FASHION

種類が豊富なチェック柄!バリエーションや特徴をご紹介

ボーダーやドットなど、ファッションにおいて柄物アイテムは重要な要素。定番のテキスタイルは数ありますが、デザインによってカジュアルやシックにもなるのがチェック柄です。今回はそんなチェック柄にスポットを当て、種類や特徴などをご紹介します。

チェック柄とは?

チェック柄とは、線が交差して作られた模様のこと。四角を基本とした模様になっており、線の太さや色合い、透明度によっていろいろなパターンが作られています。このためドット柄やストライプと比較すると種類が豊富で、柄によってはブランドのみが使えるものなどもあります。

そんなチェック柄はパターンに合わせて名前が付けられており、それぞれに歴史やストーリーがあります。発祥の国もいろいろなので、単におしゃれを楽しむための要素ではなく、柄の意味を考えていくと今まで以上にチェック柄が好きになるかもしれません。

たくさんあるチェックの種類①:チェック柄の代表格タータンチェック

チェック柄というと、連想しやすいのがタータンチェックではないでしょうか。タータンチェックは太さの違う線が交差してできており、色を変えることでバリエーションが何通りにもなります。

タータンチェックの発祥はスコットランド。戦場で敵と味方を見分けるために、同じタータンチェックの衣装を身に着けて工夫したことから始まります。このためタータンチェックは日本の家紋のような効果があり、バリエーションも豊富です。

現在のタータンチェックはファッションやインテリアに多用されて、チェック柄の中でも代表格に含まれます。

たくさんあるチェックの種類②:シンプルだけど人気者!ギンガムチェック

ファッションとして最も人気の高いチェック柄が、ギンガムチェックです。ギンガムチェックとは白がベースになっており、同じ太さの線が交差したチェック柄です。線の色は透明感のある単色が中心になっており、色でバリエーションが増えます。

小さな四角を形成するのも特徴で、全体的にシンプルでありながらもファッションに取り入れやすい点から長年愛されているチェック柄でもあります。

ギンガムチェックの由来は諸説あり、マレー語から来ている説やインド産の染め織物をフランスで生産したのが発端などさまざまです。

たくさんあるチェックの種類③:涼し気でカラフルなマドラスチェック

チェック柄の中で、カラフルな色彩が特徴なのがマドラスチェックです。マドラスチェックとは、インドのマドラス地方から誕生したチェック柄。ベースカラーを始め格子柄に用いる色が多彩で、線の太さもさまざまなのが特徴。カラフルで鮮やかなチェック柄になるのが特徴です。

使用する色の透明度も高く、涼し気な風合いを感じさせてくれるチェック柄として、夏のファッションでも多くみられます。

たくさんあるチェックの種類④:ハイブランドが生んだバーバリーチェック

比較的カジュアルな風合いのチェック柄で、上品な風格を持ち合わせているのがバーバリーチェックです。現在でも世界中で愛されているファッションブランド、バーバリーが生んだチェック柄で、ブランドのフラッグデザイン的な存在感があります。

もともとバーバリーチェックは、バーバリーが生産していたコートの裏地に使われていたことからスタートしています。現在はバリエーションも増えており、さまざまなバーバリーチェックの製品を目にします。

たくさんあるチェックの種類⑤:個性が光る千鳥格子(ちどりごうし)

千鳥格子は、変形したチェック柄が特徴のテキスタイル。白地がベースのものが多く、黒を用いたりさまざまな色で展開されています。一般的なチェックとは印象も大きく違い、モダンでシックな風合いがポイントです。

千鳥格子はイギリス発祥のチェック柄で、猟犬(ハウンド)と牙(トゥース)をイメージしたことから「ハウンドトゥースチェック」と呼ばれてもてはやされています。

日本では千鳥が重なって飛ぶ様に見えることから、「千鳥格子」と呼ばれて親しまれています。

たくさんあるチェックの種類⑥:シックなコーデなら!グレンチェック

数あるチェック柄の中で、シックな印象を与えるのがグレンチェックです。グレンチェックとは染色ではなく、生地の織り方で展開するチェック柄。極細の線を用いているので、見た目も繊細で上品な質感になります。

グレンチェックは、スコットランドのグレン(谷間)で織られたことが発祥といわれています。現在ではスーツなどのアイテムに用いられ、秋冬のファッションでも多く見られる柄です。

たくさんあるチェックの種類⑦:カジュアルな着こなしにピッタリ!ブロックチェック

ブロックチェック

ブロックチェックとは同じ太さの線が交差し、規則的な四角模様が重なっているチェック柄。ギンガムチェックを拡大したようなデザインで、チェッカーボードや市松模様などとも呼ばれています。

色使いが多彩で透明感のある色彩が多いこともあり、涼し気なイメージが特徴。色使いの濃淡によってカジュアルな風合いにもなるので、シャツなどのファッションアイテムにも良く用いられています。


今回ご紹介したチェック柄の種類はほんの一部ですが、どれもファッションアイテムではよく見るデザインばかり。季節やシーンに合わせて使い分けることで、柄物コーデをセンス良く着こなしていけます。ぜひお好みのチェックアイテムをたくさん用いて、自分だけのファッションを楽しんでいきましょう。