LIFESTYLE

手作り箸置きの作り方6選!簡単な初心者向けから上級者編まで大公開

日本の食卓に欠かせないお箸ですが、普段箸置きは使ってますか?食事をするときのテーブルコーディネートにもおすすめですよ。最近では、かわいい箸置きがたくさんお店にありますが、自分で手作りするのもいいかもしれません。そこで今回は、初心者から上級者まで、基本の箸置きの形や、リボンやうさぎなど可愛らしい箸置きの折り方を厳選してご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

箸置きの作り方・初級編【1】オシャレなハート型♡で女子力もUP

 

とても簡単に作れる可愛らしいハート型の箸置きです。割りばしの箸袋を使って、その場で作れますので、外食をしたときにサッと作って披露してみてはいかがでしょうか。また、その場で作って人にプレゼントしても喜ばれますね。

さりげなく作って、友だちや同僚、彼氏などに渡すと「女子力が高い!」と思われるかもしれません。箸袋は無地よりも模様や柄があると、さらにオシャレな箸置きが出来上がります!

箸置きの作り方・初級編【2】簡単にできる超基本の箸置き!

 

初級者向けの簡単な箸置きの作り方。箸袋を使って作る、細長い形をした箸置きです。折り方は、直線を活かす折り方ですので、何度か練習すると誰でもすぐに作ることができます。

日本食を外で食べるときに、あまり折る時間がなくても、手軽に作れるところがおすすめです。男性でも簡単に覚えられますので、集まりの場で話のネタにもなりますね。

箸置きの作り方・中級編【1】折り紙で作ろう!蝶々の箸置き

 

折り紙を使って作る蝶々の箸置きです。ホームパーティやイベント、誕生日などの華やかな席にもピッタリですよ。また、小さい子供がいる席でも喜ばれること間違いなし!お手製の蝶々の箸置きは、帰り際、ゲストの方々にプレゼントしてもいいかもしれませんね。

お店で売っている箸置きを並べる場合、デザインや柄がそれぞれバラバラのものを出すと、来客をもてなすときにあまり美しくないですよね。しかし、手作りの箸置きであれば色や柄が違っていても、それが個性となり素敵にコーディネートをすることができます。

折り紙を使用する以外に、デコレーションペーパーを正方形に切って作る方法もおすすめです。

箸置きの作り方・中級編【2】箸袋で作る「ウサギの箸置き」

 

手作りの箸置きは、動物や植物、ハート型やお花など自分の好きな形に決めて、気軽に折り紙感覚で作るという楽しさがあります。自分の好きな形をマスターしておくと、後々役立つことがあるはず。

「うさぎの箸置き」は箸袋で作成するタイプです。ポイントは箸袋は通常の長さよりも、若干短い長さを使用するということ。もし長すぎると感じた場合は、先に先端を折り曲げておくか、長さを切って調整するなど工夫をしてみましょう。ピョンと立った耳が可愛らしい箸置きが完成します。

箸置きの作り方・上級編【1】お正月にピッタリ!「鶴の箸置き」

 

上級者向けの手作り「鶴の箸置き」のご紹介です。細長く切った折り紙や和紙を使って折っていきます。アコーディオンのようにたくさんのヒダがある胴体の部分が、鶴の華やかさを演出してくれます。

お正月やフォーマルな日本料理の席でも、おすすめしたい箸置きです。鶴はめでたい動物ですのでお祝いの席にもピッタリですね。たくさん作って、結婚式の披露宴でさりげなくテーブルに置いておくのも素敵です。

箸置きの作り方・上級編【2】「冬の雪ウサギ」を折り紙で作ろう!

 

上級者向けの可愛らしい雪ウサギの箸置きです。折り紙を使って作成します。日本らしい柄やデザインの折り紙を使うと、より雪ウサギの雰囲気がでて可愛らしくなりますよ。

箸置きを使用するときは、うさぎの耳の間にお箸を置きましょう。可憐でかわいい耳がポイントです。立体感が出るタイプですので、日本文化に興味がある外国の方々にプレゼントすると、喜ばれること間違いなしですね♡


今回は、自分ですぐに作れる「手作りの箸置き」について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。箸置きはいくつか戸棚にあるけれども普段はあまり使っていない、という家庭も多いと思います。しかし急な来客やパーティなどでは、箸置きをもっとたくさん買っておけばよかった……と後悔することも。そのようなときに大活躍する手作り箸置き。折り方をいくつかマスターしセッティングすると、急な来客でも大丈夫!素早くスマートにおもてなしができます。また、会食の席での話題にもなりますね。箸置きの折り方をを覚えて、ぜひ自分でも作ってみましょう。