SCHOOL

中間テストの勉強法が知りたい!効率の良い方法と対策4つ

期末テストや学年末テストなどと違って、中間テストは部活との両立も大変な時期ですよね。そこで今回は、中間テストの効率の良い勉強法をご紹介します。ポイントをおさえた勉強法で、好成績をゲットしちゃいましょう!

苦手をなくそう♡中間テストのおすすめ勉強法

■中間テストのメリット
期末テストや学年末テスト、実力テストなどと違って、範囲が狭いことが多いのが「中間テスト」。実技教科の筆記試験もないので、勉強もしやすいテストです。

特に、学年の一番最初に行われる中間テストは、まだ新しい学年が始まったばかりなので、みんな同じスタート。モチベーションも上がりやすいですよね。

■中間テストのデメリット
中間テストは、みんなが同じスタートなので、チャンスでもありますが、みんなが張り切ってるテストでもありますし、先生が変わって傾向がわかりにくいテストでもあります。

範囲が狭い分、細かいところまで出題されるかもしれないので、ムラなく復習する勉強法が成績アップのポイントです。

また、新しい環境や部活の試合や総体などとの両立が大変な時期でもあるので、効率よく勉強していきたいですね。

中間テストのおすすめ勉強法①間違えた問題を解決しよう♡

中間テストは、範囲が狭いことが多いので、まんべんなく復習する勉強法が得点アップのカギ!

学校のワークや参考書などをベースにして、まずは、一度問題演習をしてみましょう。

間違えた問題やわからなかった問題には印をつけておいて、二周目は印のついている問題だけを演習していきます。ここで間違えた問題には、また印をつけて、三周目は、二回間違えた問題のみを解いていきます。こうしておくと、自分の苦手がわかりやすいので、テスト直前にも見直しがしやすいですね。

演習する時は、わからない問題はそのままにしておかないようにしたり、間違えた問題は、解説を見て解き方を確認したら、答えを見ないで解けるように勉強してみましょう。

特に、教科書に出ている太字や強調されているところは、テストにも高確率で出やすいですし、ワークや参考書のまとめの問題や、基礎問題は、確実に解けるようにしておきたいですね!

中間テストのおすすめ勉強法②先生の話は要チェック

テスト直前になると、先生もテストの話をすることが増えますよね。先生の話は、テストに関する情報が出ることが多いので「ここは勉強しておいた方が良いかもね」「テストに出ます」などという言葉は、必ずチェックして、ノートにも残しておきましょう!

小さなことですが、それでも10点程度にはなるかもしれませんので、重要ですよね。
テスト前は特に集中して授業を受けていきましょう。テスト範囲の変更も言う場合もありますので、ぜひ聞き逃さないようにしましょう。

また、テスト直前に時間をかけて説明しているところも、テストに出やすいところ。
先生によっては、テストをすでに作り終えている場合、テストに出すところは丁寧に説明したりすることがありますよ!授業を参考にするのも、中間テストの得点アップにおすすめの勉強法です。

中間テストのおすすめ勉強法③早めが大事♡

範囲が短い中間テストは、先生もテスト内容に困っていることがあります。先生によっては、直前までテスト範囲が終わらなかったり、急にテスト範囲が変更になることもあるかもしれません。

ただでさえ時間のないテスト前に、新しく勉強をするのは大変ですし、時間もかかってしまいますよね。

テスト直前に習ったものは、習う度に暗記したり、疑問を解決したりできるように、二週間前には、勉強を始めておきましょう。直前に調整する時間を作ることができるので、気持ちにも余裕が出ますよ!早めに始めるのも、中間テストで得点を伸ばせる勉強法です。

中間テストのおすすめ勉強法④忙しい時期は

学校によっては、中間テストの時期は、ちょうど大きな試合の前後であることが多いので、部活との両立が大変という方もいると思います。疲れている頭で、一から暗記をして、問題演習していくのは大変ですよね。

また、学年の最初の中間テストは、新しい環境にまだ慣れていなかったり、新しく始めた塾との両立が大変だったりと、部活以外でもテスト勉強との両立が大変な方もいると思います。

テスト勉強では、机に座って問題演習することも大切ですが、英単語や熟語、理科や社会の用語など、暗記するものもたくさんありますよね。

机に座って問題を解く気力がなかったり、忙しい時は、暗記科目はコツコツこなしておくと、テスト前の負担が軽くなるかもしれません♡また、暗記科目は、一気に覚えようとしても大変なので、コツコツ暗記することは、有効な勉強法♪あまりまとまった時間が取れない方は、スキマ時間にまずは暗記を進めていきましょう。

バスや電車、車などの通学時間や移動時間、ちょっとした待ち時間がおすすめです。夕食後に、30分でもいいので暗記する時間を作っておくだけでも、テスト前に役立ってくれますよ。


範囲が狭い中間テストは、細かいところまで出題されるかもしれないので、間違えた問題を解けるようにするような勉強法が特に有効です。部活や塾などとの両立が大変な方は、スキマ時間を暗記時間にして、効率よく問題演習する時間を作ってみてくださいね。