LOVE

年下彼氏は可愛くてかっこいい!長く付き合うコツや悩み別解決法をレクチャー

可愛くて一生懸命な年下男子は、魅力的ですよね。そこで今回は、年下彼氏と長く付き合うコツや、お悩み別の解決方法をご紹介します。年下彼氏と付き合っている方や、年下の好きな彼がいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

年下彼氏の魅力やメリット

年下彼氏に甘えられている年上彼女

弟のように可愛い、甘え上手な印象の年下男子は、普段は甘えん坊なのに、いざという時はしっかりしていて頼り甲斐があるギャップも魅力的です。あなたに「かっこいい所を見せたい」と思って、一生懸命頑張る男らしい姿もかっこいいですよね。

変にかっこつけなくていいという年下の立場から、ありのままの姿を見せてくれる所も年下男子のメリットです。

また、あまり年の差がない場合や、精神年齢が高い彼氏の場合は、「年上彼女」「年下彼氏」ということを意識しないような、男性として魅力的だったり、オトナっぽい男性も多く、年の差を感じていないカップルも多いですね。

年下彼氏と付き合う時の注意点やデメリット

ケンカしている年下彼氏と年上の彼女

年下彼氏にとって、年上の彼女と付き合っていることは、ステータスにもなっています。中には友達に自慢している彼氏もいるかもしれませんね。しかし、彼女が年上だからこそ、彼氏が甘えすぎてしまうことがあるのが、年下彼氏のデメリットです。

男性は、好きな人には少なからず「かっこいい所を見せたい」と思う人が多いものです。

彼氏が「年上彼女」ということにこだわっていたり、「年上だから奢ってよ」というような、年下の立場を利用しているような場合は注意が必要ですね。

また、年下彼氏は、あなたにリードしてほしいと思っている人もいますが、あまりに頼りにならならず、世話を焼きすぎてしまったり、何でも許してしまうのはNGです。

いつのまにか「お母さん」のような存在になってしまうこともあります。サポートのしすぎには注意したいですね。

年下彼氏と長く付き合うコツ【①】先輩風を吹かせない

年下彼氏と年上彼女

年下彼氏と長く付き合うコツは、彼氏を年下扱いしすぎないことです。


■下に見ない

年上だからといって彼氏を下に見たり、バカにしたりしてからかうような発言は、彼氏を傷つけてしまいます。「可愛い」という気持ちがあっても、子ども扱いするのも避けた方が良いですね。


■対等な立場で

また、意見が対立した時も、あなたの意見を押し付けてしまうのはNGです。
彼氏の意見が間違っていると思っても、真っ向から否定せずに「〇〇するのはどう?」「こういう考えもあるかもね」などのような、優しい口調で意見を伝えるようにしたいですね。

特に年下の彼氏は、自分が年下で、あなたに「子ども」だと思われているかもしれないことを気にしている人もいます。無理にオトナぶろうとしたり、背伸びしようとすると疲れてしまい、あなたとの付き合い自体に疑問を感じてしまったり、窮屈に感じることにもなりかねませんので注意したいですね。

年下彼氏と長く付き合うコツ【②】デートで無理をさせない

年下彼氏と年上彼女のサイクリングデート

年下彼氏と長く付き合うためには、デートで無理をさせないようにすることも大切です。


■「お金がかかる」と思われないように

例えば、デート代は意外にお金かかりますよね。「デート代は男性が払いたい」と思っている年下彼氏は多くいます。特に、初めてのデートの場合は、男性側は「自分が払ってかっこいいところを見せたい!」と思う人も多いものです。

オシャレなレストラン、素敵なカフェ、遊園地や水族館など、毎回デート代がかかると負担になってしまいます。また、旅行や、誕生日やクリスマス、記念日などの高価なプレゼントやおねだりも負担に感じることはあります。たまに甘えるくらいがちょうどいいですね。


■お金のかかりにくいデートも楽しもう

お互いに学生の場合は、デート代は二人でワリカンにするのがおすすめです。

・ウインドウショッピングデート
・公園デート
・ピクニックデート
・図書館デート
・サイクリング
・海デート

など、お金のかかりにくいデートを工夫すれば、彼氏があなたと過ごす時間ももっと楽しくなりますし、会う回数も増やしたいと思いますよ。

年下彼氏と長く付き合うコツ【③】トレンドに敏感になろう

トレンドをチェックしている女性

年が少し違うだけでも、流行っているものは変わってきますよね。
「落ち着いている」「オトナっぽい」ことが魅力な年上彼女と付き合っている年下の彼氏ですが、ジェネレーションギャップを感じたり、同じ年の周りの女の子と比べることもあります。

特に年が離れている場合は、年下彼氏に年の差を感じさせないようにしたいですね。

無理をするのはNGですが、落ち着きすぎるのも考えものです。メイクやファッションなどのトレンドはチェックして、定期的にアップデートしていきましょう。

流行っているものや、話題のもお店なども「子どもっぽい」「若いね」などと拒否せず、一緒に楽しんでみるのがおすすめですよ。

年下彼氏と長く付き合うコツ【④】彼氏を頼ろう

年下彼氏に慰めてもらっている年上の彼女

年下彼氏は、あなたに甘えたいと思う反面、男性として「頼られたい」とも思っています。
たまたまあなたが年上の彼女だった場合は、年下だからということは気にせず、同い年や年上の彼氏と同じように、彼氏に頼ったり、甘えてみましょう。

お互いに支え合える関係は、長く付き合っていく上で大切なことです。彼氏が何かしてくれた時は、「お願い」「ありがとう」「助かる」など、感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えたいですね。

「頼りになるね」「すごい」など、彼氏を褒めることも忘れないようにしましょう。

また、恥ずかしがったり、かっこつけたりせず、「大好き」という気持ちも伝えていくことで、彼氏も安心できますし、愛されている実感を持てるようになりますよ。

たまには悩み相談をして「いつも包容力のある年上彼女が弱い所を見せる」というようなギャップも、年下彼氏をキュンとさせるポイントですね。

年下彼氏と長く付き合うコツ【⑤】オトナの余裕を見せよう

年下彼氏と年上の彼女

年下彼氏と付き合う際は、オトナの余裕を見せることも大切です。

・連絡が来ない時にしつこく催促したり責める
・行動を把握しようとしたり口出ししようとする
・嫉妬したり、束縛をする

などの言動は「年上なのに子どもっぽい」と思われてしまうこともあります。

おいしい手料理やお菓子、手作りのお弁当などで、女子力をさりげなくアピールして、オトナっぽさをアピールするのも良いですね。


年下男子とのお付き合いは、家族や母親のようにならないようにするのが、長く付き合うコツです。ぜひ、年下彼氏と仲良く付き合う参考にしてみてくださいね。