BEAUTY

クレンジングクリームの選び方、使い方をご紹介!おすすめ商品もピックアップ♪

保湿力が高く、肌への負担も少ないと評判を集めているのがクレンジングクリーム。ここでは、クレンジングクリームの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

クレンジングクリームとは?

顔を洗う女性

クレンジングクリームとはその名の通り、クリーム状のクレンジング剤のこと。ミルククレンジングやオイルクレンジングと比べて保湿力が高く、洗いあがりの肌がもっちりとすることが特徴です。


■クレンジングクリームのメリット

現在はミルク、オイル、リキッド、ジェルなどさまざまなタイプのクレンジングが売られていますが、他のタイプと比べて、クレンジングクリームは肌に優しいことがメリット。保湿力が高いので、クレンジング後に肌がつっぱらず、乾燥肌の人でも快適に使えます。

また、クレンジングクリームは肌に伸ばしやすいです。伸ばしにくいクレンジング剤を使うと、メイクを落とすときに肌と手に強い摩擦が起こることがありますが、クレンジングクリームを使えば、摩擦を軽減できます。

摩擦は肌にダメージを与え、シミの原因となるメラニン色素の生成を促進するため、クレンジングクリームを使っていると、シミの予防にもつながるでしょう。

クレンジングクリームの選び方

考えている女性

クレンジングクリームを買う時は3つのポイントをチェックしましょう。


■タイプ

クレンジングクリームはお湯でメイクを洗いながす「ウォッシャブルタイプ」とコットンでメイクを落とす「拭き取りタイプ」の2種類に分けられます。

ウォッシャブルタイプは界面活性剤と呼ばれる成分が多く含まれていて洗浄力が高いので、肌が必要としている皮脂を洗い流してしまう可能性を否定できません。乾燥肌の人や敏感肌の人は肌への刺激が少ない拭き取りタイプを選ぶと良いでしょう。

しっかりとメイク汚れを落としたい人やクレンジング後のべたつきが気になる人には、ウォッシャブルタイプがおすすめです。


■保湿成分

クレンジングクリームは保湿力が高いですが、商品によってはクレンジング後に肌がつっぱってしまうこともあります。乾燥はニキビや肌荒れの原因になるので、乾燥肌や敏感肌の人は保湿成分が配合されたクレンジングクリームを選びましょう。

・保湿成分の例
ヒアルロン酸、コラーゲン、ホホバオイル、シアバターなど


■時短を望む人や乾燥肌の人はW洗顔不要タイプ!

スキンケアにかかる時間を短縮したい人は、クレンジングの後に洗顔が必要ないW洗顔不要タイプのクレンジングクリームを使いましょう。また、肌にうるおいを保ったままメイクを落としたい乾燥肌の人もW洗顔不要タイプのクレンジングクリームがおすすめです。

おすすめのクレンジングクリーム①「ちふれ」ウォッシャブル コールド クリーム

メイクとなじみやすく、落としにくい汚れもすっきりと落とせる大人気のプチプラ・クレンジングクリーム。滑りが良いので、マッサージクリームとしても使用できます。

マッサージに使う場合は、適量を手に取り、顔の内側から外側に向かってクルクルとクリームをなじませましょう。使用後は、洗い流して洗顔をすると、不要なものが取れてすっきりとします。

ドラッグストアやスーパー、バラエティショップなどで市販されているので、無くなったらすぐに買い足せるのも嬉しいです。

「ちふれ」ウォッシャブルコールドクリーム

¥702

販売サイトをチェック

おすすめのクレンジングクリーム②「POND’S(ポンズ)」ふきとるコールドクリーム

ドラッグストアなどで市販されているクレンジングクリーム。指でメイクとなじませた後、ティッシュなどで拭き取って使うタイプです。メイクを落とすときに優しくマッサージすると、リフトアップ効果も期待できます。

美容クリーム生まれのクレンジングで、天然の保湿成分「ミツロウ」が配合されていることも特徴。洗いあがりは肌がしっとりと潤い、乾燥やつっぱりを感じることはないでしょう。ローズの香りでクレンジング中に癒されたい人にもおすすめです。

「POND’S(ポンズ)」ふきとるコールドクリーム

おすすめのクレンジングクリーム③「Biore(ビオレ)」こくリッチメイクオフクリーム

リッチなコクで、メイク汚れを落としてくれるプチプラのクレンジングクリーム。優しくなじませると、メイク汚れや毛穴の奥に詰まった汚れがふわっと浮き上がります。

天然由来のシアバターが配合されていて保湿効果も抜群。使用後はモチモチのしっとり肌に近づけるでしょう。リラックスできるクリスタルフローラルの香りも魅力です。

ドラッグストアやスーパーなど、さまざまな場所で市販されています。

「Biore(ビオレ)」こくリッチメイクオフクリーム

おすすめのクレンジングクリーム④「HOUSE OF ROSE(ハウス オブ ローゼ)」ミルキュア ピュア クレンジングクリーム

スルスルと肌になじんで、メイク汚れや不必要な皮脂を取り除いてくれるクリームクレンジング。提携牧場から運ばれたミルク成分が配合されていて、肌に潤いを与えられます。

拭き取り、洗い流しの両用タイプで使い勝手が良いことも特徴。乾燥が気になる時は拭き取りタイプとして、さっぱりとメイクを落としたい時は洗い流しタイプとして使うのがおすすめです。

「HOUSE OF ROSE(ハウス オブ ローゼ)」ミルキュア ピュア クレンジングクリーム

¥2,700

販売サイトをチェック

おすすめのクレンジングクリーム⑤「IGNIS(イグニス)」ブラン クレンジング クリーム

保湿成分の米ぬか美肌成分を配合したクレンジングクリーム。肌に乗せると、とろけるテクスチャーで、肌を守りながらメイク汚れをするんと落とします。

ブラン クレンジング クリームも拭き取りと洗い流しの両方で使えるタイプ。拭き取る時はメイク汚れを浮き上がらせた後に、肌を傷つけないように、ティッシュで優しく汚れを取りましょう。

「IGNIS(イグニス)」ブラン クレンジング クリーム

おすすめのクレンジングクリーム⑥「MARY QUANT(マリークヮント)」クレンジング マッサージ クリーム

天然由来のクレンジング成分「ヒマワリ種子油」が配合されたクレンジングクリーム。肌をいたわりながら、メイク汚れを優しく落としてくれます。

肌をしっとりとさせる植物由来の保湿成分と肌の奥まで浸透するヒアルロン酸の働きで、クレンジング後も潤いをキープ。バリア機能の働きをサポートするため、敏感肌の人でも使いやすいです。

「MARY QUANT(マリークヮント)」クレンジング マッサージ クリーム

¥4,860

販売サイトをチェック

おすすめのクレンジングクリーム⑦「PAUL&JOE(ポール アンド ジョー)」クレンジングクリーム

マッサージのように心地よく、メイク汚れを落としてくれるクレンジングクリーム。洗い上がりはつっぱらないのに、べたつきも感じず、素肌が美しくなったように感じられます。

クレンジングだけで、しっかりと汚れを取れるので、W洗顔は不要。忙しい人でも、負担なくスキンケアを続けられるでしょう。

「PAUL&JOE(ポール アンド ジョー)」クレンジングクリーム


肌に優しいクレンジングクリームは、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。クレンジング後のつっぱりが気になっている人は、自分に合ったクレンジングクリームを探してみましょう。