BEAUTY

ダブルカラーとは?メリットやデメリット、おすすめカラーをご紹介♪

イメチェンをしたいときや、おしゃれなヘアスタイルを楽しみたいときに欠かせないヘアカラー。
カラーリングやブリーチなどがありますが、その他にも"ダブルカラー”という方法があることをご存知でしたか?
ダブルカラーとは一般的なヘアカラーと何が違うのか、メリットやデメリット、おすすめカラーについて見ていきましょう。

ダブルカラーとは?みんながトライするメリット

ダブルカラーとは、「ダブル」という言葉がつくように、"ブリーチをした後にカラーリングをする”という2段階の工程を経て行うカラーリング方法です。

髪の毛にあるメラニン色素を一度キレイにブリーチし、好みのカラーを入れることでイメージに近いヘアカラーにすることができます。
また、発色がいいこともダブルカラーの魅力で、通常のカラーでは出せない明るい色を出すことができますよ♪

そして、一度色素を抜くことで、透明感のあるヘアカラーに仕上げることができるのもダブルカラーのメリットです。
外国人のようなヘアスタイルが楽しめるので、グッとおしゃれ度が増します。

ダブルカラーのデメリットとは?

外国人のような透明感や明るい発色を叶えてくれるダブルカラーですが、一度色素を抜くので髪への負担は大きくなります。
髪が傷むとパサパサしてしまい、枝毛などを招いてしまう可能性があるのです。

また、色落ちをしやすいというデメリットも……。
感じ方によっては色味の変化を楽しめるのですが、髪の毛が伸びてきたときはプリン状態が目立ってしまうことがあります。

色を保ちたいという場合は、1ヶ月に1度くらいのペースでカラーを行うことが進められていますが、ダメージや費用が大きくなることも覚えておいたほうがよさそうです。

インバストリートメントだけでなく、アウトバストリートメントも取り入れて、美しい髪を保つために潤いを与えていきましょう。

ダブルカラーにおすすめのカラー集①大人上品が2割り増しするダークトーンのダブルカラー

重たさが出てしまうダークトーンでも、ダブルカラーにすると透明感を出すことができるので軽やかに見せることができます。

明るいトーンができない女の子でも楽しめるカラーです。

ダブルカラーにおすすめのカラー集②優しい雰囲気になるアッシュベージュ

ダブルカラーをする上で大人気なのが、アッシュ系です。
ブリーチ後にアッシュベージュを入れてもらうと、女性らしい柔らかな髪色に仕上がります。

髪質やヘアセットも柔らかく見えるので、ふんわりした雰囲気が好みの女の子におすすめです。

ダブルカラーにおすすめのカラー集③圧倒的な人気を誇るアッシュグレージュ

アッシュグレージュも人気です。
グレージュとは、グレーとベージュが混ざった色で、ベージュの女性らしい柔らかさにグレーの落ち着いた印象が加わります。

ダークカラーよりも明るく、アッシュベージュよりも落ち着いた色にしたいというワガママな女の子にぴったり♪

ダブルカラーにおすすめのカラー集④透明感溢れるブルージュのダブルカラー

ブルージュとは、ブルーとベージュが合わさった色です。
グレージュと同じように大人気で、外国人のヘアスタイルを楽しみたい女の子から人気があります。

ブルーは、メイクで使うコントロールカラーと同じように透明感を引き出してくれる色なので、髪にもずば抜けた透明感を与えてくれることが特徴です。

ダブルカラーにおすすめのカラー集⑤個性派におすすめのピンク×ダブルカラー

個性的な色が好みの女の子なら、ピンクのダブルカラーにチャレンジしてみて♪

はっきりしたピンクより、柔らかいピンクになるモーブピンクやシルキーピンクがおすすめです。
優しく、ラブリーな雰囲気を作ることができます。

ダブルカラーにおすすめのカラー集⑥おしゃれ度が増すミルクティーアッシュのダブルカラー

ヘアカラーでも人気の高いミルクティー系をダブルカラーにすると、透明感や抜け感を演出することができます。

そして、本当のミルクティーのようなまろやかな髪色にすることができるので、巻き髪を合わせてあざと可愛いスタイルを作ってみましょう♪

ダブルカラーにおすすめのカラー集⑦ナチュラルで可愛いベージュブラウン

ヘアカラーの定番色であるベージュブラウンも、ダブルカラーにすれば透明感がグッと引き出されます。

ナチュラルで可愛く決めることができるので、どんなダブルカラーにすればいいのか悩んだときでも失敗しません。

ダブルカラーにおすすめのカラー集⑧ワンポイントが可愛い毛先だけのダブルカラー

「色落ちしやすいのが嫌だな……」と思っているなら、毛先のみにダブルカラーを取り入れてみてはいががですか?

ワンポイントのカラーチェンジがこなれ感を与えてくれますし、傷んでしまっても毛先だけならカットしやすいですよね。
大胆な色にもチャレンジしやすいです。

ダブルカラーにおすすめのカラー集⑨こなれ感が増すグラデーション

ワンランク上のダブルカラーにチャレンジするなら、グラデーションで決まり。

ピンク系やブラウン系など、好みの色を使って少しずつ色を変えていくとキレイなグラデーションになります。


いかがでしたか?
ダブルカラーは傷みやすくて落ちやすいというデメリットがありますが、ダブルカラーでしか出せない発色や透明感もあります。
幅広い範囲のカラーをキレイに出せるので、メリット・デメリットを把握した上でおしゃれを楽しんでくださいね♪