BEAUTY

前髪の失敗しない巻き方は?こなれ感のある人気の前髪アレンジをチェック!

いくらメイクや服装に気を遣っていても前髪が決まっていなければ台無し!できれば一日中可愛い前髪をキープしたいですよね。
そこで今回は、人気の前髪アレンジや上手な巻き方をご紹介します♡

前髪の上手な巻き方が知りたい!

顔の印象を大きく左右する前髪。上手くいかないと一日中なんだか気分が上がらない……という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、前髪の上手な巻き方についてご紹介します。

まずは前髪をセットするときに大切なのがベース作り。髪を乾かすときに分け目と反対方向に引っ張りながらドライヤーを当てることで生え癖を取ることができますよ。

このひと手間で、前髪が変な場所でぱっかり分かれていた!という失敗を防ぐことができます。

【前髪の巻き方アレンジ・1】コテで作る基本の斜め前髪

 

まずは基本の前髪の流し方をチェックしましょう。

【1】前髪の半分の位置から毛先部分を下方向にくるんと巻く
【2】流す方向から一番遠い位置の前髪を取ってコテを縦に入れる
【3】流す方向を意識して縦にくるんと巻く
【4】トップの毛を根本まで巻く
【5】馴染ませて流せば完成!

こうすることでふんわりとした斜め前髪を作ることができますよ。

【前髪の巻き方アレンジ・2】ヘアアイロンで作る斜め前髪

 

コテだと火傷しそうで怖い……という方や、なぜか段差が付いてしまってきれいに巻けない!という方にはストレートアイロンがおすすめです。

くせ毛の方の場合、ストレートにしながら毛先だけくるんと巻けるので一石二鳥ですよね。

やり方はコテと基本的に同じです。

前髪のボリュームを出したくない、という方は特にトップを巻かなくても全体を斜めに流しながら巻けばOK!

サイドに引っ張りすぎると毛先が跳ねてしまうので注意しましょう。また、強く挟みすぎると段差ができてしまうので、ゆるやかに滑らせるのがポイントです。

【前髪の巻き方アレンジ・3】カーラーの使い方

コテもアイロンも持っていない!という方は、カーラーで巻くのがおすすめ。カーラーは100円ショップでも気軽に購入できるのが嬉しいですよね。

【1】毛先からくるくるカーラーに巻いて固定
【2】ドライヤーを当てる
【3】熱が冷めるまで放置
【4】カーラーをはずしてほぐす

これなら不器用さんでも簡単ですよね。髪の毛は熱を当てて冷めるときに癖がつくので、完全に冷たくなってからカーラーを外すのがポイントです。

また、ドライヤーがない時はカーラーを巻くだけでもくるんとした前髪を作ることができますよ。

 

またピンが内蔵されたタイプのカ―ラーも登場。

これなら髪の量が多い方もしっかりキープできるので安心ですよね。雨や湿気で前髪のカールが取れてしまった時も気軽に使うことができます。

コンパクトなカーラーは荷物にならないので、旅行にもぴったり♪

【前髪の巻き方アレンジ・4】ぱっつん前髪の巻き方

シンプルなぱっつん前髪も巻くことでぐっとこなれた印象に。

前髪がセンターでぱっかり割れてしまう!という方は、髪を巻く前に一回水で濡らして、ドライヤーで真っ直ぐになるようにブローして癖を取る、という過程が重要です。

巻くときは、前髪全体を3から4等分して順番に巻くのがポイント。サイドの髪は内巻きするか外巻きするかで大きく印象が変わるので、気分によって選んでくださいね♪

【前髪の巻き方アレンジ・5】かき上げバング

大人っぽいかき上げバングはトレンドヘアのひとつ。

早速やり方を見ていきましょう。

【1】前髪全体にコテを通す
【2】毛先を外ハネするように巻く
【3】髪の根本をピンで立ち上げて固定
【4】ドライヤーを根本に当てて癖をつける
【5】スプレーを前髪にかけて固める
【6】ピンをはずして馴染ませて完成!

かき上げバングは、根元が上手く立ち上がらない……という方も多いですが、この方法ならふんわりした前髪を作ることができますよ。

【前髪の巻き方アレンジ・6】ふわふわショートバング

少し個性的なショートバングは、コテでクルンと巻くことでキュートな印象に仕上がります。こちらはトップの毛を強めにカールさせるのがポイント。

段差のある無造作な前髪がラフで可愛いですよね。

【前髪の巻き方アレンジ・7】外ハネセンターパート

伸ばしかけの前髪はセンターパートにして外ハネさせることで、まとまりのあるスタイリングに。

前髪は大胆に跳ねさせてエアリーに仕上げるのがポイント。コテを縦に入れてカールさせるだけなので、意外と簡単に楽しむことができますよ。

【前髪の巻き方アレンジ・8】シースルーバング

オルチャン風シースルーバングは、トップの髪をサイドに流してできるだけ前髪を薄くするのがポイント。

トップの髪はセンター分けしてコテを使って癖を付けましょう。シースルーバング部分は、クルンと内巻きしたりJの字になるように巻くのがおすすめ♪


前髪の巻き方やおすすめアレンジをご紹介しました。始めは上手くいかなくても慣れてくると段々上手に巻けるようになるので、ぜひ練習してみてくださいね。可愛く巻かれた前髪で毎日を楽しく過ごしましょう♪