BEAUTY

マニキュアで簡単にネイル!セルフネイルの人気デザインと塗り方22選

マニキュアで簡単にできるセルフネイル。せっかくなら可愛くおしゃれなデザインにしたいですよね。でも、自分でネイルをすると失敗してしまったり、ただしい塗り方や上手なやり方がわからないことも。

そこで今回は、自宅でマニキュアできる、おしゃれで簡単なセルフネイルのデザインとレシピをご紹介します。100均やプチプラブランドでできる人気デザインや、オフィスやデートにもぴったりなネイルデザイン、春夏秋冬それぞれに取り入れたいネイルアートを、初心者さんにも分かりやすく解説しますよ!

ぜひ参考にして、お家でのセルフネイルを楽しんでくださいね。

セルフネイルでもっと可愛く、もっとおしゃれなデザインに!

マニキュアでできる簡単セルフネイル

今やネイルを楽しむことは、もはやおしゃれ女子にとって当たり前!SNSでもセルフネイルが大人気で、実際にデザインを真似したことがある方も多いのではないでしょうか。

自分でデザインするのも楽しく、もっと可愛くてもっとおしゃれなネイルを楽しみたくなりますよね。そこで今回ご紹介するのは、“マニキュアだけで作る”おすすめのデザインです。

デコるために特別な材料を集めなくても、ちょっとした塗り方や配置を工夫するだけで、指先をもっと遊ぶことができます。

今回ご紹介するネイルデザインは、ベースコートとマニキュア、トップコート、それにプラスアルファのアイテムがあればできるものばかり。
やり方さえわかれば、難しいテクニックは必要ないので、ぜひチェックしてみてくださいね!

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【1】カラフルネイル

一番シンプルでおしゃれなセルフネイルといえば、色とりどりのマニキュアを使うだけ、というシンプルな方法♪

1色で塗るよりもカラフルになって気分が上がりますよね。ポイントは、マニキュアのトーンを淡く揃えることです。

ビビッド系にしたり、濃淡を出して塗ると、派手な印象になったり、バランスが悪く見えてしまいます。

最初は、薬指だけ、人差し指だけなど、1箇所だけ色を変えるカラフルネイルもおすすめですよ!

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【2】ドット柄ネイル

定番のドット柄ネイルも、色の組み合わせによってさまざまな表情を見せてくれます。

シンプルなドット柄は1色で作りますが、ワンランク上げるなら3色くらい思い切って使ってみましょう。
作り方は簡単で、ベースとなるマニキュアを塗ったら、乾く前に同じに形にならないよう、ドット柄を描いていくだけ♪

爪の先端に集めれば大人っぽくなり、全体に散りばめればポップな印象が強くなります。

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【3】カラーブロックネイル

 

爪の先端にちょんっと適当塗りをしただけで、本格的に見えるネイルデザインを楽しむことができます。

ドット柄のように乾く前に重ねるのではなく、今度は完全に乾かしてから重ねることがポイント。取り入れるマニキュアの中で、一番薄い色の面積を大きくすると、バランスがよくなりますよ♪

カラーブロックネイルは、まずは3色くらいから始めていくと取り入れやすいです。あまり気負わずに、バランスを見ながら楽しんでアレンジしてみて!

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【4】ホロネイル

マニキュアの中にホロが入っているものであれば、それだけでおしゃれなホロネイルに仕上げることができます。

ホロの入ったマニキュアを満遍なく塗ったら、筆についたホロやラメだけをウッドスティックなどで取り、キラキラ感を足していきましょう。
あとは乾かしてトップコートを塗るだけで、特別感のある指先になりますよ♪

2箇所くらいはシンプルなワンカラーネイルに仕上げることもおすすめ。

関連記事▶️キラキラのホログラムネイルが可愛い!やり方やおすすめデザイン7選

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【5】変形フレンチネイル

定番のフレンチネイルに飽きたら、変形のフレンチネイルで個性的な指先を楽しみましょう♪

好みのマニキュアを2色か3色選んだら、自由に筆を滑らせてみましょう。
最初に塗ったマニキュアが乾いたら、同じ曲線を沿うように少し重ねながら描いてみてください。

ラメのマニキュアで境目をカバーすると、アクセントになもなっておしゃれに見せてくれます。

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【6】マーブルネイル

難しそうに見えるマーブルネイルですが、実はマニキュアだけで簡単に作ることができます。

まずは、ベースとなる濃い色のマニキュアをボトルの口で量を調節し、わざとムラになるよう上下左右といろんな方向に筆を動かして塗ります。
同じ要領で薄めの色を重ねてトップコートを塗ったら完成です。

