LIFESTYLE

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』あらすじやキャストをご紹介!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、「Yahoo! 知恵袋」に寄せられたひとつの内容をもとに映画化された作品です。毎日のように死んだふりを続ける妻が可愛くて面白い作品ですが、気になるキャストやエピソードをご紹介します!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』映画紹介

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』略して『妻ふり』は、実際に起こった出来事を、実話で再現している映画です。

2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されたある質問から始まりました。「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問で、具体的にどのような死んだふりをしているのかの内容も載せられていました。

この内容にすごい反響があり、作曲家のほぼ日Pさんが音楽を作ってしまうほどの人気に。そのあと2013年には漫画が発売され、そして映画化が決定しました。

毎日さまざまなパターンの死んだふりをしている妻に、面白く可愛さも感じられる作品です。楽しさや夫婦のよさを感じられます。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
ーーーーーーーーーー
公開日:2018年6月8日
監督:李闘士男
原作:K.Kajunsky
脚本:坪田文
キャスト:生田斗真、瑛太、佐藤浩市、夏帆、山本美月 ほか
上映時間:115分
ーーーーーーーーーー

【キャスト紹介】妻のちえ役:榮倉奈々さん

 

不思議な行動を繰り返す妻のちえやくを演じるのは、ドラマや映画で幅広く活躍している榮倉奈々(えいくらなな)さんです。

榮倉奈々さんは、2002年にスカウトされた後、SEVENTEENの専属モデルを務め、大人気になりました。2004年に女優デビューを果たし、2010年に公開された映画『余命一ヶ月の花嫁』では、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞している、実力派の女優さんです。

アクションからラブストーリーまで、幅広いジャンルで高い演技力を見せつける榮倉奈々さんの、可愛くて面白い役柄に注目です♪

【キャスト紹介】夫のじゅん役:安田顕さん

 

一般的で普通、かつ冷静な夫のじゅん役を演じるのは、カメレオン俳優として注目を浴びている安田顕(やすだけん)さんです。

安田顕(やすだけん)さんは、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、個性的な役や硬派な役まで幅広く演じ、その演技力は高く評価されています。

ドラマ『問題のあるレストラン』や、『嘘の戦争』『下町ロケット』など、数々の作品に出演し、名わき役として人気を集めています。現在もドラマや映画だけではなく、舞台などにもひぱりだこです。

エピソードご紹介

 

不思議な行動を取り続ける妻と、不思議に感じながらも理解しようとする夫。2人のちょっと不可解だけど微笑ましく、すれ違っている部分もすべて愛らしい作品です。

中でも注目なのは、榮倉奈々さん演じるちえが、様々な死にざまを披露するところ。すべてクランクインから全て取ったそうで、かなり大変だったそうです。

1日に3,4ずつするので、メイクさんもどうすればより死体に見えるかなどを工夫していたそうで、すべてとことんこだわっていたと、榮倉奈々さんはおっしゃっています。

一方、夫のじゅんやくを演じた安田顕さんは、監督の発想がぶっ飛んでいて、わからなくなったそうです。しかし出来上がりが素晴らしく大好きになり、監督の素晴らしさを実感したそうです。

提供元:
https://eiga.com/movie/87167/interview/

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』原作紹介

「Yahoo!知恵袋」のとある投稿から始まった『妻ふり』は、その質問者である投稿者のkkajunskyさんが、あまりにも質問に対しての反響が大きかったため、ブログを開設しました。

そのブログでは、妻とのなれ初めや、その後の生活などを綴るようになっていき、そして2013年には、ブログの話をもとにした漫画(全3巻)が発売されました。

その後2018年に全国ロードショーが決まりました。kkajunskyさんの実話をもとにしたストーリーなので、夫婦の楽しさや微笑ましさ、ときに不可解な出来事もありますが、心温まる気持ちになれます。

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』予告動画

 

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 どういうことなのでしょうか?」という些細な疑問から始まったこの物語は、ある時は血まみれで、ある時は頭に矢が刺さったり、様々な死にざまで夫を迎えます。

妻が死んだふりをしている本当の意味とは何なのでしょうか。夫はときに突っ込み、またはスルーするときもあります。そんなふたりの掛け合いが、笑えてちょっと微笑ましい、そんな内容になっています。


『妻ふり』は、「Yahoo!知恵袋」のほんの些細な質問から始まりました。ちょっと不思議な妻ですが、夫婦の楽しさなどを知ることができる素晴らしい作品です。妻の死にざまには、毎回笑わされ、微笑ましく感じられますよ♡気になる方は、『妻ふり』をチェックしてくださいね。