眠っているマステを探すのに、一苦労することもありますね。

ここでは、機能的かつ視覚的にも優れたおすすめの収納方法をピックアップしてみました。


■ケースに入れて並べて収納

代表的な収納方法は、引き出し付きケースを利用してマスキングテープを並べて収納するやり方です。収納に使う引き出しは、小物入れやマステ専用のものでも構いません。引き出しの素材は、木製・透明アクリル製・半透明のポリプロピレン製などがあります。

もし「見せる収納」にしたい場合は、透明で外から見える引き出しがgoodですね。自分が使うときにも、一目でどの位置に収納してあるのかがわかり便利です。


■ラック式のホルダー・スタンド式のホルダーでおしゃれに見せて収納

マスキングテープは丸い形状でクルクルと巻き付けらていますので、真ん中にドーナツみたいに穴が開いています。この形状を利用して穴を通して収納する方法も、おすすめしたい収納術。

専用のラック型ホルダーは、横向きの棒にマスキングテープを差し込んで並べ、陳列してく収納ラックです。たくさんラックに並べると、お店の商品みたいにきれいに飾れますね。また、棒が垂直のものは上から順番に、マステを差し込んで下に落としながら収納するタイプのラック。カラフルなマステを並べて、雑貨屋さんみたいに飾ることができます。


■マスキングテープテープカッターにセットして収納する

文房具ショップや雑貨屋には、マスキングテープ用の専用のカッターが売られています。これはセロハンテープ台のマステバージョンのようなものです。片面にギザギザのカッターが付いていて、使うときにはテープを引っ張ってカットできる形。

マステ用専用カッターは、シングルタイプ、ダブル、複数を同時収納するタイプと種類がいくつかあります。良く使うものは、テープカッターにセットしておくとすぐに使えて便利ですね。同じカッターを複数揃えてデスクに並べておくと、見せるインテリアにもなるおすすめのグッズです。

マスキングテープを収納するためのコツとアイディアとは? 3点のポイント

マスキングテープ3種

マスキングテープは知らず知らずに、たくさん溜まっていくものです。そんなテープを上手に収納するための「コツとアイデア」をご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。


①身近にある小物入れをチェックしてみる

マスキングテープの収納のためには、必ずしもテープ用の収納グッズを買う必要はありません。自分の手持ちの小物入れや、お菓子の可愛い缶や箱などを一通りチェックしてみましょう。コスメのコットン用の入れ物や、キャラクターもののお菓子の缶など、サイズによっては、マステの収納に使えるものもたくさんあるのです。


②小物入れやラックに手を加える

マスキングテープは2~3個持っている、20個以上持っていいる、などと人によって保管したい数が違いますよね。また各自が収納しておく場所も、引き出しの中・本棚の片隅・デスクの上など、使う人によって変わります。

自分の持っているマステの数に合わせて、仕切り板で区切ったり、倒れてこないように積み重ねる方法、など収納の場所ごとに自分で手を加えてピッタリのサイズにすると、オリジナルの収納ができあがります。


③複数の収納グッズを組み合わせて「重ねる・並べる」とアレンジする

マスキングテープを収納するときに、一つの収納グッズで全部を収めようとすることが大変が場合もあります。また今後もさらにマステが増える可能性もありますね。

このようなケースでは、小さい収納グッズをシリーズで複数揃えて、横や縦に並べてたり重ねるという複数使いの収納もあります。アクリルケースや空き瓶、スタッキングホルダーなど色々なものが使えますね。

マスキングテープを上手に収納するグッズ①:透明アクリル素材の引き出し

小物入れや文房具入れとしても人気の、透明アクリル製の引き出し。たくさん収納できるだけでなく、外側からも見える収納方法とも言えます。

またこの引き出しを使うと、マスキングテープをデザインや色など、種類ごとに分けて並べておけるので使うときにも便利ですね。見た目もきれいに揃い、透明引き出しを置いておくだけでも素敵なインテリアになりますね。

マスキングテープをたくさん持っている人におすすめの収納グッズです。

MUJI 重なるアクリルケース2段引出

¥1,790

販売サイトをチェック

マスキングテープを上手に収納するグッズ②:デスク内整理用のトレー

半透明のポリプロピレン素材でできた小物整理グッズは、主に机の中のごちゃごちゃを解消したり、細かい付箋や消しゴムなどの小物整理に便利な収納グッズ。100円均一ショップにもたくさん種類がありますね。誰もが少なくても1つは持っているのではないでしょうか。

このポリプロピレン製小物入れは、マスキングテープの収納にも使えるのです!おすすめの収納方法は、マステを縦にして上からすぐに種類が分かるようにする収納方法です。内側に細かく仕切りがある場合は、マステの大きさに合わせて、仕切り板で仕切りを入れましょう。

同じ種類を揃えて机に入れておき、必要なときにケースごと取り出して使う方法や、デスクに並べておく「見せる収納」の両方が楽しめます。

MUJI ポリプロピレンデスク内整理トレー3

¥150

販売サイトをチェック

マスキングテープを上手に収納するグッズ③:専用のマスキングテープカッター

マスキングテープは普段の生活の中で、使う機会がとても多いテープです。自分が使いたい
と思ったときに、すぐに取り出せて好きな長さにすぐカットできたら便利ですね!そのようなマスキングテープをヘビロテしている人におすすめしたい収納グッズが「マスキングテープカッター」です。

片側にギザギザのカッターがついたマスキングテープ専用のテープ台です。ただ切るときだけでなく、そのまま机や棚に置いておいても可愛いインテリアとしても楽しめる一石二鳥のグッズ。

素材も木製だとレトロで優しい感じになり、陶器製は上品に、そしてアクリル製やカラフルなプラスチック製だと、モダンで楽しい雰囲気になります。

サンスター マスキングテープカッター (MU17SS)

¥886

販売サイトをチェック

マスキングテープを上手に収納するグッズ④:アクリルのキラキラ輝く小物入れ

マスキングテープは柄や色、デザインがとても豊富でカラフルなので、ただ引き出しに隠してしまっておくのはもったいないですよね。そのような場合は、蓋つきの透明小物入れを使った収納方法がおすすめです。

コスメようの蓋つきの透明ケースなら、外側からマステが見えますので探しやすくて便利。また、形状がおしゃれな小物入れを使うとインテリアにも生えますね。女子力高めの収納方法です。いくつか同じ入れ物を並べる収納もおすすめです。

ユーラー アクリルケース収納ボックス

¥1,100

販売サイトをチェック

ここまでマスキングテープを上手に収納するためのコツや、スタンダードな収納方法、そして意外な身近にあるアイディアなどについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

マスキングテープは買う頻度も使う頻度も高い、女子に大人気のテープです。自分が使いたいときにすぐに見つけられて、取り出しやすい収納を心がけていきましょう。カラフルなマスキングテープのおしゃれな収納をマスターすると、よりマステ生活が楽しくなります。