BEAUTY

憧れの美人顔に近づきたい女子は必見!美人顔の特徴と魅せるメイクテクとは?

顔の造形が美しい人(女性)のことを美人と言いますが、その基準やどこを見て美人なのかが今一つ分からないということはありませんか?ただ単に各人の好みの顔であったり、感情的な部分が多く入って見ているからではないか?と思うかもしれませんね。

自分の顔を鏡で見たときに、果たして自分の顔は美人の部類に入るのだろうか?ということは意外と分からないものです。そこで今回は、標準的に見た美人顔について、その特徴や要素をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

美人顔の特徴(1):鼻筋が通っていて目が印象的で魅力的な顔

微笑む女性

顔の中で最も印象に残るパーツと言えば、顔の中心に位置する鼻と、話すときに見つめる事が多くなる目ですね。この2つが美人の条件にはとても大切な要素になるのです。

まず鼻は鼻筋がすっと通っていると美人に見えますね。一方鼻が低いと、残念ながら美しいとあまり言われないことが多いものです。鼻は顔の中心に位置していて、顔全体の印象を左右しやすいものです。そして鼻の形や高さなどで、ガラリとその人の顔の印象が変化します。

また美人顔の人は、たいがいは目がとても魅力的で印象的なことが多いですね。目も顔の中で大切はパーツの一つと言えるでしょう。そして目は大きいと美顔に近づきます。そして二重も大きなポイントです。

実際に美人と言われる人の目に注目してみると、目が大きく二重なことが多いもの。そして不思議なことに二重はさまざまな要因から、女性の顔を美人に見せてくれるものなのです。

美人顔の特徴(2):横顔がEラインになっている顔

女性の横顔

「Eライン」という用語は聞いたことがありますか?これは元々は1954年に歯科医のロバート・リケッツが提唱した美しい顔の基準の一つです。人間の横顔の鼻の先から顎の骨を一直線で結んだときにできるラインのことを呼びます。

このラインを引いたときに、唇が一直線のラインの内側に収まっている状態を、美人顔と呼んでいるのです。

自分の顔にEラインがあるかどうかをチェックするには、鼻の先から下顎まで人差し指を近づけてみましょう。このときに、唇が人差し指に当たってしまうならば、残念なことにEラインがないということになります。

美人顔の特徴(3):肌が綺麗で口角がアップしている顔

水を飲む女性

美人顔の特徴として「肌がきれいなこと」と「口角が上がっていること」も挙げられます。上の美人の特徴で見てきた要素はどれも生まれつきの素の顔を指すことが多かったのですが、この2つに関しては後天的に自分の努力で実現できる内容ですね。

美人顔の多くは、口角が上がっていて肌も透き通るようにきれいです。口角が上がっている顔は笑っているような、微笑んでいるような表情になります。そして明るく見えて良い印象を相手に与えることができます。一方で口角が普段下がっている人は不満顔で不愉快そうに見えてしまいます。

またお肌が綺麗なことも、周りの人の目に入り印象を左右する要素となります。ニキビや吹き出物がない綺麗な透明感のある肌の人は、それだけでも美人に見えるものなのです。この口角UPの顔と肌については、日々の努力と心がけでかなり改善されますので、ぜひお手入れや表情筋を動かす努力をしてみましょう!

正統派美人顔にみせるメイクアップとは?

メイクをする女性

正統派な美人顔に必要なことは「強い目元」です。「目は口ほどに物を言う」という言葉がある通り、周りの人に強い印象をもってもらうためには、目元に強さを取り入れるメイクが効果的と言えます。では、目元だけでも美人顔に近づく美人顔のメイクをご紹介していきます。

■目頭と眉頭の位置を揃える:目頭はアイラインで、そして眉頭はアイブロウで位置を延長線上に揃えていきましょう。

■眉山の位置:小鼻から黒目の外側の延長戦上に、眉の一番高い山がくるように描きます。形はへの字です。

■ハイライトを上手く使う:アイメイクのあとには、目頭と目尻の下に明るいハイライトを入れましょう。こうすることで、目元に影と光ができてます。そして立体的でキリッとした目元になれますよ♡

■アイラインで切れ長の目を作る:ブラックや濃いブラウンのアイライナーを使用して、目尻の部分を跳ね上げるように、キリッとした目元を描いていきます。


今回は「美人顔」とはどのような顔のことなのか?ということと、美人顔に近づくためのメイクアップ術についてもご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分の思うところの美人顔と一致する部分はありましたか?顔が美人であるかどうか、ということはイコール黄金比率がある顔であったり、印象が明るいこと、そして誰がみても不快感がないパーツの要素を満たしているということなのです。

誰もが生まれつきの顔そのものは変えられませんが、メイクやスキンケア・表情筋を鍛えることなどで、かなり理想の美人顔に近づくことも可能なのです。また、持って生まれた顔そのものよりも、顔の表情や笑顔がその人の魅力を高めるということを忘れずに、女子力を磨いていきましょう。