ピンクなら濃いピンクと薄いピンク、ブルーなら濃いブルーと薄いブルーの濃淡な組み合わせがおすすめ♪

関連記事▶️マーブルネイルのやり方は?マニキュアのコツやデザインを紹介

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【7】ぼかしネイル

爪の真ん中だけをぽわんっと色づけたぼかしネイルは、チークネイルとも言われており、人気急上昇中のデザインです。

クリアなマニキュアをチョイスし、できるだけ淡く、筆先で中心に色をつけるだけ♪
ワンランク上げたいときは、小さな円を中心に描き、完全に乾ききる前に一回り大きい円を描いて重ねてみてください。

グラデーションのチークネイルが完成するので、おしゃれ度もアップしますよ。

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【8】シロップネイル

 

雰囲気を変えたい時におすすめなのが、シロップネイル!
透け感のあるネイルで涼しげな指先が完成します。

シロップネイルは単色塗りももちろん可愛いですが、アレンジの種類として次のようなものがあります。

■グラデーションネイル
指先に向かって濃くなるように、3段階くらいに分けてグラデーションを作ります。

■チークネイル
ネイルの中央が濃くなるように、チークを塗るイメージでふんわりと塗ります。

■ランダム
この画像のように、何色かをランダムに爪にのせても可愛いです。

また、上級者アレンジとして、シロップネイルを塗った後に、細いブラシなどで縁を重ね塗りすると、より透け感がアップして可愛いですよ。

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【9】グラデーションネイル

グラデーションネイルは、指先が細長く、美しく見えるのでおすすめのデザインです。
マニキュアだけでグラデーションにするのは難しそう、と感じるかもしれませんが、少しのコツで簡単に美しく仕上がります。

■マニキュアでグラデーションネイルを作る方法
グラデーションネイルのやり方は、爪先に向けて3~4回ほどに分けて、段々と濃くなるように塗ってグラデーションを作るだけです。

<プロセス>
1.ベースになるカラーを薄く爪全体に塗り、乾かします。
2.爪の真ん中あたりから爪先に向かって重ね塗りをし、マニキュアが乾く前に境目の部分を筆でポンポンとぼかします。
3.爪の先端1/3程度にもう一度重ね塗りをして、境目をぼかしましょう。
仕上げにラインストーンなどをつけると、上品でより女性らしく華やかになります♪

境目が上手くぼかせないという方は、小さく切ったスポンジでぼかしたり、爪の先端から逆に塗っていく方法もおすすめです。
爪の先端から順番に塗り重ねていくと、上に重なる分、境目が見えにくくなります。

関連記事▶️セルフでもできる!グラデーションネイルの方法とおすすめデザイン

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【10】マットネイル

 

Nail LA kowaさん(@nail_lakowa)がシェアした投稿 -

ツヤ消しのマットタイプのネイルは、いつものマニキュアとは違った表情を見せてくれます。カジュアルからモードまで、どんなファッションにも合わせやすく、マットネイルにするだけでこなれ感を演出できます。


■マニキュアでマットネイルを作る方法

マットネイルは、マットタイプのマニキュアを塗るだけで完成するので、セルフネイルに時間をかけられない方にもおすすめです!

また、普段使っている手持ちのマニキュアに専用のマットコートを重ねるだけで、簡単にマットネイルにすることができます。


■普段のマニキュアの印象チェンジにも

マットコートは、いつものマニキュアに飽きてしまった場合にもおすすめです。
ダークカラーのマニキュアに重ねても大人っぽく仕上がりますし、いつものマニキュアの質感が変わるだけで、おしゃれな印象になります。
100円ショップや、プチプラなものも発売されているので、ぜひ取り入れてみましょう!

