FASHION

スカーフの巻き方をご紹介!コーディネートにプラスして華やかにアップデート♡

シンプルなコーディネートをぐっと華やかにしてくれるスカーフ。でも、スカーフって何だか使うのが難しそう……と思っている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、スカーフの巻き方や使い方をご紹介します!

スカーフが優秀すぎる!

カラフルなスカーフは、コーディネートのアクセントになること間違いなし。

首に巻くシンプルな使い方以外にも、鞄に巻いたり、ヘアターバンとして使ったり活用術はバリエーション豊富。

それでは早速スカーフの巻き方アレンジを見ていきましょう!

【スカーフの巻き方アレンジ・1】定番のループノット

スカーフを巻いてみたけど、なんだか結び目が上手くいかない……という経験をした方も多いのでは?

ループノットという巻き方を覚えていると、すっきり使うことができるのでおすすめ。定番の巻き方ですよね。

 

ループノットの巻き方

【1】スカーフを細く折り畳む

【2】真ん中部分を固結び作る

【3】結び目が前に来るように、後ろでスカーフを交差させるように巻く

【4】スカーフの先端部分をそれぞれ結び目にクロスさせながら通す。

【5】バランスを整えたら完成!

この結び方なら簡単に綺麗に仕上がります。

【スカーフの巻き方アレンジ・2】少し凝った首への巻き方

 

スカーフもいつも同じ巻き方だとつまらない!という方は、少しアレンジを加えてみてはいかがでしょうか?

首元に一周巻いたスカーフにそれぞれ先端を編むように通す方法です。一見凝って見えますがやり方は簡単。ぜひ練習してみてくださいね。

こちらのスカーフの巻き方はストールなどにも応用できますよ♪

【スカーフの巻き方アレンジ・3】カウボーイ巻き

 

スカーフを全面に見せたい時はカウボーイ巻きがおすすめ。カジュアルな印象に仕上がりますよ。

【1】三角に折ったスカーフをデコルテ部分に置く

【2】先端を首の後ろでクロス

【3】先端を前部分で固結び

【4】バランス調整して完成!

【スカーフの巻き方アレンジ・4】小さめスカーフをコンパクトに巻く

小さめのスカーフは細く折ってコンパクトに巻くのが可愛いですよね。サイドに結び目が出ると古めかしい雰囲気になってしまうので、折り畳んで収納するのがおすすめ。

または、背中に長めのスカーフを垂らしてバックコンシャスに決めるもおしゃれですよ♪

【スカーフの巻き方アレンジ・5】バッグに巻く

首に巻く以外にも使えるのがスカーフの良いところ。

首に巻くのがなんとなく慣れなくて気恥ずかしい……という方は、まずはバッグに付けてスカーフアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

持ち手やストラップ部分に固結びするだけなので、簡単ですよね。

 

普通に結ぶのが定番ですが、ハンドル部分をくるくるスカーフで巻くアレンジも近年人気を集めています。

【1】スカーフを細長くなるように綺麗に折り畳む

【2】ハンドルの付け根にスカーフの先端を結ぶ

【3】ハンドルにバランスよく巻き付ける

【4】先端を結んで完成!


スカーフを巻くことで、いつものバッグが新鮮な印象に♪

【スカーフの巻き方アレンジ・6】ターバンとしてヘアアレンジに使う

 

スカーフはターバンとしても使えます。

頭に巻いてキュッと結ぶだけなのに、一気におしゃれな髪型に変身。
スカーフの幅を調節したり、結び目の位置を変えることで色々な雰囲気が楽しめるので、似合う巻き方を探してみてくださいね。

【スカーフの巻き方アレンジ・7】ボブのハーフアップアレンジ

ロングやミディアムヘアに比べてアレンジバリエーションが少ないボブも、スカーフをプラスすることで一気に華やかな雰囲気に。

こちらはハーフアップしたゴムの部分にスカーフを通してリボン結びしただけ。簡単なので、不器用さんにも安心です♪

【スカーフの巻き方アレンジ・8】一緒に編み込む

ロングヘアさんにおすすめなのが、スカーフと一緒に三つ編みしたりロープ編みする方法。

ポニーテールしたゴムの部分にスカーフを巻いて、バランス良く編み込んで先端で結べば完成です。

ヘアゴムを隠してくれるのも嬉しいですよね。

【スカーフの巻き方アレンジ・9】ベルトにする

スカーフはベルトとして使うことで、シンプルなコーディネートのワンポイントになりますよ。

デニムなどのパンツはもちろん、ゆるっとしたワンピ―スとも相性抜群。ウエストにメリハリが生まれスタイルアップ効果もばっちりです!

【スカーフの巻き方アレンジ・10】スカートのレイヤードスタイル

大判スカーフは、ロング丈ワンピ―スのスカート部分に重ねることでこなれ感アップ。

スカーフの柄次第で色々な雰囲気が楽しめるので、シンプルな無地のワンピースのマンネリ解消にもなりますよ。

【スカーフの巻き方アレンジ・10】ビスチェ風

スカーフを胸元で結ぶことで、ビスチェっぽい雰囲気が楽しめます。細長いスカーフならビキニ風に。

ヴィンテージライクな服装にぴったり♪


スカーフの色々な巻き方をご紹介しました。スカーフを取り入れることで、コーディネートの幅が広がること間違いなし!ぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね♪