BEAUTY

ヘアピンの種類と使い方を知っておこう!ピンの名前と使用シーンは?

ヘアピンは女子にとって、今も昔も馴染みのあるヘアアイテムです。実用的なものから、おしゃれなデザイン、デコレーションがたくさん付いているもの、などと近年は種類も豊富ですね。

今回は、おなじみのヘアピンに関して、その種類と使い方の特徴、そして最近のオススメ人気ヘアピンなどを種類別にご紹介していきます。ぜひ自分のお気に入りや、普段使いできるピンを見つけてみましょう。

ヘアピンはどのような特徴があるの?主な種類もチェックしましょう

飾りヘアピン

ヘアピンとは、主に髪の毛を一方に寄せたり、まとめて結い上げるときに、髪が落ちないようにするために使われている髪のアイテムです。また、スポーツなどで激しい動きをする際に一時的に髪の毛が乱れないように使う、などといくつかある持っていると便利なアイテムなのです。

ヘアピンの主な種類は「アメリカピン」「スモールピン」「Uピン」「鬼ピン」などがあります。これらは、作り上げる髪型や、目的によって使い分けたり、複数の種類を一緒に使うなどで使用することが多いのです。

ヘアピンの特徴は「髪にしっかり留まりホールドして落ちてこないようにする」という目的で作られています。最近はアクセサリーのように、おしゃれなヘアピンも多数販売されています。実用性だけでなくおしゃれ感覚でその時の自分のファッションに合わせて使う、というケースも多いようですね。

アメリカピン

アメリカピンはシンプルな形ですが、これには更に複数の種類に分かれます。まず大きさで分けると、大きいサイズはそのまま「アメリカピン」と呼び、より小さなサイズのヘアピンは「スモールピン」と呼ばれています。2つの違いは大きさだけです。

次に、このアメリカピンはピンの先に玉がついている「玉付き」と、何もついていない「玉無し」があります。玉が付いているタイプは、使うときに頭皮に当たっても痛くない上、頭皮を保護します。

また、ヘアピンの構造上で、片辺が波打っているものは「波あり」と呼び、波がないタイプは「ストレート」といいます。各種類の特徴は、波ありの場合は髪をしっかりホールドする力が、より強いというタイプのピンなのです。

ユニークな「ウェーブヘアピン」を使えば、印象がガラリと変わる♪

スタンダードなヘアピンは日常使いで実用的な使い方をしている女子にオススメしたいはピンは、ウェーブヘアピンです。ピンの片側が、波打つデザインがユニークで、柔らかな印象を与えてくれますね。

台座にラインストーンが付いているタイプは、さらに華やかさも演出できるピン。キラキラしたラインストーンが、リッチで上品な雰囲気のヘアピンです。

普段と印象を変えたいときや、可愛い服を着るときに合わせてヘアピンも変えてみることをオススメします。

KG MART ラインストーン付ウェーブヘアピン

¥324

販売サイトをチェック

「Uピン」はロングヘアの人には欠かせないヘアピン♡

キラキラデザインのUピン

Uピンとはその名の示す通り、形がUの文字になっているタイプのピンです。主に使う場面としては、髪の毛をアップにしたり、まとめるときに補助的に使うピンです。髪の裏側に隠れるようにして挿すために、一見ピンを使っているかが分からないように使用します。

また、逆にビーズやジルコニアなどの飾り付きのUピンもあります。このタイプはUピンを見せるようにして、髪に挿して使います。かんざしのように使えるヘアピンですね。

Uピンはお団子のヘアスタイルや夜会巻きなど、髪をまとめるときには欠かせないヘアピンがUピンなのです。使うときのポイントとしては、髪の毛を縫うように留めること。ピンの先を折り曲げて留めると、髪から抜けにくくなります。

「スリーピン」とはどんなピンのこと? 特徴と使いたい場面について

スリーピン

スリーピンは女子なら誰もが小さい頃に使ったことのあるいわゆる「パッチン留め」のことです。無地で黒やブラウンなどのシンプルなものから、飾りや柄が入ったものなどいろいろな種類があるヘアピンです。

このピンは「パッチン」と髪にしっかり留められるので、ストレートヘアなどアメリカピンでは滑って落ちてしまうようなケースでも、難なく使える優れもののヘアピンと言えます。

また、ワンポイントの髪飾りとしてだけでなく、実用的な意味合いで髪留めとしても実力を発揮しますので、いくつか常に手元のおいておくと便利で可愛いですね。

アクセサリーが付いたアメリカピンやスリーピンでオシャレに決めよう!

キラキラヘアピン

ヘアピンはシンプルなデザインだけでなく、ビーズやスワロフスキー、ラメが付いたものなどカラフルでデコレーションが入ったものが多数販売されていますね。このタイプのピンを使えば、シックに決めたり、ワンポイントのアクセサリー代わりに、そしてラフな髪型のアレンジとして、など使用範囲が広がります。

デコレーションされたピンで、オススメしたい使い方は複数使いです。デザインの違うデコレーションピンをいくつかまとめて、髪のサイドやトップの位置に付けるだけで、上品にそして変化のある髪型になりますね。

また、シンプルなデザインのアメリカピンを複数使って、星の形にしてみるのもオススメしたい使い方です♪


ここまで、ヘアピンの種類とその違い、そしてどのように使うのかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?馴染みのあるヘアピンは、使い方次第で、いろいろなニュアンスの髪型にすることができる優れもののヘアアイテムなのです。

値段もお手頃な物から揃っていますので、ぜひたくさん揃えてデートに学校に、会社などさまざまな場面に活用してみませんか。