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【11】ミラーネイル

まるで鏡や金属のように、つやつやした光沢のある、メタリックな質感を楽しめるのがミラーネイルです。一見、テクニックが必要な難しいネイルに見えますが、実はセルフでも楽しむことができます。

■マニキュアでミラーネイルを作る方法
ミラーネイルは、ミラーパウダー(クロムパウダー)という専用パウダーを使用します。

<プロセス>
1.ベースカラーを塗ります。ベースの色は好みの色で構いませんが、ミラーネイルらしいメタリック感を出したい場合は黒をベースにすると良いでしょう。
ピンクや白、ベージュ系を使うと、ナチュラルな光沢に仕上がります。

2.ベースのマニキュアが乾いたら、トップコートを重ねます。少し厚めにトップコートを塗り、乾ききらないうちにアイシャドウのチップなどを使って、上からミラーパウダーを塗っていきます。

*きれいに塗るコツ
トップコートが完全に乾いてしまうとパウダーが乗りませんし、早すぎてもヨレてしまうので、タイミングが肝心です!

3.ミラーパウダーを磨き込むようにつけていき、チップをこすりつけるようにゆっくりスライドさせるとキレイに仕上がりますよ。

4.最後にもう一度トップコートを塗って、完成です!

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【12】大理石ネイル

まるで天然の大理石のようなシックで美しいネイルに仕上がる大理石ネイルは、マニキュアを使ったセルフネイルでも可能です。

■マニキュアで大理石ネイルを作る方法
用意するのは、ベースカラー、大理石の模様部分に使うカラー、細い筆、トップコートです。

<プロセス>
1.ベースカラーを塗って乾かしましょう。
ベースカラーは、ベージュやブラウン系なら大人っぽい印象になりますし、ローズピンクを使えばローズクオーツやインカローズのような天然石風になります。ブルーをベースにすると、流行のターコイズ風になり、夏の海に似合うネイルに出来ますよ!

2.ベースカラーが乾いたら、大理石の模様になる部分を細い筆を使って描いていきます。細めに線を引いたり、強弱をつけるようにすると良いでしょう。

3.描いた模様のフチをぼかして、滲んだような雰囲気を出しましょう。大胆にぼかした方がキレイです。

4.柄をぼかしたら、ぼかした部分にベースカラーを重ねて立体感を出しましょう。

5.最後に、ぼかした模様が完全に乾く前に、トップコートを塗ってなじませれば完成です!

関連記事▶️大理石ネイルで大人の上品さを演出!人気のデザインやセルフネイルの方法は?

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【13】シェルネイル

シェルネイルは、砕いた貝殻を使う春夏にぴったりな可愛らしいデザインです。
ネイルサロンでやってもらうだけではなく、マニキュアを使ったセルフネイルでもシェルネイルを手軽に楽しめますよ♪

シェルネイルに使う貝殻(クラッシュシェル、クラッシュシェルパウダー)は、ネット等で安く買えますし、100円ショップでも売っていますのでチェックしてみましょう!

■マニキュアでシェルネイルを作る方法

<プロセス>
1.ベースカラーを塗り、その上にクラッシュシェルを乗せていきます。
ベースが乾ききらないうちに乗せてもいいですが、ベースを乾かして、トップコートを塗ってからシェルを乗せるとキレイに仕上がります。

2.横から見て、シェルが引っかかったりしないかどうかチェックしましょう。浮いている部分があると、はがれやすくなってしまうので要注意です。

3.最後にもう一度、上からトップコートを重ねて乾かせば、シェルネイルの完成です!

全部の爪ではなく数本だけポイントでシェルネイルを入れたり、他のデザインと組み合わせるとおしゃれですね♪

関連記事▶️大人可愛いシェルネイルにトライ♡シンプルから華やかまで人気のデザイン集

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【14】シュガーネイル

表面をザラザラとした質感に仕上げるシュガーネイル。まるで砂糖をまぶしたお菓子のような、かわいらしい雰囲気に仕上がります。パステルカラーなど淡いカラーを選ぶと、より砂糖菓子らしさを再現できます。

■マニキュアでシュガーネイルを作る方法1~シュガーパウダーを使用する場合~
シュガーパウダーは100円ショップでも取り扱いがあります。ネイルのパーツのコーナーで探してみてください。

