BEAUTY

練り香水って何?どうやって使うの?使い方やおすすめ商品をピックアップ!

優しい香りの練り香水は、香水初心者におすすめのアイテムです。ここでは、練り香水の選び方や使い方、プチプラからデパコスブランドまでおすすめの練り香水をご紹介します。

練り香水って何?

練り香水

練り香水とは、オイルやワックスに香料を加えて固めた香水のこと。ソリッドフレグランス(固形香水)とも呼ばれています。

練り香水の特徴はアルコールが入っていないことです。アルコール入りの一般的な香水は付けてすぐに強い香りがしますが、アルコールフリーの練り香水は優しい香りが長時間持続します。

そのため、練り香水は強い香りが苦手な人に人気で、香水初心者でも使いやすいと無印良品(むじるしりょうひん)やL’OCCITANE(ロクシタン)の商品などが注目を集めました。


■練り香水のメリット

・香りの変化が少ない
・付けすぎの心配がない
・肌に優しい
・持ち運びしやすい

練り香水の選び方

練り香水

練り香水は2つのポイントをチェックして選ぶのがおすすめです。


■香り

練り香水で人気なのは、フローラル系、ウッディ系、ハーブ系、シトラス系などの香りです。フローラル系は女性らしい香り、ウッディ系やハーブ系はリラックスできる香り、シトラス系はリフレッシュできる香りなので、好みに合わせて選びましょう。

甘さを感じるフローラルはレディースの練り香水として人気ですが、さわやかなリフレッシュ系はメンズにも使いやすいです。


■パッケージ

最近はパッケージが可愛いデザインの練り香水も増えてきました。ポーチに入れて持ち運びたい人は、好みのデザインの練り香水を買うと、気分が高まるでしょう。

また、練り香水を持ち運ぶ場合は、小さめのパッケージに入ったものを選ぶのもおすすめです。小さめの練り香水は簡単に持ち歩けるので、荷物が少ない人でも使いやすいでしょう。

練り香水は1回の使用量が少ないですが、小さめの商品を選べば、使い切るまでに品質が劣化する心配もありません。

練り香水の使い方

練り香水

練り香水をゲットしたら、使い方をチェックしておきましょう。


■一般的な使い方

手首や足首、耳の周りなど、体温が高めの部分に塗ると、脈打った時に自然に練り香水の匂いが広がります。練り香水の優しい香りを活かすためにも、指先で軽くなでた分だけ付けるのがおすすめです。

なお、練り香水も時間とともに少しずつ香りが薄れます。香りをキープしたい人は2~3時間に一度、練り香水を塗り直すと良いでしょう。


■その他の使い方

練り香水には、ホホバオイルなどの美容成分が含まれています。そのため、練り香水は毛先に付けてヘアワックスにしたり、指先に付けてネイルケアしたりとさまざまなシーンで使えます。髪やネイルに使う時も、匂いがきつくならないように、少しずつ使いましょう。

おすすめの練り香水【1】よーじや ねり香水

香料以外はすべて天然由来成分でできた肌に優しい練り香水。トップはピーチの上品な甘さ、ミドルはスズランなどのフローラル、ラストはセダーやムスクなどの優しい香りがします。香りが穏やかなので、強い匂いが苦手な人からも人気です。

よーじや ねり香水

¥1,620

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【2】LUSH(ラッシュ) バニラリー ソリッドパフューム

甘さの中にも大人っぽさを感じられるバニラの香りの練り香水。キャラメルに似た香りで、肌にのせると、ほっと温かみを感じられる香りが広がります。手軽に持ち運べるサイズなので、いつでもどこでも使えるのが嬉しいです。

LUSH(ラッシュ) バニラリー ソリッドパフューム

¥1,600

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【3】Vasilisa(ヴァジリーサ) パフュームスティック ベンジャミン

練り香水をスティック状にしたプチプラアイテム。つけたいところに簡単に付けれて、いつでも香りを楽しめます。みずみずしいペアと大人っぽいジャスミンを組み合わせた香りは爽やかで、男子からも女子からも人気です。

Vasilisa(ヴァジリーサ) パフュームスティック ベンジャミン

¥1,620

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【4】あぶらとり紙専門店 象 うさぎ饅頭

うさぎ饅頭のように可愛いパッケージに入ったプチプラの練り香水。香りは清々しいジンチョウゲ、みずみずしい桃、さわやかな金木犀の3種類で、どれも日本ならではの季節を感じられます。

どの種類もほのかに香るため、さりげなく香りを身にまといたい人におすすめです。

あぶらとり紙専門店 象 うさぎ饅頭

¥669

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【5】shiro(シロ) サボン 練り香水

大人気ブランド・shiroから販売されている清楚なイメージの練り香水。石鹸の香り付きです。ベースには、保湿成分であるゴマ油やミツロウが使用されているので、指先のケアにも使えます。

ポーチやポケットに入れてもかさばらないので、香りが薄れた時や乾燥が気になる時はいつでも塗り直しできるでしょう。

shiro(シロ) サボン 練り香水

¥2,376

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【6】AYURA(アユーラ) ウェルフィットアロマバーム

森林の香りの練り香水。香りを楽しみながら体を動かすと、森林浴しているような気分になります。トップは清々しい香り、ミドルはみずみずしい香り、ラストは落ち着いた香りと時間の経過とともに香りの変化を楽しめるのも魅力です。

AYURA(アユーラ) ウェルフィットアロマバーム

¥2,700

販売サイトをチェック

おすすめの練り香水【7】ACCA PAKKA(アッカパッカ) ホワイトモス ソリッドパフューム

ラベンダーと西洋ビャクシンをミックスした練り香水。大人っぽさを感じる、さわやかで優しい香りです。天然成分のみで作られているため、肌が弱い人でも安心して使えます。
携帯に便利なサイズで持ち歩きしやすいです。

ACCA PAKKA(アッカパッカ) ホワイトモス ソリッドパフューム

¥5,184

販売サイトをチェック

練り香水は、ほのかにいい香りを身にまといたい人におすすめのアイテムです。お気に入りの練り香水を見つけて、香りのオシャレを楽しんでみてはいかがでしょう。