BEAUTY

癒し系のモテ子になろう♡タレ目メイクの基本

男子から圧倒的な人気を誇る「タレ目」は、同じ女子から見ても、ふんわりしている印象があって可愛らしいですよね。
もともとツリ目がちな女子さんからすると、憧れてしまう目元でもあります。
そこで今回は、誰でもモテ子になれるタレ目メイクの方法をご紹介します♪

メイクテクニックでタレ目になれる!

可愛くなりたい女子の味方、メイク!普段はナチュラルに、時にはクールに、とほんの少しのテクニックでさまざまな印象を与えられますよね。

そこで今回メイクテクニックでモノにしたいのが、「タレ目メイク」。
男子から人気が高く、タレ目に憧れている女子も多くいます。

難しそうに思えますが、一つ一つのポイントをしっかり押さえてメイクすれば簡単にタレ目になることができるんですよ♪
タレ目メイクにシフトして、モテ子になってみませんか?

タレ目メイクの基本

それでは早速、タレ目メイクの基本をチェックしていきましょう。

・アイシャドウ
まずはブラウン系のアイシャドウパレットを用意し、パレットの中でも一番明るいホワイト系のハイライトカラーをアイホールになじませます。
次に、ミディアムカラーといわれる中間色のブラウンシャドウを二重幅くらいの範囲に入れていくのですが、目尻側は少し狭く入れていきます。

そして肝心なのが、下まぶたです。
ハイライトカラーを下まぶた全体に入れたら、締めの色である濃いブラウンシャドウを下まぶたの目尻側に入れましょう。

・アイライン
タレ目メイクにはアイラインが欠かせません。まつ毛の隙間を埋めるように目頭からラインを入れたら、目尻からの延長ラインは下向きにスッと入れてみてください。
目尻を跳ね上げてしまうと、ネコ目になってしまうので、アイラインは下げて描くことがポイントですよ!このアイラインで、一気にタレ目感が増します。

また、アイメイクだけでなく、眉はアイブロウパウダーでふんわり仕上げ、チークもふわっとのせ、全体的に柔らかく仕上げるとタレ目メイクが際立ちますよ♪

タレ目はどんな印象を与えることができるの?

石原さとみさんや綾瀬はるかさん、有村架純さんなど、多くの人気芸能人にも多いタレ目。
まさに女子の憧れですよね。

男女ともに人気の高いタレ目ですが、実際にどんな印象を与えるのか気になりませんか?
男子に聞いたところ、タレ目は「小動物みたいで可愛い」「思わず守ってあげたくなる」「見てるだけで癒させる」といった印象を抱くそう♪

タレ目には女の子らしい魅力がたくさん詰まっているので、可愛さを強調したい日は、タレ目メイクを実践してみましょう!

タレ目メイクを楽しむときの注意点

タレ目メイクを楽しむ上で気をつけたいことは、やりすぎにならないようにすることです。
アイラインを濃く、しっかり下げて描いてしまったり、つけまつ毛でバサバサのタレ目にするのは注意が必要です。

男子ウケのいいタレ目メイクも、濃すぎたり不自然になってしまっては、逆効果となり引かれてしまいます。
そこで意識したいのは、アイラインを濃くするのであれば、色を黒ではなくブラウンに変えることと、つけまつ毛ではなくマスカラを丁寧に塗ってナチュラルなボリュームを出すことです。

仕上がりは必ずメイク全体のバランスをチェックして、家を出る前に“濃くないか”、“目元だけ浮いていないか”確認することが大切ですよ!


男子ウケ抜群のタレ目メイクをご紹介しました。
下まぶたとアイラインの入れ方、そして濃さに気をつけるだけで、誰もが可愛らしい目元を作ることができます。
特別な日のために、まずは自然なタレ目メイクができるよう、お家でレッスンをしていきましょう♪