<プロセス>
1.ベースカラーを二度塗りします。
2.完全に乾いたらトップコートを塗ります。
3.シュガーパウダーを振り掛けます。余分な粉は払っておきましょう。
4.指で軽く押さえます。
5.さらにトップコートを塗って完了です。

■マニキュアでシュガーネイルを作る方法2~シュガーネイル用のマニキュアを使用する場合~

シュガーネイル用のマニキュアも販売されています。この場合、ベースコートを塗ったらその上からシュガーネイル用のマニキュアを塗るだけで、簡単にシュガーネイルが作れます。特に100円ショップのキャンドゥのものは、トップコートも不要ということで話題になっています。

パールと組み合わせると上品な雰囲気になりますよ。また、1・2だけアクセントとしてシュガーネイルにしても素敵です。

関連記事▶️ザラザラな質感のシュガーネイルが可愛い!やり方とおすすめのマニキュア7選

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【15】スタンプネイル

セルフではなかなか難しい、複雑な柄のネイルアート。でも、スタンプを使えば自分で簡単にネイルサロンで施術してもらったかのような、きれいでおしゃれなネイルアートが楽しめます。

■マニキュアでスタンプネイルを作る方法

スタンプネイルを作るには、「スタンパー」というネイルスタンプを押すための道具と、ネイルに使用したい柄の「転写アートシート」、そしてヘラが必要です。いずれも100円ショップで購入することが可能です。

マニキュアは普通のものでも構いませんが、スタンプネイル用のマニキュアを使用すると、よりくっきりと柄をネイルに転写することができます。バラエティショップなどではこれら必要なものがセットになった便利なスタンプネイル用のキットが販売されています。

1.ベースカラーを塗り、乾かします。
2.転写アートシートにマニキュアを塗り、ヘラを使って均一になるように伸ばします。
3.転写アートシートに塗ったマニキュアが乾く前に、スタンパーを転写アートシートに押し付けます。
4.スタンパーに柄を転写できたら、スタンパーを爪にしっかり押し当てて、爪の方に転写します。
5.トップコートを塗って完了です。

レース柄、花柄、レオパード柄、ペイズリー柄など手描きでは難しい柄もスタンプネイルにすれば簡単に楽しめます。ネイルサロンへ行くよりもリーズナブルなのも嬉しいですね。

関連記事▶️スタンプネイルのおすすめデザイン集!簡単なのにサロンみたいな仕上がり♡

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【16】タイダイネイル 〜春夏におすすめ〜

定番になりつつある、タイダイネイル。エスニックな雰囲気になり、夏らしさを演出するにはぴったりです。様々な色が複雑に混ざり合っているため難しそうに見えますが、意外と簡単にセルフネイルで楽しむことができます。

■マニキュアでタイダイネイルを作る方法
ベースには乳白色のマニキュアを使用します。このベースカラーを含め、マニキュアは3色以上用意しましょう。また、ぼかし用のブラシも必要になります。

1.乳白色のマニキュアをベースカラーとして塗ります。
2.1色目のマニキュアを点々とまばらになるように爪に置いていきます。
3.2色目も同様に爪に乗せます。
4.ブラシで境目を叩くようにしてぼかしていきます。
5.境目がふわっと仕上がったら乾かし、トップコートを塗って完了です。

ベースカラーが半乾きのうちにブラシでぼかし始めるのが、色をきれいに混ぜるポイントです。あまりうまくできなかった、という場合は、ラメやグリッターを上から乗せると、粗を隠すことができる上、華やかに仕上げることができます。

青やオレンジなどビビットカラーを使うとより夏っぽくなりますが、グレーやカーキなどくすみカラーを使うと大人っぽく、ベージュやピンクなど淡いナチュラルカラーを使うと上品な雰囲気に仕上がりますので、一年中楽しむこともできます。

関連記事▶️タイダイネイルとは?おしゃれな色の組み合わせやデザイン集

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【17】ドロップネイル 〜夏におすすめ〜

水面の輝きを表現したドロップネイル。クリアカラーのマニキュアを水滴のように落とす(=ドロップする)ことで、水の揺らぎのような編み目模様を作ります。ラグーンネイルとも呼ばれていて、海やビーチリゾートを彷彿させるので、夏らしさ満点です。

■マニキュアでドロップネイルを作る方法
ベースとなる乳白色のマニキュアの他、好みの色のマニキュアを用意しましょう。特別な道具は必要ありませんので、手軽にチャレンジすることができます。

1.乳白色のマニキュアをベースカラーとして塗ります。
2.爪の中ほどから、好みの色のマニキュアを塗ります。
3.上3分の1辺りから二度塗りをして、グラデーションを作ります。なお、グラデーションの境目が多少くっきりしていても問題ありません。
4.ベースに使用した乳白色のマニキュアを厚めに塗ります。
5.乾かないうちに素早くトップコートを垂らすように乗せていきます。大きめのドロップにしたい場合はトップコートの量を多く、小さめのドロップにしたい場合はトップコートの量を少なくしましょう。

グリッターや貝殻のネイルパーツを乗せると、よりリゾートっぽく仕上がります。ブルー系のカラーが定番ですが、他のカラーでもまた違った魅力が味わえます。

関連記事▶️ドロップネイルで指先に海を閉じ込めて♡やり方やおすすめデザインをご紹介

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【18】ターコイズネイル 〜夏におすすめ〜

アクセサリーやファッションアイテムとしても夏の定番である、ターコイズ。そのターコイズを表現したネイルがターコイズネイルです。爽やかで大人っぽい雰囲気に仕上がり、海やプールへ行くときにもぴったりです。

■マニキュアでターコイズネイルを作る方法1~アートをする場合~
ベースカラーとしてブルー系のマニキュアを、アート用に黒やブラウン系のマニキュアを用意しましょう。

1.ブルー系のマニキュアをベースカラーとして塗ります。
2.乾いたら、黒やブラウン系のマニキュアで石の模様を描きます。葉脈をイメージすると、描きやすいでしょう。
3.乾き切らないうちに、トップコートで線をぼかしていきます。
4.ぼかし終えたら、さらにトップコートを塗って完了です。

白を混ぜたりラメを乗せたりすると、よりリアリティのある仕上がりになります。

■マニキュアでターコイズネイルを作る方法2~ネイルパーツを使用する場合~
アートが難しい場合はターコイズのストーンを爪に乗せて、ターコイズネイルを楽しみましょう。円形のもの、楕円形のもの、フレームがあるもの・ないものなど様々な種類のものがネイルパーツとして、ネット通販を中心に売られています。

1.ベースカラーを塗ります。
2.ネイルパーツを置く箇所にトップコートを多めに塗ります。
3.乾かないうちにネイルパーツをピンセットを使って置きます。
4.全体にトップコートを塗って仕上げます。

ベースカラーは白やくすんだブラウンなどがよく合います。また、スタッズとも相性がいいので、組み合わせるのもおすすめです。

■マニキュアでターコイズネイルを作る方法3~ネイルシールを使用する場合~
ターコイズのストーン調のネイルシールを利用すれば、簡単にターコイズネイルが作れます。ベースカラーをしっかり乾かしてから、ピンセットを使って乗せましょう。

関連記事▶️ターコイズネイルで指先を大人っぽく!人気のネイルデザインをご紹介します

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【19】ピーコックネイル 〜夏におすすめ〜

くじゃくの羽がモチーフのピーコックネイル。鮮やかな色彩で華やかに仕上がり、夏に人気のネイルです。

■マニキュアでピーコックネイルを作る方法
ベースとなるカラーの他、好みのカラーのマニキュアを3色程度用意しましょう。また、線を引くための筆が必要です。

1.ベースカラーを塗って乾かします。
2.好みのカラーのマニキュアをボーダーになるように塗ります。
3.乾かないうちに、細筆で端から線を引いていきます。線を引くたびに筆は拭くようにしましょう。
4.トップコートを塗って完了です。

カラーは好みのもので構いませんが、同系色で揃えると、きれいにまとまります。そのうち1色は白を使用すると、ピーコック柄をはっきりと出すことができます。

また、ピーコック柄を繊細に仕上げるために、筆は細めのものを用意するようにしましょう。

関連記事▶️華やかなピーコックネイルが可愛い!夏におすすめのデザイン10選

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【20】べっ甲ネイル 〜秋冬におすすめ〜

秋冬に人気が高まるのがべっ甲ネイルです。透明感があって上品な印象になり、秋冬のファッションとの相性も良いのが魅力です。

■マニキュアでべっ甲ネイルを作る方法
イエロー系と、ブラウン系のマニキュアを用意しましょう。また、ぼかし用の筆も必要です。

1.ベースカラーとしてイエロー系のマニキュアを塗ります。
2.乾く前にブラウン系のマニキュアをドット状に2・3箇所乗せていきます。
3.乗せた輪郭を筆でぼかすようにして、全体になじませていきます。
4.べっ甲柄になったら、トップコートを塗って完了です。

定番のイエロー×ブラウンのべっ甲柄の他、ボルドー系で作っても秋冬らしくて素敵です。また、ゴールドのネイルパーツやスタッズとも相性がよいので、これらと組み合わせるのもおすすめです。

関連記事▶️べっ甲ネイルのおしゃれデザイン集♪シンプルから華やかまでご紹介

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【21】ニットネイル 〜冬におすすめ〜

ニットのケーブル模様やアラン模様を表現したニットネイル。見た目にも温かみがあり、冬の定番ネイルとなっています。立体感があるネイルですが、これもマニキュアを使ってセルフで作ることができます。

■マニキュアでニットネイルを作る方法~ラメネイルを使用する場合~
ラメの凸凹を利用して、ニットネイルの模様を作る方法です。

1.ベースカラーを塗ります。
2.ラメの入ったマニキュアでニットの柄を描きます。2・3度重ね塗りをして立体感がしっかり出るようにしましょう。
3.ベースカラーに使ったマニキュアを塗ります。
4.トップコートを塗って完了です。

ラメは色が付いたものより、できるだけ色が薄くクリアなものを選ぶと、きれいなニット柄に仕上がります。

■マニキュアでニットネイルを作る方法~ネイルシールを使用する場合~
ニットネイル用のネイルシールを利用すれば、より手軽にニットネイルの凹凸を作れます。マットコートも用意すれば、ニットの質感に近づけることができます。

1.ベースカラーを塗ります。
2.乾いたら、ネイルシールを使いたい長さに切り、貼っていきます。根元から貼り付けて、余った部分はハサミでカットします。
3.ベースカラーに塗ったマニキュアを塗ります。厚くならないようにするのが、柄をきれいに出すコツです。
4.マットコートを塗って完了です。

2.でネイルシールをカットする場合、爪の長さとぴったり合うように切るよりも、柄のきりがよいところでカットした方が、見た目がきれいな仕上がりになります。また、マットコートを塗ってすぐは模様がぼやけていますが、しっかり乾くとはっきり浮き出てくるので安心してください。

関連記事▶️秋冬先取り!暖かみのあるニットネイルのおすすめネイルデザイン10選

マニキュアで簡単にできる!セルフネイルのデザイン【22】ベルベットネイル 〜冬におすすめ〜

ふわふわした質感が冬にぴったりのベルベットネイル。ボリューム感もあるので、印象的な手元を演出できます。不思議な見た目のベルベットネイルですが、100円ショップでも売られているベルベットパウダーを使用すれば簡単に作れます。

■マニキュアでベルベットネイルを作る方法
1.ベルベットパウダーに似た色味のマニキュアをベースとして塗ります。
2.乾かないうちに、ベルベットパウダーをピンセットで多めに乗せます。
3.軽く指で押さえます。
4.マニキュアが乾いたら、余分なベルベットパウダーをブラシか指で払い落として完成です。

もこもことした質感に仕上げるため、トップコートは塗りません。そのため、余り持ちがよくないので、おでかけやイベントのためにベルベットネイルにしたい場合は前日など時間があまり空かないようにするのがおすすめです。

また、作業中ベルベットパウダーがこぼれますが、予め紙を敷いておくと後で再利用することができます。

関連記事▶️ベルベットネイルでふわもこな指先に!やり方やおすすめデザイン12選


思わず今すぐ試してみたくなるような、マニキュアだけで簡単にできるセルフネイルのデザインと、その作り方をご紹介しました。どれもネイルサロンで仕上げてもらったかのような、本格的なネイルとして楽しめるものばかりですね。
一見難しそうなデザインも、必要なアイテムとやる気があればできるものばかりなので、ぜひ気になったデザインを真似して、セルフネイルを今まで以上に楽しんでみてください♪